2つの瞑想目的別リスト。瞑想をする目的は詳細であればあるほど良い

瞑想は大きく分けて2つの目的があります。その2つの目的とは、「心をマスターする目的」と、「頭をマスターする目的」ですが、この2つの目的別に、目的リストを作りました。

この目的リストを参考に、あなたの瞑想をする目的を定めて、瞑想の効果を感じやすくしましょう。

「心をマスターする瞑想」目的別リスト

  • 心の傷を癒す
  • 体を癒す
  • 生きる活力を得る
  • グラウンディングする
  • 感情を整理する
  • 思考を整理する
  • 雑念から解放される
  • 自分を愛する
  • エゴをコントロールする
  • 心を満たす
  • 性欲を意識レベルを上げる為に使う
  • 自信を取り戻す
  • 本当の自分を思い出す
  • 自分を分析する
  • 意識レベルを心まで上げる
  • アカシックレコードへ入る(制限付き)
  • 幸福感に浸る
  • ボディスキャンをする(感じる)
  • スピリット(魂など)に焦点を合わせる  など

「心をマスターする」とは、幸せになることです。幸せになる=心をマスターすると、頭をマスターすることへ進むことができます。

「頭をマスターする瞑想」の目的別リスト

  • サードアイを活性化する
  • 夢や願いを叶える
  • ひらめきやアイディアを得る
  • 生き方を変える
  • 自分を進化させる
  • 人生を自分が思うようにクリエイトできるようになる
  • 悟りを開く
  • 人を助けることができるようになる
  • 透視能力を身につける
  • テレパシー能力を身につける
  • 予知能力を身につける
  • サイキックになる
  • ビジネスを成功させる
  • 高次元の者とコミュニケーションをとる
  • アカシックレコードへ入る(制限無し)
  • 意識レベルを頭まで上げる
  • 覚醒する
  • ボディスキャンをする(サードアイで見る)
  • イメージトレーニングをする   など

「頭をマスターする」とは、夢を実現することです。夢を実現する=頭をマスターすると、やがてアセンションをすることができるでしょう。

関連記事

  1. 瞑想の効果を感じるまでの時間や期間はどれくらいか?

  2. 瞑想は仰向けでするか?座ってするか?それぞれの姿勢を選ぶ理由

  3. 瞑想をする時間がない理由と瞑想をする時間を作った方がいい理由

  4. 瞑想と睡眠の関係。瞑想と睡眠の共通点と相違点

  5. 瞑想と睡眠の違い。瞑想は睡眠に匹敵するのか?

  6. 瞑想中に見えるイメージには2種類ある

  7. 朝とても眠い時に瞑想をする意味はあるのか?

  8. 地球にしっかりとグラウンディングをする瞑想方法。人生の基本です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: Content is protected !!