〇〇のしわざ!失恋の本当の意味を知ると心がすぅーっと軽くなる!

〇〇のしわざ!失恋の本当の意味を知ると心がすぅーっと軽くなる!

私たち人類を苦しめる「失恋」。この失恋の本当の意味を知れば、心がすぅーっと軽くなり、心の傷も癒える方向へ進み、私たち人間は時間と労力を無駄にすることなく、また人生の駒を進めることができます。
 
私自身も、若い時に失恋を経験しました。本当に辛くて辛くて、ご飯も食べられず、眠ることもできず、何をする気にもなれないほど落ち込みました。
 
そして、永遠に続くかとさえ思えた、自然と流れ出る涙。私は大きな深い真っ暗闇の穴に落ちてしまい、だけどその穴の中にいることに心地よささえ覚え、その穴の中を深く深く掘り下げて「ただただ全身を埋めたい」とさえ感じていました。
 
悟りを開いた今は、それが母なる地球に優しく包み込まれて、癒されようとしたからだと分かります。
 
ですが、当時はそれはそれは失恋が悲しくて、時間がやがて癒すだろうことを頭で分かっていても、自分ではどうすることもできませんでした。
 
今辛い失恋を体験しているあなたが、少しでも早く辛い状況から抜け出せるよう、「悟りの知恵」に従って「私たちが失恋をする本当の意味」について解説していきます。
スポンサーリンク

私たち人間が失恋をする意味

私たちが失恋をする理由、それは「ユニバース」に行く手を阻まれるからです。
 
 
ユニバースは「神」と表現される場合もあります。つまり、神様が「この先には進ませませんよ」と道を進もうとするあなたを止めるのです。
 
今まで歩んできた道を、さらに先へ進みたいのに、神様ったらひどいことをしますね。
 
ですが、失恋を乗り越えた人なら分かるはずです。なぜ神様が1つの恋愛をあれ以上先に進ませてくれなかったのかを。
 
恋愛というものは「悟りの知恵」によると、私たち人間が生きている間に経験する一つの経験項目であり、恋愛することだけが目的で生まれた人間はいません。
 
私たちが恋愛をする理由は、力を合わせてライフパーパスを成すためのパートナーを見つけるためです。
 
1人の男と1人の女が力を合わせることで、とても大きな力を発揮することができるのです。
 
ライフパーパスとは、私たちが「生きている目的」です。さらに詳しく言えば、私たちの魂が人間という体をまとって、自然のルールに従い、宇宙全体の為に働くことです。
 
私たち人間は、1人でもライフパーパスの為に力を出すことができますが、1人の男のエネルギーと1人の女のエネルギーが合わさった時ほど大きなエネルギーを生み出すことはできません。
 
そのために、私たち人間は恋をし、最愛の、または最適なパートナーを探すのです。これが恋愛です。
 
この恋愛において、神様に「この先には進ませませんよ」と止めらると、失恋という現象が起こります。つまり、私たちの心の準備が出来ていないのに、1つの恋愛を神様によって強制終了させられるのです。
 
パソコンで例えるならば、いくつかのプログラムが開いて作動しているのに、雷が落ちて電気供給が突如止まってしまい、パソコンが強制終了された時と同じです。
 
この場合、データの損失があったり、パソコン自体にダメージが与えられて、プログラミングをいじらないと正常に電源が入らなくなってしまうことすらありますね。
 
人間も同じです。心の準備や理解なしでは、恋愛が強制終了されるのはとてもショックなことであり、ダメージが大きいのです。
 
では、なぜユニバースは、このようなダメージを与えてまでも、時に人間の恋愛を失恋に終わらせるのでしょうか?

神様が私たちの恋愛を失恋に終わらせる理由

4つの代表的な例を挙げます。
 

1、2人が一緒になっても、願ったようなエネルギーが発生しない

簡単に言えば、「合わない」、この一言です。
先に、1人の女と1人の男が一緒になると、大きなエネルギーを生み出すことができると述べましたが、やはり「相性」と呼ばれるものがあります。
 
それぞれの魂レベルが極端に違ったり、ライフパーパスの内容が極端に異なると、どんなに一緒に頑張ろうとしても、心地よいエネルギーが発生しないのです。
 
ライフパーパスを全うするのに必要な力を得る為に、1人の男と女が協力し合える相手を探すのが恋愛なので、一緒になっても必要なだけのエネルギーを得られないのであれば、最良な恋愛にはなりません。
 
ましてや、あなたが願ったような幸せなポジティブなエネルギーを一緒に発揮することができる相手が他にいるのだとしたら、神様は「この人じゃなくて、君の運命の人はあっちだよ」と一つの恋愛を終わらせて先へ進ませるしかありません。
 

2、居心地がいいだけで、男女間の愛とは異なるものになっている

長い恋愛の末に、「お互い愛し合っている。だけど恋愛と言うよりも家族のような、友達のような関係」になってしまうことがあります。
 
この場合も、神様はその恋愛をストップさせることがあります。なぜなら、やはり、運命の人(エネルギーを一緒に発揮させることができる人)は他にいるからです。
 
愛し合っていることには間違いないのですが、長い恋愛を経験しているうちに、その愛が友達愛や家族愛に近いものになってしまうと、やはり必要なエネルギーが作り出されません。
 
家族や友達間の愛もエネルギーを作り出しますが、男女間の愛に勝るものはありません。
 

3、どちらか、または両方が子供返りをしているだけで、進歩がない

恋愛の相手は時に、私たち人間が「子供返り」する場となります。
 
要するに、どちらか、または両方がインナーチャイルドを開放できる居場所となり、それに甘えて進歩するどころか、子供で居続けることが習慣になってしまう状態です。
 
インナーチャイルドを開放できる相手を見つけたということは素晴らしいことであり、子供返りをすることも悪いことではありません。
 
むしろ、私たち人間には時に必要なことです。
 
ですが、子供のままで、抱っこにおんぶされ続けることに慣れてしまうと、相手の負担となり、進歩できなくなってしまいます。
 
進歩とは、魂の進歩です。
 
「悟りの知恵」によると、私たち人間の肉体は、大人になると衰えていくだけですが、魂は死ぬまで進化し続けます。
 
その魂が進歩を辞めてしまうと、人間として生きている意味も大してなくなってしまうのが現実です。
 
この場合も、人生という時間が無駄にならない為に、神様が恋愛を終わらせます。
 

4、恋愛によって進化するどころか、退行している

人間の魂は死ぬまで進化すると述べましたが、進化する先を間違うと、「退行」することになります。
 
退行する方向性とは、世間一般的に言う、「悪」の方向性です。
 
 
例えば、本当はまだ綺麗で、正しい方向に進化している魂をあなたが持っているのに、悪を好む男性に惚れてしまい、無意識のうちにあなたも感化されることがあります。
 
具体的には、人をおとしめて自分の利益を喜んだり、自分勝手なエゴを満足させるための人生を歩むことです。
 
悪とはつまり、自然のルールに反する全てのことです。
 
ですが、時として、私たち人間は知らないことを知っている人間に強く惹かれることがあります。そして、恋をしている時には、どんなエネルギーの持ち主で、どんな環境に住んでいる人なのかが見極められないことが多いです。
 
「恋は盲目」とはよく言ったものです。
 
この場合も、神様は恋愛を終了させようと、あらゆる手を使います。ですが、これもあなたの魂の為です。そして、それが、宇宙全体の為になります。
 
だから、あなたがどんなに辛いと泣いても、神さまは止めざるをえません。
 
 
 
いずれにしても、神様があなたに失恋を経験させる理由は、あなたを悲しませる為ではありません。本来の運命の人に出逢わせる為であったり、あなたの魂の成長を手助けする為なのです。
 
辛いと泣くあなたを天から見て、さぞかし心を痛めていることでしょう。まるで、あなたを愛する母親のように。
 
スポンサーリンク

心を痛める失恋という結果を招いた事実

時として私たちは恋に盲目になり、魂の囁きに耳を傾けることができなくなってしまいます。
 
もしもあなたが冷静にあなたの魂の囁きに耳を傾けることができていたなら、失恋という形で恋愛が終わることもなく、自分自身で恋愛に終止符を打つことができたはずです。
 
冷静になってその恋愛を振り返れば、ところどころで「ん?ちょっとなんか違和感があるな」とか「この人の恋愛スタイルはこんな感じなのか、ちょっと私が思ってたのとは違うけど、まぁいっか」などのように、何かしらサインがあったはずです。
 
そんなあなた自身の魂の声を無視し続け、恋に夢中になっていたという事実が、今回失恋という結果を招いたのです。
 
ですが、ポジティブに考えれば、あなたが魂を大切にできなくなっている時でも、ユニバースは決してあなたを見放すことがないことを知ることができたのではないでしょうか。
 
あなたは大事な一人の人間です。神様にとっても、私にとっても、この地球にとっても。これがワンネスという概念です。
 
失恋の痛手は、コンピューターの例のように一瞬では治りませんが、必ず癒されます
 
自分自身を、自分の魂を大切にケアする時間を作って下さい。そして、ゆっくりと焦らずに時間をかけて、集中して、心と体と頭を癒して下さい。
 
失恋した相手と復縁するにしろ、他の運命の人とめぐり会うにしろ、ユニバースはあなたをいい方向へしか導こうとしませんから
 
あなたの感覚や直感、言葉では説明できない真実を大切にして下さい。あなたが少しでも早く失恋の傷から癒されることを心から願っております。
 
 
 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。