瞑想

瞑想とイメージングの違い|潜在意識から願いを引き寄せる効果と方法

瞑想とイメージングの違いについてお話します。また、瞑想でイメージングをすることで潜在意識から願いを引き寄せる効果と方法についてもお話します。

瞑想とイメージングの違い

イメージングとは、「感覚で情報を受け取ること」です。 瞑想とは、心を感じることに集中している行為です。 また、瞑想中にイメージングをすることもあれば、瞑想をしていない時にイメージングをすることもあります。 イメージングとはつまり、私たちのサードアイと呼ばれる松果体を使って「情報を得る」ことであり、瞑想とは、「サードアイを使う」だけではなく、心に重心を置いている状態のことです。

潜在意識からイメージングで願いを引き寄せる効果

私たちは、瞑想中に潜在意識に入れます。 潜在意識に入ることで、心の願いを「イメージングする」という形で具体的に知ることができるのです。 なので、瞑想中にイメージングをすることは、潜在意識から願いを引き寄せやすい効果があるのです。 私たちが願ったことをそのままに叶えたいと思うのであれば、私たちは、心が何を願っているのかを詳細に知る必要があります。 心が何を願っているのか、詳細を知るには、潜在意識に入ることが手っ取り早いです。 なぜなら、潜在意識は、心そのものであるからです。 その為、潜在意識に入れば、心が何を望んでいるのかを具体的に知ることができます。 私たちは、実は、いつも願いを叶えているのですが、願いの叶え方を知らなかったり、願いが叶うと信じていないことが原因で、願いが叶わないと感じたり、願っていないことを叶えたりすることがあります。 ですが、実際には、あなたも願いを叶えて毎日生きているのです。 ただ、多くの場合、私たちは何を願っているのかを日々把握していない為、願いを叶えている自分や、現実をクリエイトしているのが自分であるということに気がつきません。 つまり、願いを叶えたいと思うのであれば、心が何を望んでいるかを認識することが最も大切なのです。 瞑想で潜在意識に入り、心が何を願っているかを認識していれば、基本的には誰でも思った通りのことを叶えられるのです。   例えばの話、「肉じゃがを食べたい」という願いがあるよりは、 「豚肉と人参とジャガイモと糸こんにゃくと、玉ねぎとさやえんどうが入った肉じゃがを食べたい」と願っている方が具体性があり、願ったように実現しやすいです。 これよりも、「実家のリビングで豚肉と人参と~肉じゃがを食べたい」と願っている方が具体性があるので、願った通りに叶いやすいです。 それよりも、「2020年の冬に、両親と旦那と子供たちがいる環境で、実家のリビング~肉じゃがを食べたい」と願っている方が具体性があるので思った通りに叶ったと感じやすいです。 このように、私たちは「自分が何を願っているのか」をどんどん具体的にしていけばいくほど、願いを思った通りに叶えやすくなるのです。 逆に、夢に具体性がなく、抽象的であればあるほど、夢や願いは叶いにくいです。 正確には、夢が抽象的であればあるほど「夢が叶っていること」に気がつきにくいのです。 例えばの話、「肉じゃがを食べたい」と願っているだけでは、おいしくない肉じゃがを独りで食べるという現実が夢として実現化する可能性もありえます。 このような時に「やった!夢が叶った!」と喜ぶ人はあまりいないでしょう。 「こんなはずじゃなかったんだけど・・・」と感じることが多いのではないでしょうか。 私たちの心が願っていることを具体的にするには、潜在意識に入りイメージングすることが大切です。 瞑想中にイメージングすることで、夢や願いが具体的になるので、夢や願いを叶えやすくなるという効果があるのです。

潜在意識から願いを引き寄せる瞑想方法

潜在意識に入る

まずは瞑想で潜在意識に入ることが必要です。 瞑想中に潜在意識に入ることができないということは、心の空間に入ることができないということなので、心の願いを知ることは若干難しくなります。 私たちは誰でも潜在意識に入ることができますが、心のブロックがあると、潜在意識に入れないことがあります。 その場合は、心のブロックを外すと、潜在意識に入ることができるようになります。

イメージングをする

瞑想状態になれたら、今度はイメージングをします。 イメージングとはつまり、心の空間にある願いをサードアイで見るということです。 潜在意識の中で、リラックスして、浮かんでくるものごとを感じましょう。 人によっては、イメージが見えたり、音が聞こえたり、他の感覚で情報を感じることができるかもしれません。 心の空間=潜在意識の中で全ての感覚を研ぎ澄まし、自分が何を体験しているのか、ヒントを集めていきます。 そうしてヒントを集めていくと、1つのイメージ、もしくは映像の中に自分がいることに気がつくと思います。 その中で、あなたが経験していることの詳細を観察しましょう。 これが、本当のイメージングです。 心の世界を感じながら、どんな気分の良さを感じているのかを感じることが大切です。 また、自分が望んでいることを想像しないことも大切です。 自分からイメージを発するのではなく、心の空間に浮かび上がるイメージを感じ取るのです。 「心の世界で起こっていることを全ての感覚で感じ取ること」が潜在意識から願いを引き寄せる基本のイメージングです。

信じる

瞑想中に心の中でイメージングができたら、今度はそれを信じます。 今心の中で経験しているその状況が、現実の世界にあることを100%信じます。 潜在意識から願いが現実の世界へ実現化するまでには、時間差がありますので、その間、諦めたり、疑うことなく信じることが大切です。 すぐに目の前の状況が変わらなくても、めげずに願いが叶っている状態を信じるのです。 ある一定期間、本気で信じることができると、潜在意識からの願いを現実の世界へ引き寄せることができるでしょう。

まとめ

瞑想とイメージングの違いは、心の世界に入っているか、心の世界を観察しているかの違いです。 瞑想をするということは、潜在意識に入るということなので、潜在意識に入って何が起こっているのかを観察できれば、願いが現実化していくのを見届けることができます。 潜在意識から願いを引き寄せる方法は、瞑想をして潜在意識に入り、イメージングをして、信じて待つことです。

関連記事

  1. ボディスキャン瞑想をする意味と自分や人にボディスキャンをする方法

  2. 瞑想の効果が出るまでの時間や期間はどれくらいか|早く実感できるやり方

  3. 瞑想で「気持ちいい」と感じる理由と気持ちの良さを感じる方法

  4. 瞑想で何も考えない方法とリラックスの仕方|余計なことや雑念の払い方につ…

  5. 瞑想をすると悪夢を見始める理由|悪夢を見たら何をする?

  6. 瞑想でイメージトレーニングをする理由と成功させる方法ー3ステップ

  7. 瞑想で体験する意識の拡大とは?意識を拡大させる方法

  8. 瞑想をする時間がない理由と瞑想をする時間を作った方がいい理由