自覚することが大切なサイキック能力の種類7つ。

あなたがサイキックになった途端、あなたには様々な能力が使えるようになります。

あなたにどのようなサイキック能力があるのかを知らないと、生きることが難しくなることもあります。

ここでは、あなたがサイキックになると使えるようになる可能性があるサイキック能力についてお話します。

サイキック能力の種類1 クレアボヤンス(視覚)

クレアボヤンスとは、エネルギーフィールドを見ることができる視力のことです。

これは、霊視と呼ばれることもあります。

肉眼で見えるはずのないものを見る方もいるようですが、基本的には、エネルギーをサードアイ(松果体)で見ることの方が多いでしょう。

今の時代は、幽霊や低級霊と呼ばれる霊がこの世界にいることは、誰かが呼んでいることを除いて、多くはないようなので、クレアボヤンスというサイキック能力を使えるあなたが、日常的に幽霊などを見るということはあまりないかと思います。

代わりに、サイキックな状態のあなたは、クレアボヤンスという能力を使って、あなたとあなたの周りからエネルギーやイメージを見ることができるでしょう。

オーラが見える方も、クレアボヤンスを使っていると言えるでしょう。

幻覚とクレアボヤンスの違いは、私たちが本当に意味でサイキックな状態になっているかどうかの違いです。

サイキック能力の種類2 クレアオーディエンス(聴覚)

クレアオーディエンスとは、エネルギーフィールドを聞くことができるサイキック能力です。

ハイヤーセルフや守護霊、天使などの声が聞こえる力があります。

聞こえる声は、とても清らかで繊細で、だけどとても鋭くとても身近なところから聞こえてきます。

頭の中から誰かの声が聞こえるといった感覚に近いかもしれません。

幻聴とクレアオーディエンスとの違いは、繋がっている存在の違いです。

あなたがサイキックな状態で、あなたのハイヤーセルフと繋がっていれば、クレアオーディエンスという能力を使って情報を聞くことができますが、あなたがあなたのハイヤーセルフと繋がることができておらず、もしくは、繋がりが薄い状態で、幽霊や低級霊と呼ばれる存在と無意識のうちに繋がってしまっていると、聞こえる声は幻聴と呼ばれます。

クレアオーディエンスを使って得た情報があなたの為になることに比べて、幻聴はあなたの為にならないことがほとんどでしょう。


サイキック能力の種類3 クレアセンティエンス(感覚)

クレアセンティエンスとは、エネルギーフィールドを、感情を感じる器官を通して感じるサイキック能力です。

「感じる」ことが繊細になるサイキック能力なので、他の能力と区別することが難しいことがありますが、クレアセンティエンスを使うと、心でダイレクトに感じることが特徴です。

例えば、クレアボヤンスは、目の視覚からとらえたものから情報を感じますが、クレアセンティエンスは、目で見なくても、心で何かを感じます。

他の器官よりも先に心で感じることがクレアセンティエンスなので、何かを感じた時に、それがどこの何のエネルギーなのかを探すといったことがあります。

また、エゴが先行してしまい、クレアボヤンスなどのサイキック能力に自信が持てない時など、クレアセンティエンスを試してから、クレアボヤンスを試すと、エネルギーフィールドの情報を読み取りやすくなります。

サイキック能力の種類4 クレアセンス(嗅覚)

クレアセンスとは、エネルギーフィールドを匂いで感じるサイキック能力です。

クレアセンスは、「懐かしい匂いがした」とか、「焦げ臭い匂いがした」などのように、その場にないはずの匂いをプンっと嗅ぎ取ることが特徴です。

視覚的にも、感情感覚的にも、何も分かりませんが、クレアセンスを使えると、強烈な匂いが一瞬するので、その匂いから「場所」とか、「物」などの情報を得ることができます。

例えば、「焦げ臭い匂い」を感じた場合、それが「何が燃えた匂いで、どこでどうして燃えたのか」などの情報を得ることができます。

サイキック能力の種類5 クレアタンジェンシー(触覚)

クレアタンジェンシーとは、手からエネルギーフィールドの情報を得ることができるサイキック能力です。

手ではない体の部分から情報を得ることが可能な方もいるかと思いますが、手から情報を得ることの方が一般的でしょう。

物や物質を手で触ることで、エネルギーフィールドに触れることができる訳ですが、例えば、レイキヒーリングや、気功などを純粋に行う方は、クレアタンジェンシーを使う傾向があるのではないかと思います。

なぜなら、どちらも手を使って、手でエネルギーフィールドを体験するからです。

レイキヒーリングを仕事としていない場合でも、あなたがサイキックな状態になると、手で触れるものから情報を得ることができます。

ちなみに、物質や体に直接触れると、肉体的触覚が作動してしまうので、物質から少し離れたところに手を置いた方が、クレアタンジェンシーというサイキック能力を使いやすくなるでしょう。

サイキック能力の種類6 クレアコグニザンス(知覚)

クレアコグニザンスとは、頭でエネルギーフィールドを知るサイキック能力です。

エネルギーフィールドで得た情報が、そのまま「知識」や「情報」として頭に入ってきます。

その為、スピリチュアルノーイング(Spiritual knowing)と呼ばれることもあります。

クレアコグニザンスというサイキック能力を使うと、何も見ていないし、感じてもいないけれど、「知っている」という状態になります。

ひらめきやアイディアがたくさん溢れ出るといったところでしょうか。

また、「1を聞いて10を知る」というのは、クレアコグニザンスの特徴ではないかと思います。

例えば、誰かが、「ちょっと色々あって・・・」と言ったら、「色々・・・彼と揉めてるのか・・・彼が浮気していることが発覚したのか・・・昨日眠れてないな」などのように、情報が分かってしまうといった能力が、クレアコグニザンスです。

クレアコグニザンスというサイキック能力を使うと、周りの人の考えを読むことができるという「テレパシー」という超能力を使うことができるようになります。

サイキック能力の種類7 クレアガスタンス(味覚)

クレアガスタンスとは、味覚が発達したサイキック能力です。

口に物を入れていないのに、味を感じることができます。

例えば、サイキックミディアム(霊媒)の人は、誰かの霊などを自分の肉体に召喚しますが、その時に「タバコの味がした。その人タバコ吸う人なの?」と、その霊が経験していた味を感じ取ることができたりします。

まとめ

サイキックなあなたになると、サイキック能力が自然と開花していくのは、仕方のないことです。

最初サイキック能力に慣れるまでは、サイキック能力を煩わしく思うこともあるかもしれませんが、サイキック能力は、あなたの素質です。

サイキック能力を上手に使うことができるようになるまで、サイキック能力を使う練習をすることが大切です。

関連記事

  1. サイキックの意味。サイキックは特別な誰かに限ったことではない。

  2. 家族がエネルギー(サイキック)バンパイアになっている時の特徴

  3. サイキックアタックを跳ね返す、たった1つの防御方法

  4. 霊視で3種類の未来が見えるお話。霊視で未来はどこまで見えるのか?

  5. サイキックな人の5つの特徴。あなたは何個当てはまる?

  6. 霊視の見え方。情景が見えにくい理由と霊視で見えにくい人がいる理由 

  7. サイキックアタックを受けている時の症状一覧

  8. 霊視で未来が見えるメリットとデメリット。良いことばかりではない。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: Content is protected !!