失恋して死にたい!そんな時に試す「生きたまま死ぬ方法」

失恋して死にたい!そんな時に試す「生きたまま死ぬ方法」

大好きな人との恋が失恋に終わって、辛くて辛くて死んでしまいたいと感じているあなた。実際に死ぬ前に生きたまま死んでみませんか?これを試せば命を無駄にすることなく失恋の傷を癒すことができます。
 
スポンサーリンク

死ぬことを試す前に、生きたまま死ぬことを私が勧める理由

私も若い頃に失恋を経験しました。それはそれは辛くて、食べることも眠ることもできませんでした。
 
失恋を経験したあなたも、きっと辛い時間を体験していることでしょう。そんなあなたが「辛すぎて死んでしまいたい」と感じているのなら、まずは実際に死ぬ前に、「生きたまま死ぬ」ことをお勧めします。
 
なぜなら、死ぬと今までの年月をかけたあなたの経験が全て無駄になってしまうからです。
 
例えるならば、RPG(ロールプレイングゲーム)で、敵と戦ったが負けて死んでしまい、セーブしていなかったのでまた物語を1からやり直しになるのと同じです。
 
「悟りの知恵」を使い、もう少し詳しくご説明しましょう。
 

失恋して「死にたい」と私たち人間が感じる理由

失恋をすると、私たち人間は本当に辛い思いをします。気力が低下し、何もする気にならず、頭も上手く働かず、心がただただ痛くて、病気になってしまったかの様に心臓の鼓動を大きく感じたりと、まさに「不幸のどん底」を体験します。
 
 
 
「死にたい」と感じるのは、もちろん「不幸のどん底に落ちた経験が辛いから」ですが、それ以外のあまり知られていない理由をご存知ですか?
 
「悟りの知恵」によると、私たち人間が「死にたい」と思う理由は実は、「魂に返りたい」という思いからなんです
 
私たち人間は、よく観察してみると「肉体を操る魂」なのです。
 
その証拠に、体がまだ使える状態であっても死ぬことはありますよね?死んでしまっても肉体は残りますよね?
 
私たち人間が生きているか死んでいるかの違いは、「魂が肉体と連携しているか、いないか」の違いなのです。つまり、「死」とは、魂が肉体を離れることなのです。
 
よって、私たち人間が「死にたい」と感じる時は、「肉体を離れて魂そのものになりたい」という欲求がある時なのです。
 
では、なぜ失恋をすると「魂に返りたい」と感じるのでしょうか?
 
スポンサーリンク

失恋をすると魂に返りたく(死にたく)なる理由

失恋をして「死んでしまいたい」と思う理由は、ただ辛いから逃げたいのではありません。
 
魂に返りたいと思う本当の理由は、「原点に返って本来の目的を思い出したい」からなのです。
 
 
 
現代を生きる私たちの多くは「ライフパーパス」という「生まれてきた目的」を持っています。この目的は、私たち個人の目的ではなく、地球や自然、宇宙全体に共通する目的です。
 
ただ、その1つの大きな目的を宇宙全体で果たす為に、私たち人間にはそれぞれ個々の目的や役目が存在しています。
 
全ての人類が多種多様なのは、1つの目的を達成する為に、あらゆる才能や特技、得意とする分野を個々の人間に振り分け、効率を上げる為です。
 
しかし、ここで一つ、長いこと人類がライフパーパスを成すことを失敗し続けた歴史があるという問題があります。
 
それは、いつも「人類の行い」によって失敗に終わりました。過去に存在したとされる古代文明が崩壊し、人類が滅亡したという科学の発見を聞いたことはありませんか?
 
文明の崩壊や人類の絶滅は、氷河期などの「地球のリセット」によって起こりました。
 
なぜなら、人間は自然や宇宙に生かされているにもかかわらず、自然や宇宙の意向に沿わない身勝手な行動ばかり繰り返したからです。
 
その身勝手な行動が、人類自らの首を絞める結果を招いたのです。
 
では、人間はなぜ、身勝手な行動を取る傾向があるのか、ご存知ですか?
 
それは、私たち人間は「高度な知能」を持っているからです。
 
木や花などの植物は、自然の意向にいつも沿って生きています。身勝手な行動を起こす人間のような知能や行動力はありません。
 
動物も、基本的には自然の意向に沿って生きることができます。動物は植物に比べて行動範囲が広がり、知能もありますが、まだ地球を破滅させるような優れた知能は持ち合わせていません。
 
ところが私たち人間は、とても高度な知能を与えられました。これは、宇宙や自然の意向に沿い、1つの大きな目的を果たす為に与えられたのですが、私たち人間は勘違いをし、「地球上で1番強くて賢いのは人間だ!」などと、やりたい放題し始めました。
 
現に、大地に薬を撒いて水や土を汚し続けたり、人間同士の戦争や争いの為に、地球や他の動植物を痛めたり汚す核兵器を作り出したりと、もうやりたい放題です。
 
このことにより、何が言えるかというと、私たち人間は高度な知能の為に自分勝手に行動をすることができているのです。
 
つまり、私たち人間は、高度な知能をコントロールすることができないでいるのです。
 
この高度な知能、使い方によっては宇宙や自然の意向に沿い、目的を達成する為に大いに役立つ物なのに、私たち人間はその使い方を知らず、またコントロールできずに、自分たち人間の欲を満たす為だけに使ってしまっていることが多いのです。
 
人間の個々の欲、つまり「エゴ」です。
 
私たち多くの人間は、残念なことに自分の「エゴ」の為に自分の知能を使い、自分自身の欲を満たす為に、思考が行動を起こさせるのです。
 
私たち人間が「死にたい(魂に返りたい)」と感じる理由はここにあります。
 
個人のエゴを手放して、宇宙や自然に返りたい」と感じているのです。
 
なぜなら、私たちの魂は、宇宙や自然の一部であり、同質であるからです。このことは、精神世界に通じる人は知っていますが、悟りを開いたり、クンダリーニを昇華させることができれば、誰でも体感して理解することができます。
 
その宇宙や自然と同質である魂が、「もう人間個々のエゴに振り回されるのはうんざり!原点に返りたい!」と思う時、私たち人間は「死にたい!」と感じるのです。
 
つまり、失恋をすると死にたくなる本当の理由は、「エゴを解き放ち、自然や宇宙の一部に戻りたい」からなのです。
 
エゴは魂の所有物ではありません。魂が肉体を離れれば、通常はエゴも手放すことができます。(まれにエゴに執着するあまり、恐ろしい霊となって地球上にしがみつくこともあるようですが。)
 
では、なぜ失恋をすると、私たちの魂は「エゴを手放したい」と感じるのでしょうか?
 

失恋をすると魂がエゴを手放したい理由

失恋をするには、そもそも理由があります。失恋の理由については「〇〇のしわざ!失恋の本当の意味を知ると心がすぅーっと軽くなる!」の記事をどうぞ。
 
失恋をした原因は、どんな状況であったにしろ、私たち人間のライフパーパスに合ったパートナーではなかったからです。
 
つまり、運命の人ではなかったのです。
 
ですが、時に私たち人間は「自分が好きだと思う人」に執着してしまいます。運命の人ではないのに「この人が私の理想のパートナーだ」という自信さえも持ててしまいます。
 
例えるならば、本当は私に、極上の、大好きな甘いマンゴーがお皿の上に切り分けられて用意されているにもかかわらず、それを知らない私が食べても甘みがない青いマンゴーを高い木の上から取ろうと必死になり、時間と労力をかけているようなものです。
 
 
そんな私を見たあなたは、「あのー、甘く熟れたマンゴーがお皿に切り分けられてすでに用意されていますけど・・・。」と伝えたくなりませんか?
 
ユニバース(神様)も同じです。
 
本当の運命の人ではない相手に、「この人が好き!この人しかいない!この人が欲しい!」といいうエゴに周りが見えなくなっているあなたに「あのー、あなたが一緒にいて最高に幸せになれる運命の人はあっちにすでに出現してますけど・・・。」と伝えたいのです。
 
今までも、ユニバースは何度となくあなたにそれを伝えようと試みたはずです。もしくは、あなたの魂があなたに「この人ではないよ」と囁いたことがあるはずです。
 
思い当たることはありませんか?
 
あなたの本当の運命の人を知っているユニバースやあなたの魂は、あなたを運命の人に会わせる為に、何度となく助け舟やひらめきを与えています。
 
ですが、私たち人間は時に、自分の高度な知能が考える自分の欲求(エゴ)を聞くことばかりに夢中になり、魂や宇宙の囁きに耳を傾けることが出来なくなってしまいます。
 
ですが、運命の人に会う最短で確実な方法は、あなたの魂の声に耳を傾けてその声に従うことです。
 
それを教えようと、あなたの魂は「エゴを手放したい」ことをあなたに伝え、そのメッセージを受け取ったあなたが「死にたい」と感じるのです。
 
失恋をすると、魂が「エゴを手放したい」とあなたに伝える理由は、本来会うべきの運命の人に会うために軌道修正をしたいからです。
 

生きたまま死ぬ方法

さて、私たち人間は死ぬことで魂と肉体を切り離すことができます。ですが、先に述べたように、修正したい一つの事柄の為に、全てをリセットしてしまうのは、本当に時間と労力の無駄です。
 
例えるならば、ショートケーキの一番上の飾りのいちごを、さかさまに落としてしまい、またスポンジから焼き直そうとしていることと同じようなものです。
 
現在のあなたは、数々の細胞と積み重ねた経験値により形成されています。これを全くなかったことにするのはもったいないです。
 
全てをリセットせずに、間違ったところだけ修正すればいいのです。
 
つまり、実際に死ぬことなしに、生きたまま死ねばいいのです。
 
生きたまま死ぬ方法とはずばり、瞑想です。瞑想が出来るようになると、魂そのものを体感し、肉体を離れることができます。
 
 
瞑想の経験がない方にとっては、少し練習が必要になりますが、命を落とすことなく死ぬことができて、失恋の苦い経験を癒すことが出来るのなら、試しても損はないと思います。
 
それに、失恋でショックを受けている間は、気力が低下しエゴが活動的ではない分、瞑想で効果を出すのに最適な状態とも言えます。
 
瞑想を行うことで、失恋の痛みを癒すことができるだけでなく、その後の人生を劇的に変えることもできます
 
なぜなら、自分自身のエゴに人生をコントロールさせずに、魂に人生の操縦を任せることができるからです。
 
自分自身のエゴに何かを成させようとすると、何事においてもひどく苦労することになったり、何かを得ると何かを失うという現象が起こりますが、魂や自然、または宇宙に自分の人生をコントロールさせるようになると、人生において、何事も想像以上にうまくいくようになります。
 
なぜなら、自然のルールや、宇宙の意向に沿ってライフパーパスの為に人生の駒を進めることができるようになるからです。
 
なによりも大事なのは、あなた自身が幸せな人生を歩むことができるということです。
 
あなた自身が幸せな人生を歩みだすと、あなた独自の才能が開花します。宇宙はその能力を宇宙全体の目的を達成する為に使ってほしいので、あなたが必要とするあらゆるものを与えるようになります。
 
つまり、あなたの人生は豊かで幸せなものとなるのです。
 
その第一歩となるのが瞑想です。最初は瞑想をすることでリラックスすることを学びます。リラックスすることを覚えると、今度は自分自身の能力の発達を妨げていた、あらゆる障害物を取り除くことになります。
 
その障害物を取り除くと、あなたは本来の自分自身を深く知ることとなり、あなたの才能はどんどん発達していきます。
 
あなたの才能が発達していく頃には、様々な神秘的な体験をしていることでしょう。
 
瞑想を極めると、肉眼では見ることのない生き物たちと交信をすることも可能となり、さらにメッセージを受け取ることになったり、クンダリーニが昇華して悟りを開いたりします。
 
どこまで経験したいかはあなた次第ですが、瞑想をして生きたまま死ぬことで、失恋の傷が癒されるだけでなく、生きている間に運命の人に会う可能性も高くなります。
 
大事なことは、あなたの失恋によってダメージを受けてしまった、頭と心と体をしっかり癒す時間を設けることです。
 
癒そうとしなければこれから先の長い人生に傷を引きずり、運命の人に会うどころか、歪んだ人生を歩むことになってしまいます。
 
あなたをしっかりケアできるのは、結局はあなた自身なのです
 
どうか、あなた自身を大切にして下さい。あなた個人という人間は、宇宙全体にとってかけがえのない、必要不可欠なチームの一員です。
 
あなたが失恋の傷を癒し、幸せな先の人生を歩み始めることを心の底から願っています。
 
 
 
 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。