瞑想でうつ病を改善する方法と効果|症状が悪化することはあるのか?

瞑想のうつ病を改善する効果の科学的観点やスピリチュアル的観点についてのお話についてや、瞑想でうつ病を改善する方法、瞑想をすることでうつ病が悪化することはあるのかについてそれぞれ詳しくお話します。また、瞑想をしてうつが悪化したと感じたらどうすればいいのかについてもお話します。

瞑想のうつ病を改善する効果:科学的観点

2014年にJournal of the American Medical Associationで発表されたレビュー研究では、マインドフルネス瞑想がうつ病の薬物療法とほぼ同じくらい効果的であることを発見したそうです。 瞑想をすると、うつ症状が悪化することがあるのかどうかというと、瞑想をしてうつ症状が悪化することはありません。 ですが、瞑想をしたことによって、うつ症状が悪化したと感じることはあります。 瞑想をしたことでうつ症状が悪化したと感じる時、何が本当は起こっているのでしょうか?

瞑想をして、うつ症状が悪化したと感じる理由


瞑想をして、うつ症状が悪化したと感じる理由は、過去のトラウマや嫌な記憶が蘇ってきた時などです。 「瞑想をしたら、前よりも辛くなったじゃないか!」と感じる時、気分が悪かったり、辛い思いになることもあるかと思いますが、瞑想を非難するのはちょっと待ってください。 その「悪い気分」の悪化、まさに、瞑想の効果が出ている証拠なのです。 あなたが、瞑想をしたことで、気分が悪化したり、うつ症状が悪化したと感じているということは、瞑想がうまくいっているからです。 これはどういうことかを詳しく説明していきます。

瞑想をすると、うつ症状が悪化すると感じる背景

私たちにうつ症状があるかないかにかかわらず、私たちの多くには瞑想をすると、嫌な気分が沸き起こってくる時期を経験することがあります。 これは、心に入るまでの時期であり、心の空間に入るまでの段階に起こりやすいです。 もしも私たちに過去に負った心の傷がある場合、心に入る段階で心のブロックを体験したり、嫌な記憶が蘇ってくることがあります。 これが、うつ症状が悪化したと感じる時です。 うつ病の多くは、うつの本当の原因を自覚できていないことが原因であることが多いですが、瞑想をすると、うつ病の深層の原因を自覚する機会があります。 その時に、「うつ病が悪化した」と感じることがあるようです。 確かに、嫌な気分が酷くなったり、うつ症状が悪化したと感じると、「もう瞑想なんかしたくない」と感じるかもしれませんが、私たちは心を開いて心の空間に入る為に瞑想をしているのです。 なので、瞑想中に、うつ症状が悪化したと感じることができているということは、心を開くことが少しずつできているということなのです。 心の傷は、向き合うことができなければ、癒すことはできません。 嫌な気分が悪化したと感じることは不快かもしれませんが、心の傷と向き合うことさえできれば、心の傷を癒すことができる可能性があります。 心の傷(過去の嫌な記憶や感情)と向き合い、癒すことができれば、やがて幸福感を感じることができるようになります。 状況や条件に限らず、「ただ在るだけで幸せだ」という本当の幸福感を感じることができるようになります。 例えば、指にとげが刺さってしまった場合、とげを抜く時はチクッと痛いですよね? ですが、とげが抜ければやがて傷は治り、痛みもなくなりますよね? でももし、刺さったとげを抜く行為が痛いので、抜こうとせずに、そのままにしておいたら、切り傷が回復しても、とげは指の中から消えることはなく、何かに触る度に痛みを感じますよね? これと同じで、瞑想をしたことで、うつ症状が悪化したと感じている時は、この例で言うならば、「とげを抜くチャンスが今ある」もしくは「チャンスが近づいている」ということです。 今の痛みをもう少し我慢して、心の傷を癒すことができれば、やがて心の空間へ入ることができるでしょう。

瞑想でうつ症状が悪化したと感じている時はどうすればいいのか?

瞑想をしてうつ症状が悪化したと感じている時、「もう瞑想なんてしたくない」と心が言うのであれば、瞑想を続ける必要はありません。 瞑想は、あなたが心からやりたいと思った時にのみすればいいのです。 ですが、瞑想をして、うつ症状が悪化したと感じている時、もう少し瞑想を頑張れそうならば、分析をするといいでしょう。 あなたが「悪化した」と感じているものは具体的に何なのかを分析するのです。 例えば、あなたが、「瞑想をしたことで気分の悪さが悪化した」と感じているならば、悪化した気分の悪さはどんなものかを分析するのです。 こうして、見つけた答えをどんどん分析していくと、心の傷の核心に近づくことができます。 例えば、

「瞑想でうつ症状が悪化した。何が悪化したのだろう?」 ↓ 「嫌な重たい気分になった。嫌な重たい気分とはどんな感覚だろう?」 ↓ 「嫌で嫌で仕方がない感覚。何が嫌なのだろう?」 ↓ 「抑えられている感覚。何を抑えられる感じがしているのだろう?」 ↓ 「誰かに強制される感じ。誰に何を強制される感じだろう?」 ↓ ・・・・・

このように、見つけた答えをさらに探求し、嫌な気分がどこから来ているのかを見つけるのです。 こうして、うつの症状の原因が具体的になっていけばいくほど、心へ入るブロックが解消されていき、うつの症状を改善することができるようになっていくでしょう。 ですが、大切なことは、「無理をしない」ということです。 いつもあなたの心に従うようにしましょう。 そして、必要であれば、医療の力を借りたり、人の助けを受け入れましょう。 瞑想は、これらの他の手段と同時進行できる作法です。 瞑想でうつ症状が悪化したと感じる時、もしできそうであれば、うつの原因となっているトラウマの原因を追究していくといいでしょう。 ですが、瞑想でうつ症状が悪化したと感じる時、やりたくなければ、原因の探求をする必要はありません。 まだ時間が必要だということもあります。 大事なことは、いつもあなたの心がやりたいと感じていることをするということです。 私たちはいつも自分の行動の責任を取る必要があります。 ですが、己の心の声に従っていれば、間違いはないでしょう。

まとめ

瞑想にうつ病を改善する効果があることは科学的に証明されています。 瞑想でうつ病を改善する方法は、「心の空間に入る」それだけです。 心の空間に入れない場合は、入れるだけのヒーリングをしましょう。 瞑想中にうつ病の深層の原因に近づくにつれて、うつ病が悪化したと感じることがありますが、実際には、うつ病の深層の理由を認識することで起こる感覚であり、瞑想でうつ病が悪化している訳ではありません。 瞑想でうつ病が悪化したと感じている時は、自分がどうしたいのか、心に従いましょう。 瞑想を止めてもいいですし、うつ病の核心へ勇気を出して近づくのもあなた次第です。 いずれにしても、瞑想にはうつ症状を改善する効果があります。 また、ハーバード大学付属マサチューセッツ総合病院の、心身医学研究所では、脳の内側前頭前皮質と扁桃体と呼ばれる2つの部位が互いに機能するとうつ病を引き起こし、瞑想をすると、これら2つの脳の部位の関係を壊すことが分かったそうです。 (「脳の内側前頭前皮質と扁桃体が互いに機能し合う=うつ病を引き起こす」 「脳の内側前頭前皮質と扁桃体が互いに機能し合わない=うつ病を引き起こさない」ということ。)

参考:https://mindworks.org/blog/can-meditation-help-depression/ https://www.health.harvard.edu/mind-and-mood/how-meditation-helps-with-depression

瞑想のうつ病を改善する効果:スピリチュアル的観点

うつ病とはそもそも、心が閉じていることで起こる現象・病気です。 つまり、私たちは、心が開いていればうつ症状を経験することはなく、心が閉じている時間が長ければ長いほど、うつ状態は重くなっていきます。 私たちは本来、心が開いている生き物ですが、生きている間に心を閉じてしまうことがあります。 私たちが心を閉ざす理由は、過去の傷ついた経験です。 過去に何か、トラウマとも呼べる嫌な経験をして、それに納得がいかないと、心の中でずっと嫌な思いをすることになるのです。 ですが、ずっと嫌な思いをすることは苦痛なので、私たちは嫌な気持ちを感じないように、心を閉ざす傾向があります。 心を閉ざせば、その時は辛い感情を感じないで済むからです。 しかし、心を閉ざして辛い感情を感じないからと言って、辛い感情が解消された訳ではありません。 心を開けばまた、嫌な気持ちを感じることになるのです。 その為、心を閉ざす期間がどんどん伸びてしまう傾向があります。 そうなると、心を開くことがやがてできなくなります。 理由は、心を開くことの恐怖心が肥大してしまうせいか、もしくは、心を開くという状態をそもそも忘れてしまうからです。 いずれにしても、この心を開けない状態が続いた時に、うつ症状が出現します。 しかし、瞑想をすると、心を開くことができるので、そうするとうつ症状は自然と改善されます。 瞑想とは、心を開き、心の空間へ入る作法です。 その為、瞑想ができれば、うつ病が改善するのは当然のことと言えるでしょう。

瞑想でうつ病を改善する方法

瞑想でうつ病を改善する方法は、「心の空間に入ること」です。 瞑想をすることで心の空間に入ることができてしまえば、うつ症状がどれだけ重いか、また、どれだけ長い期間うつ症状を抱えてきたかなどは一切関係なく、すぐにでもうつ症状が改善されるのを実感することができます。 難しいことは一切考えず、瞑想中に、「心の空間に入ること」それだけでうつ病は改善されるのです。 ですが、実際には、まず、瞑想をして、自分の心がどこにあるのかを見つける必要があるので、瞑想を5分したからといってすぐにうつ病改善の効果を実感できるかというと、そうはいかないかもしれません。 心に入ることができれば、効果はすぐにでも実感できるでしょう。 いずれにしても、瞑想をすると、心の空間に入ることができる可能性が高いので、うつ病が改善される可能性が高いのです。 心の空間に入ることができると、気持ちの良さや、エネルギー、光などを感じることができます。 瞑想をある程度続けても心に入ることができない場合は、ヒーリングをして心の傷を少しでも癒すことが大切です。 なぜなら、心に入ることを妨げているものは、心の傷だからです。 心の空間に入れるだけのヒーリングがなされれば、後は心の空間に入ることでうつ病の改善を実感できるようになるでしょう。

瞑想をするとうつ症状が悪化することはあるのか?

瞑想をすると、うつ症状が悪化することがあるのかどうかというと、瞑想をしてうつ症状が悪化することはありません。 ですが、瞑想をしたことによって、うつ症状が悪化したと感じることはあります。 瞑想をしたことでうつ症状が悪化したと感じる時、何が本当は起こっているのでしょうか?

瞑想をして、うつ症状が悪化したと感じる理由

瞑想をして、うつ症状が悪化したと感じる理由は、過去のトラウマや嫌な記憶が蘇ってきた時などです。 「瞑想をしたら、前よりも辛くなったじゃないか!」と感じる時、気分が悪かったり、辛い思いになることもあるかと思いますが、瞑想を非難するのはちょっと待ってください。 その「悪い気分」の悪化、まさに、瞑想の効果が出ている証拠なのです。 あなたが、瞑想をしたことで、気分が悪化したり、うつ症状が悪化したと感じているということは、瞑想がうまくいっているからです。 これはどういうことかを詳しく説明していきます。

瞑想をすると、うつ症状が悪化すると感じる背景

私たちにうつ症状があるかないかにかかわらず、私たちの多くには瞑想をすると、嫌な気分が沸き起こってくる時期を経験することがあります。 これは、心に入るまでの時期であり、心の空間に入るまでの段階に起こりやすいです。 もしも私たちに過去に負った心の傷がある場合、心に入る段階で心のブロックを体験したり、嫌な記憶が蘇ってくることがあります。 これが、うつ症状が悪化したと感じる時です。 うつ病の多くは、うつの本当の原因を自覚できていないことが原因であることが多いですが、瞑想をすると、うつ病の深層の原因を自覚する機会があります。 その時に、「うつ病が悪化した」と感じることがあるようです。 確かに、嫌な気分が酷くなったり、うつ症状が悪化したと感じると、「もう瞑想なんかしたくない」と感じるかもしれませんが、私たちは心を開いて心の空間に入る為に瞑想をしているのです。 なので、瞑想中に、うつ症状が悪化したと感じることができているということは、心を開くことが少しずつできているということなのです。 心の傷は、向き合うことができなければ、癒すことはできません。 嫌な気分が悪化したと感じることは不快かもしれませんが、心の傷と向き合うことさえできれば、心の傷を癒すことができる可能性があります。 心の傷(過去の嫌な記憶や感情)と向き合い、癒すことができれば、やがて幸福感を感じることができるようになります。 状況や条件に限らず、「ただ在るだけで幸せだ」という本当の幸福感を感じることができるようになります。 例えば、指にとげが刺さってしまった場合、とげを抜く時はチクッと痛いですよね? ですが、とげが抜ければやがて傷は治り、痛みもなくなりますよね? でももし、刺さったとげを抜く行為が痛いので、抜こうとせずに、そのままにしておいたら、切り傷が回復しても、とげは指の中から消えることはなく、何かに触る度に痛みを感じますよね? これと同じで、瞑想をしたことで、うつ症状が悪化したと感じている時は、この例で言うならば、「とげを抜くチャンスが今ある」もしくは「チャンスが近づいている」ということです。 今の痛みをもう少し我慢して、心の傷を癒すことができれば、やがて心の空間へ入ることができるでしょう。

瞑想でうつ症状が悪化したと感じている時はどうすればいいのか?

瞑想をしてうつ症状が悪化したと感じている時、「もう瞑想なんてしたくない」と心が言うのであれば、瞑想を続ける必要はありません。 瞑想は、あなたが心からやりたいと思った時にのみすればいいのです。 ですが、瞑想をして、うつ症状が悪化したと感じている時、もう少し瞑想を頑張れそうならば、分析をするといいでしょう。 あなたが「悪化した」と感じているものは具体的に何なのかを分析するのです。 例えば、あなたが、「瞑想をしたことで気分の悪さが悪化した」と感じているならば、悪化した気分の悪さはどんなものかを分析するのです。 こうして、見つけた答えをどんどん分析していくと、心の傷の核心に近づくことができます。 例えば、

「瞑想でうつ症状が悪化した。何が悪化したのだろう?」 ↓ 「嫌な重たい気分になった。嫌な重たい気分とはどんな感覚だろう?」 ↓ 「嫌で嫌で仕方がない感覚。何が嫌なのだろう?」 ↓ 「抑えられている感覚。何を抑えられる感じがしているのだろう?」 ↓ 「誰かに強制される感じ。誰に何を強制される感じだろう?」 ↓ ・・・・・

このように、見つけた答えをさらに探求し、嫌な気分がどこから来ているのかを見つけるのです。 こうして、うつの症状の原因が具体的になっていけばいくほど、心へ入るブロックが解消されていき、うつの症状を改善することができるようになっていくでしょう。 ですが、大切なことは、「無理をしない」ということです。 いつもあなたの心に従うようにしましょう そして、必要であれば、医療の力を借りたり、人の助けを受け入れましょう。 瞑想は、これらの他の手段と同時進行できる作法です。 瞑想でうつ症状が悪化したと感じる時、もしできそうであれば、うつの原因となっているトラウマの原因を追究していくといいでしょう。 ですが、瞑想でうつ症状が悪化したと感じる時、やりたくなければ、原因の探求をする必要はありません。 まだ時間が必要だということもあります。 大事なことは、いつもあなたの心がやりたいと感じていることをするということです。 私たちはいつも自分の行動の責任を取る必要があります。 ですが、己の心の声に従っていれば、間違いはないでしょう。

まとめ

瞑想にうつ病を改善する効果があることは科学的に証明されています。 瞑想でうつ病を改善する方法は、「心の空間に入る」それだけです。 心の空間に入れない場合は、入れるだけのヒーリングをしましょう。 瞑想中にうつ病の深層の原因に近づくにつれて、うつ病が悪化したと感じることがありますが、実際には、うつ病の深層の理由を認識することで起こる感覚であり、瞑想でうつ病が悪化している訳ではありません。 瞑想でうつ病が悪化したと感じている時は、自分がどうしたいのか、心に従いましょう。 瞑想を止めてもいいですし、うつ病の核心へ勇気を出して近づくのもあなた次第です。 いずれにしても、瞑想にはうつ症状を改善する効果があります。

関連記事

  1. 瞑想と睡眠の違い|瞑想は睡眠の代わりとして匹敵するのか?

  2. 瞑想を朝と夜の両方にやった方がいい理由と朝夜瞑想をするといい理由

  3. 瞑想とイメージングの違い|潜在意識から願いを引き寄せる効果と方法

  4. 瞑想の驚くべき効果!脳への具体的な影響についての研究結果

  5. 地球にしっかりとグラウンディングをする瞑想方法。人生の基本です。

  6. 瞑想で超能力を使えるようになるにはどうすればいいのか?

  7. 瞑想の効果はすごい!科学的効果44個のまとめ|体験談についても

  8. 瞑想をする時間がない理由と瞑想をする時間を作った方がいい理由

最近の記事