辛く悲しい時の対処法、ポジティブなあなたに戻る4つのステップ

辛く悲しい時の対処法、ポジティブなあなたに戻る4つのステップ

私たち人間は誰でも、人生において何度か辛く悲しい経験をします。これらを経験する機会はとても貴重なものですが、悲しい気持ちを長く引きずる必要性はありません。今の段階でどこまでポジティブなあなたを取り戻せるか、試してみませんか? 
 
スポンサーリンク

ステップ1、悲しんでいる理由を自覚し、分析する

私たちのほとんどは、それぞれの人生で悲しい体験を経験します。これらはとても貴重な体験です。転機を迎えるチャンスでもあります。悲しい時や辛い時はまず、しっかりその感情を抱いている自分を自覚しましょう。

気が付かない振りをしたり、ごまかして悲しいという感情を自覚することを避けていると、いつまで経っても現状を変えるきっかけをつかめません。

あなたが悲しいのは何故ですか?何を思う時に心に痛みを感じ、何を考える時重苦しさが押し寄せてきますか?
 
例えば、失恋をして悲しいのならば、失恋して何が具体的に悲しいのかを見極めましょう。
 
失恋で悲しいと言っても、理由は人それぞれあり、独りになったことで孤独を感じることが辛い場合もあれば、楽しかった何かをもう体験できないことが悲しい場合もあるでしょう。
 
最初は簡単ではないかもしれませんが、事態を好転させたいのであれば、出来る時に出来る限り自分自身を分析しましょう。
 
辛ければ辛いほど人生を好転させるチャンスです。
 
ポジティブなあなたに戻る為の1つ目のステップは、あなたがどれだけ辛く悲しい思いを、何に対して感じているのかを分析することです。

ステップ2、日常生活から離れる

何が原因で辛い思いをしているかを冷静に分析できたならば、今度は日常生活から離れてみます。

日常生活から離れるべき理由は、自分自身や自分を取り巻く環境を客観視する視点を持つ為です。旅行に出たり、遠い友達や家族のところを訪ねたりするのがいいでしょう。

この行動は現実から逃げる為ではありません。現在自分の置かれている状況を把握する為に、外からの視点を持つためです。

 

自分が「辛いな」と感じていることを自覚できたのならば、現実から離れてみることで自分自身を客観視してみましょう。

ステップ3、辛い思いをしていた理由を知る

私たち人間は、人生で何度か辛く悲しい体験をします。なぜこんな辛い思いをしなければいけないのでしょうか?
 
悲しいことが起こる理由、それは、「行動や考え方の方向性が間違っているから」なのです。つまり、自分が本来歩むべき人生の進路があらぬべき方向に定まってしまっているのです。
 
例えるならば、南へ向かうはずのところを、東へ向かってしまっているような状態です。
 
これに気が付く為には、ステップ2で、自分自身を完全に客観視できていることが必要になります。客観視ができなければ、行動や考え方の方向性が間違っていたことに気が付くことが難しいからです。 
 
 
客観視をすることによって、間違った方向性の為に辛い思いをしていたことが分かれば、方向性を修正することが可能になります。
スポンサーリンク

ステップ4、本来の自分を取り戻す

①悲しんでいることを自覚、分析して、②日常生活から離れることで、自分自身と自分を取り巻く環境を客観視し、③悲しいことが起こっていた原因となる、間違って進んでいた方向性が分かったら、さっそく本来の自分を取り戻しましょう。軌道修正です。
 
本来の自分を取り戻すには、あなた自身の心の声に耳を傾ける必要があります。
 
大事なことは、ストレスから解放され、あなた自身を癒すことです。自分をケアする時間と環境を整えてあげて下さい。そうすれば、あなたの心はまた輝きを取り戻すでしょう。
 
今この世界は癒しを必要としています。この世界を癒せるのは幸せに人生を生きる人間たちです。
 
あなたが辛く悲しい現実から抜け出して、ポジティブで幸せな人生を歩めることを心から願っています。
 
 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。