瞑想

意味ある瞑想と意味のない瞑想の違い

瞑想の経験が浅いうちは、瞑想に時間を費やすことに意味があるのか、もしくは、時間の無駄なのかを見定めることは大切ですよね。

人生の貴重な時間を無駄にはしたくないですものね。

ここでは、意味ある瞑想と意味のない瞑想の違いを解説します。

意味のある瞑想とは

意味のある瞑想とは、「目的と行動力が一致している」瞑想です。

「瞑想をする意味はちゃんとある」という信念のもとに、自分自身の興味があることを瞑想中に体験している場合は、瞑想をすることに意味があります。

瞑想とは、結局は、自分自身を取り戻す為や、アセンションの準備をする為に行う作法ですが、それらの目的に行きつくまでの瞑想をする目的は、完全に個人の自由です。

例えば、「瞑想をして、リラックスしたい」と感じているのであれば、リラックスをすることが瞑想の目的となりますし、「サードアイ(松果体)を開きたい」と感じるのであれば、サードアイを開くことが瞑想の目的となります。

いずれにしても、私たちは、100%信じると、それ相応の結果を得ることができます。

つまり「瞑想をすることで目的を達成することは当然できる」という信念があれば、瞑想を続ける為の行動力や、瞑想中に体験することへの集中力が自然とついてきます

瞑想の目的がしっかりしていて、瞑想は意味があるという信念があれば、行動力が目的と一致し、瞑想で結果を得ることになるでしょう。

「瞑想は効果があると信じ、瞑想をするという行動ができるから、望んだ結果を得ることができる。」これが、意味のある瞑想です。

意味のない瞑想とは

意味のない瞑想とは、「目的が曖昧で、行動力が伴わない」瞑想です。

目的が曖昧というのは、瞑想をする目的が自分の中で定まっておらず、「人が瞑想をしているから」とか、「人に瞑想しろと言われたから」という他人的な理由で始めることです。

この場合、「瞑想をする意味がある」という信念もありませんし、「瞑想で効果を出したい」という気持ちも弱いので、行動力も弱く、瞑想の結果を手に入れるまで瞑想を続けることは難しいでしょう。

瞑想をする目的が曖昧だと、例え頑張って瞑想を続けたとしても、どうしても結果を得にくくなります。

つまり、意味のない瞑想とは、「心が求めていない状態で行う瞑想」と言えます。

まとめ

瞑想は、流行っているからするものでもなければ、人に言われたからするものでもありません。

瞑想とは、あなたの心が「瞑想をしたい」と感じた時にするものです。

あなたの心が瞑想をしたいと感じているのであれば、瞑想は必ず意味を持つようになるでしょう。

反対に、あなたの心が瞑想を必要としていないのであれば、瞑想が意味を持つことはなくなるでしょう。

どんな時も、あなたの心に従うことを心がけましょう

心があなたに「瞑想に興味がある」と伝えているのであれば、瞑想をすることが無駄になったり、がっかりする結果に終わることにはなりませんから。

関連記事

  1. 瞑想と睡眠の違い|瞑想は睡眠の代わりとして匹敵するのか?

  2. 瞑想とイメージングの違い|潜在意識から願いを引き寄せる効果と方法

  3. 瞑想の目的は大きく分けて2つ。これを知ると瞑想効果を出しやすい

  4. 瞑想をしても効果なし!?効果を感じない人が確認するべき4つのこと

  5. 瞑想でエゴをコントロールする理由とエゴをコントロールする方法

  6. 瞑想でイメージトレーニングをする理由と成功させる方法ー3ステップ

  7. 朝とても眠い時に瞑想をする意味はあるのか?

  8. 瞑想をするお勧めの時間帯

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA