瞑想中に見えるイメージには2種類ある

私たちは、瞑想中にイメージを見ることがありますが、見えるイメージは大きく分けて2種類あります。

それは、①自分がクリエイトするイメージと、②与えられるイメージの2つです。

この2種類のイメージについてお話します。

瞑想中に見えるイメージの種類1 自分がクリエイトしているイメージ

瞑想中に見えるイメージの1つ目の種類は、自分がクリエイトしているイメージです。

自分がクリエイトしているイメージというのは、「私たちが自分で想像しているイメージ」ということです。

つまり、自分の都合で「自分が発しているイメージ」です。

これを会話に例えるならば、自分がクリエイトしているイメージとは、私たちが自分から言葉を発している状態です。

瞑想中にイメージを自分でクリエイトする場合は、「心をマスターする前」であることが多いでしょう。

私たちは心と頭をマスターする為に瞑想をしますが、「心をマスターする」とは、基本的に、心の傷を癒して、本来の自分自身を思い出すことです。

心をマスターするまでは、瞑想中に自分でイメージ(絵)を想像する傾向があります。

例えるならば、「自分の言いたいことだけを言いたいだけ自由に話す子供」のような感じです。

子供って、しゃべることができるようになると、人の都合や時間、状況などに構わずに、興味があることを好きなように話しますよね。

これが良いとか悪いとか、子供じみているとか大人気がないとかそういうお話ではなくて、単純に、そういう状態である、ということです。

これと同じように、私たちは、心をマスターするまでは、自分の好きなように何かをイメージします。

これが、瞑想中に見るイメージの1つ目の種類、「自分がクリエイトしているイメージ」です。

瞑想中に見えるイメージの種類2 与えられるイメージ

瞑想中に見るイメージの2種類目は、「与えられるイメージ」です。

与えられるイメージとは、1つ目の「自分がクリエイトしているイメージ」とは異なり、どこかの誰か(何か)から送られてくるイメージです。

これは会話で例えるならば、私たちが「聞き役」にまわり、誰か(何か)が話していることを聞いているという状態です。

この「誰か(何か)が話していることを聞いている状態」になることができると、「チャネリングをしている」と一般的には言われます。

私たちに話しかけてくる存在は、「神」と表現することができたり、宇宙のエネルギーなどと表現することができたり、高次元の者であることもありますが、これらの存在は、私たちが普段使っている「言語」という手段を使わない場合があります。

人間的言語を使わない代わりに、私たちにイメージを送ってくるのです。

その方が、伝える側も、受け取る側も、より正確に、より早く情報を交換することができます。

私たちは、心をマスターしようとしている段階では、これらの「与えられるイメージ」を見ることはあまりありません。

全くないとは言いませんが、心をマスターしていないうちは、これらのイメージを与えられても、それを理解することができなかったり、理解することの興味すらなかったりする傾向があります。

ですが、私たちが心をマスターし、頭をマスターする時期に入ると、これらのイメージが比較的たくさん送られてくることとなります。

もしくは、これらの与えられるイメージに比較的たくさん気がつくようになります。

瞑想で「頭をマスターする」とは、意識レベルをさらに上げていき、覚醒していくということです。

これらの送られてくるイメージは、私たちにとってとても役立つものであり、とても重要なものです。

これらのイメージを受け取れるから、人生がうまくいくようになると言っても過言ではないでしょう。

このような、「与えられるイメージ」が、瞑想中に見えるイメージの2つ目の種類ですが、これらを見えるようになるには、心をマスターすることがとても大事です。


まとめ

瞑想中に見えるイメージは、大きく分けて2種類あり、

1、心をマスターするまでの段階に見ることが多い「自ら発しているイメージ」と、

2、頭をマスターする段階に見ることが多い「与えられるイメージ」です。

これら2つのイメージの特徴の違いは、「自ら発しているイメージ」は、私たちがよく知っているイメージです。

「何を見たの?」と聞かれたら、「まな板の上のりんご!」のように、はっきり答えられるようなイメージです。

それに比べて、「与えられるイメージ」は、私たちが知らないイメージであることが多々あります。

「何を見たの?」と聞かれたら、「なんか、誰だか分からないけど、髭の長いおじいさんが手帳みたいなものを見せてくれた」などのように、それが誰で何とははっきり分からないようなイメージである可能性があります。

関連記事

  1. 瞑想でイメージトレーニングをする理由と成功させる方法ー3ステップ

  2. 瞑想を長時間できない3つの理由と、長時間続けるコツ

  3. 瞑想をしてうつ症状が悪化することはあるのか

  4. 瞑想の効果を感じるまでの時間や期間はどれくらいか?

  5. 瞑想をしても効果なし!?効果を感じない人が確認するべき4つのこと

  6. 朝とても眠い時に瞑想をする意味はあるのか?

  7. 瞑想でイメージできない4つの理由

  8. 瞑想とイメージングの違い。私たちがイメージングする理由と効果。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: Content is protected !!