瞑想

瞑想を朝するならどのタイミングがベストか?2つの目的に応じて使い分けよう

瞑想を朝する場合、瞑想が効果的になるタイミングは2つあります。2つのタイミングは、瞑想の目的によって使い分けると、瞑想を効果的にすることができます。

瞑想を朝する場合のベストなタイミング

瞑想を朝する場合、具体的に朝のいつのタイミングがベストなのかと言うと、「朝目が覚めてすぐ」か、「朝の身支度を整えた後」かの2つです。

この2つは、瞑想をする目的によって使い分けができます。

「朝目が覚めてすぐ」があなたにとって最高の瞑想タイミングとなる場合は、あなたが瞑想をする目的が、「心をマスターすること」である時です。

そして、「朝の身支度を整えた後」が、あなたにとって最高の瞑想タイミングである場合は、あなたの瞑想をする目的が「頭をマスターする」時です。

それぞれ詳しく解説していきます。

「朝目が覚めてすぐ」が一番いい瞑想のタイミングとなる場合

「朝目が覚めたらすぐ」が、一番良い瞑想のタイミングとなる場合は、あなたが「心をマスターする」為に瞑想をしようとする時です。

「心をマスターする」とは、基本的に「癒すことと幸福感を感じること」ですが、私たちは、瞑想をすることで、自分自身を癒したり、幸せな気分に浸ることができます。

自分自身を癒したり、幸福感を感じる方法は、「頭をつかわずに感じること」です。

朝目が覚めたばかりの状態は、心を感じている状態である可能性が高いです。

その為、起きてすぐそのまま、心を感じる瞑想をすると効果が出やすいでしょう。

「朝の身支度を整えた後」が一番いい瞑想のタイミングとなる場合

朝起きて、歯磨きやトイレ、着替えや朝食などを済ませてから瞑想をするのが一番良いタイミングとなるのは、瞑想をする目的が、「頭をマスターする」時です。

「頭をマスターすること」が目的の瞑想とは、癒しを得ることが目的ではなく、瞑想中にアイディアを受け取りに行ったり、その日のイメージトレーニングなどを目的とした瞑想のことです。

例えば、具体的には、その日をどのような1日にしていくかを感じたり、職場でどのようにあなたの能力をプレゼンテーションしていくかを感じることなどですね。

このように、あなたが自発的に、瞑想中に行動を起こすことを目的とした瞑想をしたい場合は、朝の身支度を整えた後が一番いいタイミングとなります。

なぜなら、起きてすぐの「眠り」との境界線がはっきりしていない段階で「心を感じる」状態のままでいると、例えば、仕事に行けなくなる可能性が出てきます。

と言うと、極端かもしれませんが、心を感じている瞑想状態では、通常、仕事や制作などに活用できるアイディア等を受け取りに行ったり、自分本位のイメージトレーニングに成功することはあまりありません。

朝身支度を整えると、眠りとの境界線がはっきりします。

なので、「その日をどのように生きたいか」とか、「何かを成功させたい」と感じている時は、「朝起きて、身支度を整えた後」が、瞑想をするベストなタイミングとなります。

まとめ

あなたが「心をマスターすること」を求めているならば、眠りとの境界線が薄い「朝起きてすぐ」のタイミングで瞑想をすると効果的。

あなたが「頭をマスターする」ことを求めているならば、「朝起きて身支度を整えた後」のタイミングで瞑想をすると効果的。

目的によって、瞑想が効果的になるタイミングを使い分けましょう。

関連記事

  1. 瞑想をするのに最適な場所と向かない場所

  2. 瞑想をする時間がない理由と瞑想をする時間を作った方がいい理由

  3. 瞑想をして運気を上げる方法|幸運を引き寄せる理由について

  4. 瞑想が苦痛になる5つの理由と改善方法

  5. 「瞑想をすると睡眠時間が減る」とは限らない3つの理由

  6. 瞑想で様々な効果を得られる本当の理由

  7. 瞑想をすることで悪影響は出るのか?悪影響があるとされる理由は?

  8. 瞑想中に見えるイメージには2種類ある|イメージできない理由も解説