エストニアの国旗の由来・色の意味がかっこいい!スピリチュアルな意味も

エストニアの国旗の由来や色の2通りの意味についてと、スピリチュアルな観点からの意味についてお話します。

エストニア国旗の由来・色の意味 その1

エストニアの国旗は、上から順番に「青、黒、白」の3色というシンプルでかっこいいデザインです。

エストニア国旗の3色は、エストニアの自然を表していると言われています。

一番上の青色は、「空や海」を表しているといいます。

そして、真ん中の黒色は、「土」を、一番下の白色は「雪」を表していると言われています。

エストニアは土の質が良いので、土が黒っぽいという特徴がありますが、このことから、エストニア共和国の国旗の黒は、「エストニア人を育てる大地」という意味も込められているようです。

そして、青い空や海は、エストニアの綺麗に澄んだ空や海と言われています。

そして、エストニアの冬は寒いので、雪がたくさん降りますが、この雪が見える景色を真っ白にし、清々しい気持ちになります。

エストニアの自然は本当に波動が高いです。

WHOによると、エストニアは、世界で最も空気が綺麗な6つの国の1つであるそうです。

空気が綺麗な国は土も綺麗だと人々は言います。

その為、たくさんのエストニア人が、オーガニック志向といいますか、エストニアの大地で育まれたオーガニック食材を生活に取り入れています。

ちょっとヤンチャに見える男の子とかも、エストニアのオーガニック紅茶を当たり前のように飲んだりしています。

エストニアは自然がとても豊かで、自然の力がとても強いパワフルな国です。

まさに、空や海と大地と空気が綺麗な自然の豊かさが「青、黒、白」の3色の国旗に現れていると言えるでしょう。

エストニア国旗の由来・色の意味 その2


エストニアの国旗の由来や3色の意味には、もう1つあります。

それは、エストニアの国旗は、エストニア人の生き様が表現されているということです。

エストニアという国は、長いことソ連とナチス・ドイツに占領されてきました。

この2カ国に占領されていた時代は、暗黒の時代だったと表現されるほど、大変な時期だったようです。

エストニア国旗の黒色は、この暗黒時代を意味すると言われることがあります。

あの暗黒の時代を忘れることなく、力強く生きようとする決意の表れとして、国旗に黒色が描かれていると言われています。

そして、青い色は、エストニア人が目指しているところ、自由や開放の象徴と言えるでしょう。

志を高く清く持っているということです。

また、白色は、「息」を意味しているとも言われています。

息、つまり、「気」です。

純粋なる「気」を取り入れ、また、清い「気」を出すということです。

エストニアの人は、この「清い息」を「歌うこと」で表現すると言います。

エストニアでは、「歌と踊りの祭典」という5年に一度のイベントがあり、エストニア全土が一体となる日があります。

エストニア人みんなで合唱をして、エストニアの士気を高めるのだそうです。

この合唱は、エストニア国旗の白い色で表現された、エストニア人の「息」そのものだと言います。

思いが乗った息の合唱です。

つまり、エストニア国旗の3色は、エストニア人の、清い息と共に、暗黒時代から開放されていく生き様の象徴であると言えるでしょう。

エストニア国旗の色のスピリチュアルな意味

エストニアの国旗をスピリチュアルな観点から見ると、「地球エネルギーの白、現実世界の黒、精神世界の青」という意味があります。

エストニアという国は、独立をした頃に「覚悟」が決まっており、エストニアの人々はそれを「エストニア人の覚醒(目覚め)」と呼ぶことがあります。

自分自身、もしくは自国に対する覚悟が決まった時から、地球の多大なるエネルギーが活用されているようです。

エストニアの空気や土が綺麗だというのも、波動の高い地球のエネルギーがよく流れていることの現れでしょう。

その地球のエネルギーが白として国旗に現れているようです。

一般的には、白はエストニアの雪や、エストニア人の息の象徴であると言われていますが、大地の土の象徴である土よりも白が下にある理由は、どうやらこの白く清いエネルギーが地球に起因しているからのようなのです。

実際に、サーレマー島などのエストニアの自然が豊かなところへ足を運ぶと、波動がとても高く、私たちの状態次第では、容易に意識レベルを上げたり、精霊などとコンタクトを取ることが可能です。

私の意識覚醒が起こったのもエストニアのサーレマー島で、当時地球のエネルギーをたくさん活用させて頂きました。

そして、エストニアという地で、黒い現実世界を突き抜けることができると、コミュニケーション関連で成功することができるようです。

その様子の1つは、エストニアの「IT先進国」という特徴に出ていると言えるでしょう。

エストニアのIT企業を成功させている人々は、暗い現実世界を乗り越えた人々かもしれません。

黒い現実世界というのは、まだ癒やされていない現実的世界がエストニアにはあるということであり、暗い感情や思考による囚われを過去に経験しているということです。

「栄養が豊富な黒い土」は、学びと経験が豊富な現実世界の象徴でもあるのです。

物質的な話をすれば、エストニアには、過去の囚われていた時代を象徴する建物やお城などが残されています。

閉鎖的な感覚は、これらを訪れることで感じることができます。

ロシアやドイツに占領されていたスピリチュアル的理由は、1つに時代、2つに恐れと自分自身を見失っていたことが原因と表現することができるでしょう。

ですが、エストニア人が感じている通り、彼らはすでに目覚め、自由を手に様々な面で成果を伸ばしています。

過去の悲しみという黒を癒やすことができれば、地球の清いエネルギーを使って空へ羽ばたくことができる、そんな国がエストニアなのです。

エストニアの人々には、暗い現実的問題を乗り越える自信と強さがあります。

これらが、エストニアの国旗に現れている3色であると、スピリチュアルな観点からは見えます。

まとめ

エストニアの国旗の色の意味は、

白・・・雪、清い息、地球のエネルギー

黒・・・土、暗黒時代、暗い現実世界

青・・・空、海、自由、コミュニケーション能力の開花

です。

関連記事

  1. エストニアがIT先進国になった理由はなぜ|IT大国の医療・居住権・投票…

  2. エストニアのチップ事情|タクシー・ホテル・レストラン・バーでの状況

  3. エストニアでは英語・ロシア語は通じる?|公用語から言語表記についても解…

  4. エストニアのICT教育プログラムとは?IT教育制度と仕組みについても

  5. エストニア・タリンのお土産チョコレートの種類をランキングで紹介!スーパ…

  6. エストニアの1か月の家賃|敷金礼金や水道光熱費などの物件条件や契約期間…

  7. エストニア・タリンの文化が移住したら見えてきた!人柄や生活についても

  8. エストニア・タリンと電子政府の歴史を簡単に分かりやすく解説|人間の鎖に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

error: Content is protected !!