「花粉症ゼロ」の実現は実は可能!!現実的に実現する方法とは?

「花粉症ゼロ」の実現は実は可能!!現実的に実現する方法とは?

希望党が「花粉症ゼロ」を公約に掲げたことが話題を呼んでいます。「そんなことは一体可能なのか」と。森林を伐採せずに、薬も使わずに、花粉症をゼロにすることは実は可能です。 
スポンサーリンク

花粉症ゼロを実現するためのアイディア

実際に花粉症に悩む全ての人を救う為に、どのような方法があるのでしょうか?
 
①花粉を出す植物全てを伐採する
これは、地球環境破壊を意味する為、この方法は使ってほしくないですね。
 
②医薬品の開発によって
これは、花粉症の人に薬品の摂取を強請することを意味し、喜ぶのは大儲けできる「薬品会社」とそこからお金が流れてくるところだけでしょう。
 
③花粉を出す植物と人間の住む環境を切り離す
これをするほどの広大な土地は残されていませんし、一部の人に住む場所を移動することを迫るのでしょうか?現実的ではありません。
 
④花粉症を患う人全員にマインドコントロールをする
これは、「人権の尊重」に反する行為なので、実現されるべきアイディアでは決してありませんが、人をマインドコントロールすることで花粉症の症状を押さえることは可能です。
 
現にイギリスのKeithさんは、自分のマインドを自分でコントロールすることで、薬では改善されなかった花粉症の改善に成功しています。
 
⑤日本全ての花粉症を患う人の心の傷を癒す
これも簡単なことではありませんが、この方法が一番被害を最小限に抑えることができる現実的な方法でしょう。
 
花粉症と心の傷がどう関係しているのかという詳しい解説はこちらの記事をご覧ください。
 
 
花粉症とは、自然植物の花粉に対するアレルギー反応が出る症状です。自然の大地、地球に生息していながら、その自然の一部にアレルギー反応を起こしているという状態は、海に住むクジラが、海の何かにアレルギー反応を起こしているようなものです。
 
つまり、本来、生息している場所に対してアレルギーを持つということは、生きることを大変にするだけでなく、原理として何かがおかしくなっていると言えます。
 
その理由は、今年こそ改善したい!花粉症のスピリチュアルな意味とメッセージで解説していますが、これはつまり、花粉症にかかっている人々の「心の傷」を治すことに繋がるのです。
 
心の傷を治すという行為は、薬を使うよりも、花粉を出す植物を焼き払うよりも、安全で健全で現実的です。
 
心の傷を癒すことに反対する人も少ないでしょう。
 
 
「花粉症ゼロ」を公約した希望党さんには、この「心を癒す環境」の開発に勢力を注ぐことで、本当の花粉症ゼロを実現してほしいものですね。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です