瞑想で覚醒に必要な宇宙エネルギーを取り入れる方法|宇宙意識を取り戻す

意識の覚醒を目指すのであれば、宇宙エネルギーで自分を満たすことが大切です。宇宙のエネルギーとはそもそも何なのか?そして、その宇宙のエネルギーを取り入れるにはどうすればいいのかについてお話します。

瞑想で宇宙エネルギーを取り入れると何が起こるのか?

瞑想で宇宙エネルギーを取り入れることができると、意識の覚醒に繋がったり、様々な利点を得ることができます。

例えば、

  • 自信がつく
  • 癒される
  • 強くなる
  • 意識レベルが上がる
  • サイキックな能力が上がる
  • 幸福感を得られる
  • 愛が溢れる
  • 願いが現実化しやすくなる
  • 今この瞬間に集中できやすくなる(マインドフルネス)

などの利点を得ることができます。

宇宙エネルギーを取り入れるというのは、つまり、私たちが本当の自分自身を思い出すことができるということなのです。

瞑想で取り入れることができる宇宙エネルギーとは何なのか?


瞑想で取り入れることができる「宇宙のエネルギー」とは、結局何なのかというと、私たちの本質です。

宇宙のエネルギーとは、宇宙全体に広がっているエネルギーのことであり、それは光であり、それは命です。

また私たち人間には、魂というものがありますね。

肉体がこの世に残っていても、「死ぬ」という事象が起きるのは、魂が肉体から抜けるからですね。

私たちの魂は、私たち人間の本質です。

私たちの魂は、宇宙エネルギーの一部です。

私の魂と、あなたの魂と、あの人の魂と、あの猫の魂と、あの木の魂と・・・と全て合わせていくと、私たちはみな1つのところに辿り着きます。

私たちの魂(エネルギー)は、全て繋がっているのです。

その根本的な1つのエネルギーが、宇宙エネルギーなのです。

宇宙エネルギーを取り入れることは宇宙意識を取り戻すこと

宇宙エネルギーを取り入れるということは、宇宙意識を取り戻していくということです。

宇宙エネルギーで自分自身を満たし、宇宙意識を完全に取り戻すことが覚醒です。

宇宙のエネルギーを取り入れるには、そこに、宇宙のエネルギーがあることをまず認識する必要があります。

瞑想をすると、そこに、ここに、宇宙のエネルギーが充満していることが分かるようになります。

例えば、「宇宙のエネルギーっていうのがあるらしいよ!」という状態は、宇宙のエネルギーがあるということを、頭で理解している状態です。

頭で理解しているだけでは、宇宙のエネルギーを取り入れることはできません。

例えば、「車の運転の仕方」を頭でしっかりと理解していても、実際に車を運転したことがなければ、車を運転できるようにはなりませんよね?

これと同じで、私たちが宇宙のエネルギーを取り入れたいと願うのであれば、宇宙のエネルギーに実際触れて、宇宙のエネルギーというものを体感として理解することが必要です。

宇宙のエネルギーに実際に触れるには、まず、宇宙のエネルギーが本当にあるということを、頭ではなく、経験として理解することが大切です。

宇宙のエネルギーを実際に知るには、私たちの意識を拡大させることが大切です。

私たちの意識は、今、この世界の「人間」という枠内に収まっていることがほとんどです。

私たちの意識が、「人間の枠」から拡大すると、宇宙のエネルギーを実際に体感することができるようになります。

瞑想をすることで、私たちは意識を拡大させることができるようになります。

宇宙のエネルギーを体感として経験することができれば、私たちは宇宙意識を取り戻すことができます。

この宇宙意識を完全に取り戻すことこそが、覚醒なのです。

宇宙エネルギーを取り入れる方法

宇宙エネルギーを取り入れるには、人間という枠から意識を拡大することが大切ですが、あとは意図するだけで、それを取り入れることができるようになります。

「意図する」とは、「そうしようと心で思う」ということです。

宇宙のエネルギーを取り入れるのは、実はとてもシンプルなことなのです。

まずは、宇宙のエネルギーを認識できるところまで瞑想を続けてみることが大切です。

関連記事

  1. 瞑想中に涙が出る理由と2種類の涙の意味

  2. 瞑想がうまくできない理由と原因|難しい・続かない状態を解決する方法

  3. 瞑想から睡眠へ導入する方法・呼吸法・イメージ法|今日から自分で試せる!…

  4. 瞑想が苦痛になる5つの理由と改善方法

  5. 瞑想でエゴをコントロールする理由とエゴをコントロールする方法

  6. 瞑想を長時間できない3つの理由と長時間続けるコツ|継続の先にあるもの

  7. 瞑想で「気持ちいい」と感じる理由と気持ちの良さを感じる方法

  8. 瞑想の注意点|魔境に落ちることや霊が憑依する危険性について 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

error: Content is protected !!