エストニア移住の方法と条件!ビザなど移住するまでの体験談を紹介

エストニアに移住する為の方法や条件について、実際のエストニアへの移住体験談も含めてお話します。

エストニアに移住できる条件

エストニアへの移住を可能にするには、いくつかの条件があります。

それは、

  1. エストニアに長期滞在できるビザを持っていること
  2. エストニアで生活できるだけの資金があること
  3. 保険に加入していること
  4. チャレンジ精神と心の強さがあること

この4つの条件をクリアしていれば、エストニアへの移住は可能となるでしょう。

ビザは移住に必ず必要


婚姻ビザ

エストニアに長期滞在したいとなれば、滞在ビザが必要になってきます。

3か月(90日未満)であれば、パスポートがあればビザなしでエストニアに滞在することが可能ですが、それ以上滞在したい場合は、長期滞在ビザを保持していることが条件となります。

ビザにはいくつか種類がありますが、例えば、婚姻ビザ、学生ビザ、ビジネスビザなどがあります。

婚姻ビザとは、単純にエストニア国籍を持つ人や、エストニア居住権を持つ人と結婚をした人が取ることができるビザです。

エストニアの居住権を持っている条件としては、エストニアでのビジネスで居住許可を持っている人・または申請している人です。

私もこのビザでエストニアに滞在していますが、私の場合は申請準備をしていない状態で、エストニアにビザなしで入国し、その後準備を始めてからビザ取得までに3か月弱かかりました。

例えば、婚姻証明書も必要になりますが、結婚をした国の法的なアポスティーユ認証がある正式な書類が必要となります。

私の場合、オーストラリアで結婚をしましたが、法的ではないサブ的な婚姻証明書しか手元に持っていなかったので、オーストラリア大使館から正式なものを取り寄せるように言われ、これに時間がかかりました。

エストニアにはオーストラリア大使館がなかったので、スウェーデンのオーストラリア大使館に申請をしましたが、スウェーデンの大使館も結局オーストラリア本部とやり取りをする必要がある為、結局オーストラリアから正式な婚姻証明書を得る為に、大変な手続きをした記憶があります。

ですが、後は写真と申請用紙、パートナーからの紹介状と申請代を支払ったことを証明するレシートなどがあれば、特に得ることが難しいということはないかと思います。

「最初の90日のビザがなくてもいい期間が過ぎても、許可が降りなかったらどうなるの?」と係の人に聞いたら、「結局なんとかなるから大丈夫よ」と結構気楽な感じでした。

エストニアはIT大国で、あらゆることをインターネット上で済ませることができますが、私たちがビザ申請をする場合は、直接役所に出向く必要があります。

しかも基本的には、申請する時には事前に予約を取ることを必要とされていますが、ビザ申請はそれほど大変なものではないでしょう。

学生ビザ

次に、学生ビザというものがあります。

これは、エストニアの学校に留学をする人に発行されるビザです。

例えばエストニアはIT先進国と呼ばれ、ITコースを学べる国際的な学校があります。

そして、学生であるうちはもちろん学生ビザで滞在でき、コースによってはコース終了後も半年ほど仕事を探す間として滞在できるそうです。

その間、IT系のコースならば、在学中にIT企業と繋がりがある講師から仕事を紹介してもらったり、コース中に取り組んだ実演的なプログラムでの企業との関りなどでIT業界の人々と知り合うチャンスがあったり、企業が何らかの形で支援をしてくれるような状況も実際にはあるようです。

ビジネスビザ

3つ目は、ビジネスビザです。

これも他の国と同じですが、企業に採用されると、企業がビザを取ってくれます。

エストニアのローカルな企業に採用されるには、エストニア語が話せないと厳しいところがありますが、国際的な企業であれば、英語が話せればOKというところもあるようです。

また、日本人向けのカスタマーサービスなど、日本語が話せる人材を探しているところも時にはあるようです。

もしも何かスキルがあるのであれば、気になる企業に積極的に聞いてみるといいかもしれません。

EU加盟国ビザ

また、もう1つのビザとして、エストニア以外のEU加盟国の滞在ビザを持っていることでも、エストニアに滞在することができます。

例えば、私の知り合いはエストニアに住んでいますが、エストニアのビザは持っていません。

ですが、フィンランドの滞在ビザを持っている為、エストニアでも滞在が可能です。

EU加盟国間では、ビザが必要ないので、逆にエストニアのビザを持っていれば、EU加盟国の他の国に住むことも可能です。

ですが、この条件は、毎3,4か月くらいに1度、ビザをくれている国に顔を出さないといけないとか、ビザをくれている国に1年のうち○○日以上滞在している必要があるといったルールがあるようです。

EU加盟国に生まれた人はEU加盟国内なら他の国でも自由に滞在できるようですが、私たち日本人のように、国籍がEU加盟国にない場合は、いくつかの条件があります。

移住の際に必要な生活費

エストニアに移住を考えているのであれば、エストニアで生活できるだけの生活費が必要です。

エストニアの物価は日本に比べると比較的安いですが、エストニアで仕事をするとなると、お給料はそんなに高くないので、物価も安いとは感じなくなります。

ネットビジネスなどをしているのであれば、エストニアのお給料に縛られることがないので、生活に自由が利くでしょう。

また、ビザ申請の際にも、エストニアで生活できるだけのお金があるかどうかの審査があります。

ビザの種類によって異なるとは思いますが、例えば、婚姻ビザの場合でも、エストニアで生活ができることを証明する為に、毎月の法的な収入を提示する必要がありました。

その年によって金額は変わる可能性がありますが、今は基本的には毎月260ユーロくらいあればいいそうです。

私の場合は、引っ越ししたばかりで2人とも収入がなかったので、貯金がいくらあるかを提示したことで、毎月の収入が無くても申請できました。

ビザを取得する際に提示する収入は、260ユーロほどですが、生活費は、家賃を抜いて、自炊するとして、最低でも500ユーロ/月はかかるでしょう。

保険もビザ申請に必要

これもビザの種類によって変わるかと思いますが、私の場合はエストニアの保険か国際的な健康保険に1年以上加入していることが条件でした。

保険と言っても、1年間の保証が6000ユーロ以上であるものなど、指定条件があり、あまり知られていない保険だと認められない可能性もあるので、役所が「これなら大丈夫」と認めてもらえるところを選んだ方が良さそうです。

要は、「エストニアに移住したはいいけど何か事故とか病気とかあったらどうするの?あなたを助けられる人は誰なの?保険があれば何かあったら面倒見てくれるから大丈夫ね」というところなのでしょう。

チャレンジ精神と心の強さ

エストニアへの移住条件として、自立心と心の強さが一番大切かなと私は思います。

どんなにエストニアのサポート体制や受け入れ態勢が整っていても、異なる国に移住するということは、とても大きな環境の変化です。

例えば、具体的には、気候が異なります。

エストニアは寒い国だと知っていても、実際に冬をエストニアで過ごすと、あまりの陽の少なさに少し鬱っぽくなる可能性もあります。

エストニア人もそれは認めていて、冬の間は工夫をしないと、気持ちが落ち気味になる傾向があると言っています。

また例えば、エストニアに限ったことではありませんが、他の国に移住するということは、文化の違いを受け入れる必要があるということです。

「常識」というものがありませんし、人のコミュニケーションの仕方も、リアクションの返り方も、考え方も、優先順位も、日本とは異なるということを頭に入れておく必要があります。

自分自身という個性を殺す必要は全くありませんが、「自分はポテトの中の米だ」くらいの気持ちで自分という人格を自覚しておくと、環境が変わっても対応しやすいのではないかと思います。

エストニアに移住して生きていける条件として、コミュニケーション能力が高いことも必要となりますが、これも心の強さでカバーできると思います。

エストニアの人々とどのように接したいのかによっても異なりますが、周りの人とコミュニケーションを取らなくてもいいといっても、賃貸に関することや日ごろの買い物などで、少なからずエストニア人とのコミュニケーションは必要になってくるでしょう。

エストニアは英語を喋れる人が多いので、都市内や若い人がいるところでは、英語を話せるといいかもしれません。

エストニアに住んでいる、英語をほとんど話せない日本人を知っていますが、彼は、英語が話せない代わりにエストニア語を勉強して結構話しているようです。

言葉の壁があっても、他にも様々なコミュニケーション方法がありますので、自分の強みとなるコミュニケーション能力があるといいかと思います。

いずれにしても、「こんなの初めての体験」をワクワク経験できるくらいの心の強さとチャレンジ精神があれば、たいていのことは解決できると思います。

まとめ

エストニアに移住する方法論での条件は、

  1. エストニアに長期滞在できるビザを持っていること
  2. エストニアで生活できるだけの資金があること
  3. 保険に加入していること
  4. チャレンジ精神と心の強さがあること

でした。

エストニアの人は、心を開けばフレンドリーですが、それでも知らない地で1人移住するには、エストニアに限らず、それなりの覚悟がいるでしょう。

ですが、エストニアでの生活の経験は、あなたの自信と経験を豊かなものにするでしょう。

関連記事

  1. エストニアの1か月の家賃|敷金礼金や水道光熱費などの物件条件や契約期間…

  2. エストニア観光をビザ無しでする注意点|滞在可能日数の計算法や観光日数の…

  3. エストニアピアノは歌うピアノ|モデル別の値段や特徴・歴史について

  4. エストニア共和国は空気が澄んでいて綺麗な国|自然のオーガニック力が強い…

  5. エストニア(タリン/サーレマー島)の治安は夜は悪い|世界ランキングだと…

  6. エストニア人の性格や人柄など特徴と国民性を紹介!日本人はモテるかについ…

  7. エストニアの国旗の由来・色の意味がかっこいい!スピリチュアルな意味も

  8. エストニア語のありがとう・こんにちは・乾杯などの旅行日常会話と発音につ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

error: Content is protected !!