科学的に証明された瞑想のすごい効果47個!分かりやすいまとめ!

科学的に証明された瞑想のすごい効果47個!分かりやすいまとめ!

瞑想は大きく分けて3段階に分けることができますが、瞑想の初期段階(レベル1)を実践したことにより得ることの効果のうち、大学や医療関係者、または医療機関等による研究によって科学的に証明されている瞑想の効果をご紹介します。
 
スポンサーリンク

瞑想レベル1の実践による効果

3つの瞑想レベルがあるうちの、瞑想レベル1(初期段階)をマスターすると、人生におけるほとんどの問題を解決することが可能です。

なぜなら、瞑想レベル1の目的は、建前の自分を捨て去ることだからです。仏教の言葉で言うならば、自我を捨て去ることだからです。

私たちを苦しめている病気や不調、辛い感情や、悩みなどの全ては、この「自我」の部分に属しています。

私たちから「自我」を取り除くと、清い魂の部分(霊的な部分)が残ります。

瞑想レベル1の目的は、魂そのものを経験する為の準備段階であり、それはつまり、自我を捨て去ることなので、自我を捨て去ることができれば、私たちが人生で抱えているほとんどの問題は解決するというわけです。

ですが、この事実を証明することは簡単なことではありません。なぜなら、この事実やプロセスは、肉眼で見ることも出来なければ、手で触れることもできないからです

 

例えば、「リンゴが甘い」という事実を証明したければ、リンゴを実際に手に取ってもらって、食べてもらえば、「リンゴが甘い」ということは簡単に証明することができますね。

ところが、「愛」を証明することは簡単ではありません。

なぜなら、「愛」は見ることも触れることもできないからです。「愛」というものが存在すると信じることができるのは、「愛」というものを実際に体験した人だけです。

これと同じで、「瞑想レベル1を実践すれば、〇〇の効果が出る」という事実を、瞑想を体験したことがない人に証明するのは簡単なことではないのです。

 

ですが、世界中で瞑想を実践する人々の証言などが明るみに出てきたことにより、「瞑想に効果がある」ことは彼ら自身の実体験を通して幅広く理解されるようになってきたようです。

そして今日、それらの「瞑想に効果がある」という事実を、瞑想を経験したことがない人でも分かるように立証しようと、時間とエネルギーを注いだ人々のおかげで、私たちは瞑想の効果を科学的に頭で理解することができます。

ありがたいですね。

この記事では、瞑想の効果が科学的に証明された事象のみ、ご紹介したいと思います。

本当に、瞑想に効果があるのかどうかは、私たちが瞑想を各自実践して初めて確信、または自分自身に証明することができるのですが、科学的に発表された瞑想の事実が、瞑想を実践しようとしている方の背中の一押しになればと思います。

 

1、病気や不調、肉体的な改善

瞑想レベル1を実践すると、体の不調や病気の症状を軽減したり、改善することができます。

具体的な事例は以下の通りです。

スポンサーリンク

気分や感情の改善

また、瞑想レベル1の実践により、心の状態を改善することもできます。

精神的な改善

さらに、瞑想レベル1を実践することで、精神的な問題も改善できます。

  • パニック障害の改善(American Journal of Psychiatry
  • トラウマによる症状の改善(Hindustan Times
  • 精神力の向上と回復力の向上(心理療法士 Dr. Ron Alexander:Wise Mind, Open Mind: Finding Purpose and Meaning in Times of Crisis, Loss, and Change

人間関係の改善

瞑想レベル1を実践することで、あらゆる種類の人間関係を改善することができます。

1、良好な恋愛関係を築ける

瞑想レベル1を実践することで、恋愛関係の向上や、恋愛に関わる問題を解決することができます。
 
その理由は、瞑想をすることによって、思いやりの心を育てることができたり、共感力が向上したりするからです。
 
つまり、瞑想をすることにより、自分自身のあらゆる個人的な問題を解消、または軽減させることにより、恋愛パートナーのことに真の意味で注意を向けたり、パートナーを大事にする余裕ができるようになるというわけです。
 
自分自身の個人的な問題をわきまえ、パートナーを受け入れることができた結果、良好な恋愛関係を築けるのです。
 
また、瞑想をすることが、性生活の問題を改善することも科学的に証明されています。
 
これも1つの「良好な恋愛関係」を築くための要素と言えるでしょう。
 
 

2、良好な社会的人間関係を築ける

瞑想をすることによって、社会的な人間関係の問題を解決したり、改善することができます。

具体的には、既にお話したように「人を思いやる心」を育てることができたり、人の気持ちが分かる「共感能力」が向上するのも、良好な社会的人間関係を築くことに役立つ瞑想の効果ですが、他にも、孤独感を改善するといった瞑想の効果が、社会的人間関係の改善に繋がります。

そして、自分自身の心の問題や、不必要な固定概念などを、瞑想をすることにより取り除くことができるので、結果的に社会的孤立を改善することができるのです。

また、瞑想をすると、「人種や年齢」に対する偏見を和らげる効果があるという報告もあります。

私たち人間は、無意識のうちに人を判断、または差別しがちですが、この「人に対する偏見」を改善することが、社会的人間関係の改善と向上の1つの大事な要素なのです。

仕事能力、学習能力を上げる

瞑想をすると、仕事能力や学習能力が向上します。

具体的には、注意力や集中力、情報処理能力や決断力が向上し、これらが仕事能力や学習能力を結果的に向上させる要素になっているのです。

また、ストレスがかかる状況での仕事能力についても研究され、「瞑想をすることでストレス下でも仕事能力が上がる」という結果が出ています。
 
さらに、記憶力の向上、迅速に記憶を呼び起こす能力の向上、視覚空間処理能力の向上、作業記憶能力の向上、実行機能の向上などが報告されています。
 
加えることに、マルチタスクを行うことを防ぐとの研究結果もあります。
 
マルチタスクとは、1つのことを集中してするのではなく、2つ以上のタスクを同時進行で行うことです。
 
一見、「仕事ができる!」と思われがちですが、実際の成果は、1つのタスクに集中したよりも低く、脳にもダメージを与える結果となると言われています。
 
瞑想をすることは、このマルチタスクを行うことを防ぎます。
 
こういった効果の集大成として、仕事能力や学習能力が向上するのです。
 

瞑想レベル2へ進む準備ができる

瞑想レベル1を実践することで得ることの出来る効果をご紹介してきましたが、これらは結局、瞑想レベル2へ進む為の準備段階なのです。

体やマインド、また、心理的もしくは精神的な問題を解決したり、改善することで、私たちはようやく瞑想のレベル2を体験することができるのです。

つまり、今まで自分だと思っていた「自我」を脱ぎ捨て、本当の自分である魂の部分を体感することができるようになるのです。

具体的には、瞑想レベル2へ進む準備とは、

  • 思考をすっきりさせる
  • 無意識を自覚する能力が向上する(意識が覚醒する)
  • 現実に起こっていることの認識力が向上する(意識が覚醒する)
  • 想像力を向上させる
ということです。
 
そして、これら4つのことは、瞑想をすることで得られる効果であると科学的に証明されています。
 
 
これらの効果を出す為に人々は瞑想を始め、瞑想レベル1を実践した結果、それぞれの自我の問題を解決することができ、そしてそれから瞑想レベル2へ進むことができるのです。
 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。