サイキックの意味。サイキックは特別な誰かに限ったことではない。

あなたはもうすでにサイキックかもしれませんし、これからサイキックになるのかもしれません。

「サイキック」は、誰か特別な人がなれるものではありません。

「サイキック」とは、私たち全ての人間がある1つのことを達成している時になる姿なのです。

ここでは、サイキックの意味についてお話します。

サイキックの意味

「サイキック」とは、「エネルギーフィールドに焦点を合わせることができる人」のことです。

「サイキック」という言葉は、西洋ではもともと、「魂の道を発見する為に、オーラを読む人」という意味があったようです。

今は、テレパシーや、透視、ミディアム(Mediumship)、超能力などの、通常では使うことができない能力を使う人のことを全体的に指して使われることが多いようですが、サイキックという言葉は、基本的には、エネルギーフィールドに焦点を合わせて情報を読み取ることができる状態の人のことを指していると、私は理解しています。

エネルギーフィールドとは、私たち全ての人間が持っているもので、私たちの肉体ではない部分のことです。

私たちは、肉体的な部分と、エネルギー的な部分をあわせ持っていますが、肉体的な部分とは、そのまま、肉眼で見て実際に触ることができる肉体の部分です。

そして、エネルギー的な部分と言うのは、いわゆる「霊体」と呼ばれることがある部分で、これは他にも「魂、命、愛、思考」などの、「そこにあるのは分かっているけれど、肉眼で見て触れることができない部分」のことです。

サイキックと聞くと、ものすごい能力を持った人のように感じてしまうこともあるかと思いますが、サイキック能力は私たちみんなに備わっている能力です。

つまり、あなたが、サイキック能力が自分にあることを自覚して、その能力を使うことができれば、あなたもサイキックなのです。

また、自分にサイキック能力があることを自覚していない場合でも、無意識のうちに使っていることも実際にはあるかと思います。

このように、サイキックとは、特殊な能力を持った人のことだと思われがちですが、実は、私たちの1人1人が個性的なサイキック能力を持っており、その能力を意識的に使うことができれば、誰でもサイキックと呼ぶことができるという訳なのです。

言い換えると、基本的には、あなたがエネルギーフィールドに焦点を合わせることができるようになったら、あなたはサイキックであると言えるでしょう。

あなたがもし、まだサイキックになれていないのだとしたら、それは、あなたがエネルギーフィールドに焦点を合わせることがまだできていないからというだけのことです。

エネルギーフィールドに焦点を合わせることができるようになる為には、本当の自分自身を取り戻し、自分が本当は誰で、どんな能力があるのかを思い出すことが大切です。

あなたが今、サイキックでないのであれば、あなたが思っている「あなた自身」は、あなたのほんの一部分であるということです。

また、「サイキックである」ということは、意識レベルが高いということでもあります。

人間という肉体的な枠から、意識が拡大すると、人間のエネルギー的な部分を視野に入れることができるのです。

つまり、私たちが高い意識レベルを使う時、私たちはサイキックと呼ばれる生き物になるということです。

あなたが人間である限り、高い意識レベルを使うようにすれば、あなたも例外なく、サイキックである自分になる(取り戻す)ことができるのです。

一昔前は、一握りの人にしか、サイキックになる可能性はありませんでした。

厳密には、全ての人がサイキックになる可能性はいつでもあったのですが、一昔前は、意識レベルを上げてサイキックになるということはとても難しかったのです。

ですが、今は、私たちにとって、サイキックである自分自身になりやすい(取り戻しやすい)時代が来ています。

私たちの意識レベルがどんどん上がってきたからです。

サイキックとは結局、意識レベルが高いあなたの姿なのです。

関連記事

  1. サイキックプロテクションのやり方。自分の身は自分で守る!

  2. サイキックな人の5つの特徴。あなたは何個当てはまる?

  3. 霊視で3種類の未来が見えるお話。霊視で未来はどこまで見えるのか?

  4. サイキック能力を自覚することで使えるようになる11種類の超能力

  5. 霊視でどこまで詳細に見える?霊視できるようになる為には何をする?

  6. 霊視で呼び起こす前世の記憶6つ。前世からの縁を思い出すこともある

  7. サイキックタロットオラクルカードの意味一覧。当たる率を上げよう!

  8. クレアオーディエンスの聞こえ方|耳鳴りについても

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

error: Content is protected !!