蝶々のスピリチュアルな意味と暗示|つがい・色・夢の意味・メッセージ

蝶々のスピリチュアルな意味、神社にいる蝶々のスピリチュアルな意味、2匹(つがい)の蝶々のスピリチュアルな意味、オレンジ・白・茶色・水色・青の蝶々のスピリチュアルな意味、蝶々の交尾を見たり、蝶々をよく見るスピリチュアルな意味や、蝶々が寄ってくるスピリチュアルな意味、また、神話や象徴と暗示、夢に蝶々が出てくる意味などについて、それぞれお話します。

蝶々のスピリチュアルな意味

蝶々のスピリチュアルな意味は、「開放」です。

蝶はイモムシが脱皮をして蝶になりますが、まさにその脱皮=開放を意味する生き物が蝶々なのです。

開放とはつまり、自由さの象徴です。

心が踊るようなウキウキ感や喜びを開放した時に現れるのが蝶々なのです。

蝶々は基本的に、高揚感やワクワク感と共に、心の波動で生きています。

考えることを基本的にせず、感じることをメインに生きています。

そして、何か問題が立ちはだかれば、心で感じることで解決しようとするそうです。

蝶々はあなたの何かが開放されている時、もしくは、あなたの何かが解禁されている時に現れることが多いようです。

神社に蝶々がいるスピリチュアルな意味


神社に蝶々がいるスピリチュアルな意味は、その神社の波動が保たれていることを意味します。

私たち人間はよく、神社にお参りに行きますが、何かをお願いしたりすることがありますね。

時には、私たちは道理を知らず、とんでもないことをお願いすることもあります。

様々なタイプの私たちは、神社に訪れる時、様々なタイプの「念」を持ち込みます。

時には、それが神社の清い結界を脅かすものとなることもあるようです。

つまり、私たちが持ち込む念が、神社の波動を下げていることがあるということです。

神社に蝶々がいるということは、基本的には、神社の地の波動が私たち人間やその他のものによって下げられることなく心の波動が保たれていることの証です。

蝶々は、心が開いている場所に存在する傾向がありますが、その場の波動を上げる役目は持っていないようです。

そのため、蝶々が存在できているということは、その場の波動が高い、もしくは、心にセンタリングできる波動が流れているということになります。

つまり、神社に蝶々がいることのスピリチュアルな意味は、その神社に心にセンタリングできる波動が流れているということなのです。

神社で蝶々と出逢ったあなたは、心が開いている可能性が高く、願いも叶いやすいでしょう。

二匹(つがい)の蝶々のスピリチュアルな意味

2匹の蝶々、またはつがいの蝶々のスピリチュアルな意味は、「変化の兆し」です。

2匹の蝶は、何かが変わる瞬間が訪れていることの暗示です。

そのほとんどが、「好転」であることが多いようなので、2匹の蝶々を見た場合は、好転の兆しであると捉えることができるでしょう。

何か新しい環境や人との出会いがあったり、事態が好転することがありそうです。

蝶で例えると、イモムシが蝶になるような、割と大きな変化が近々あるかもしれません。

新しいことを受け入れる姿勢を心がけ、変化をものにしていきましょう。

オレンジ色の蝶々のスピリチュアルな意味

オレンジ色の蝶々は、「楽しさの開放」というスピリチュアルな意味があります。

オレンジ色の蝶との出会いがあったあなたには、何かを楽しむ気持ちや、何かに興味を持つ気持ち、または、何かを許す気持ちがあるようです。

あなた自身を見つけるために、自由に行動を起こすことができているということでしょう。

好きなことや楽しいと思うことを、今の調子でどんどん行動に出していきましょう。

白い蝶々のスピリチュアルな意味

白い蝶々のスピリチュアルな意味は、「高い意識の解放」です。

高い意識レベルで物ごとを判断することができたり、広い視野で物ごとを見ることができているようです。

エゴ的な要素に囚われず、周りのみんなが喜ぶことを認識することができる状態なのかもしれません。

また、センスのあるアイディアや、ひらめきがあなたの中にあったり、あなたの直感力が冴えている可能性もあります。

今のアイディアや考えていることを行動に出すと良い結果を得られる可能性が高いです。

黒い蝶々のスピリチュアルな意味

黒い蝶々のスピリチュアルな意味は、あなたが自由を与えたいものが何か認識することができていないということです。

あなたの中の何かがすでに開放され、何かを始めたり、何かにチャレンジしてみたり、過去と比べて何か変わったことがあるようですが、それが何にためになるのかがまだよく分かっていないようです。

時には悲しみを経験することがあったり、自分を責めたり、誰かに怒るようなことがあったり、混乱することがあるかもしれませんが、落ち着いていきましょう。

それらは、あなたの何らかの思いを開放するために起こっています。

結果的には事態は好転していく可能性があるので、心配はいらないでしょう。

あなたの中にどのような思いがあるのかを認識しようとしてみるといいかもしれません。

茶色の蝶々のスピリチュアルな意味

茶色の蝶々のスピリチュアルな意味は、「生きる喜び」です。

茶色の蝶々との出会いがあったあなたは、この世界に存在している自分自身を解放できているということです。

これはつまり、例えば、生きる気力が溢れていたり、個人としての個性を認識することができているということです。

また、言い換えると、しっかりとグラウンディングができていると言い換えることもできます。

いずれにしても、地に足がついた状態で、実績を出しやすい状態であることの暗示です。

心に従って力強く行動を起こしていきましょう。

水色の蝶々のスピリチュアルな意味

水色の蝶々には、「ハーモニー」というスピリチュアルな意味があります。

水色の蝶との出会いがあったあなたは、人や植物、動物などの周りの生命とエネルギー的に同調することができているようです。

具体的には、人の心を感じることができていたり、思いやりがある状態なのでしょう。

このような心のネットワークができている時は、幸福感を得やすいですし、願いも叶えやすいです。

水色の蝶は幸運の兆しと表現することができるでしょう。

青い蝶々のスピリチュアルな意味

青が濃い蝶々には、「願いのハーモニー」というスピリチュアルな意味があります。

あなたと誰かを繋ぐ青い蝶は、その2人に共通の願いがあることの暗示です。

その相手は、あなたの恋愛のパートナーかもしれませんし、仕事のパートナーや友達であるかもしれません。

いずれにしても、「ルーツが同じ」「願いが同じ」という共通の願いのハーモニーがあり、とてもよく協力して成功を目指すことができるでしょう。

青い蝶は、両思い、または、共感という調和が取れているというスピリチュアルな意味があるのです。

青い蝶があなたと結ぶものは何かにも注目してみましょう。

答えはあなたの心にあるはずです。

蝶々をよく見るスピリチュアルな意味

あなたが蝶々をよく見るのだとしたら、それは、あなたの心が開いていることが多いからです。

これはとてもいいことです。

私たちは、心が開いていると多くのことを達成できる可能性が高いです。

願うことはほとんど叶うでしょう。

美しく飛び回る蝶々をよく見るということは、願いを叶えやすい状態で生きているということです。

つまり、蝶々をよく見るあなたは、絶好調であるというスピリチュアルな意味があるのです。

蝶々が寄ってくるスピリチュアルな意味

蝶々が寄ってくることのスピリチュアルな意味は、「繋がることを求められている」ということです。

蝶々があなたに「心で繋がりましょうよ」と語りかけているのでしょう。

蝶々は本来、波動が全く異なるものの波動を上げることはしないので、蝶々があなたに寄ってきたのだとすれば、あなたに同じ波動が流れていることを見透かされたのだと思います。

たいていは、同じ波動が流れ、心が繋がっていれば、物質的、もしくは肉体的、もしくは現実的にやり取りをする必要はないのですが、蝶があなたに寄ってきたとなると、あなたのコミュニケーションの扉が閉ざされていたということだと思います。

コミュニケーションの壁となってしまっている扉さえ開くことができれば、外の世界と心でつながることができるということの暗示として、蝶があなたに寄ってきた可能性が高いです。

蝶々の交尾を見るスピリチュアルな意味

蝶々の交尾を見るスピリチュアルな意味は、「思考と感情のバランスが取れている」ということです。

論理的に交友関係を築くことに偏っていたり、一時の感情で交友関係を築いているということがないのでしょう。

例えば、「〇〇さんは△△だから友達でいたほうが良い」とか、「〇〇さんは可愛そうで放っておけない」などのように、思考と感情に支配されていないので、長続きする人間関係を築くことができているということでしょう。

蝶々の交尾を目にしたということは、「思考と感情の要素を混ぜてバランス良く、心で関係を築いていること」の暗示です。

バランスが取れていれば、人間関係もスムーズに進みますね。

蝶々の神話や象徴と暗示

キリスト文化では、蝶は「魂」の象徴とされていたそうです。

中国では、蝶は「夫婦の私服の喜び」の象徴とされているそうです。

アメリカ先住民の間では、蝶々は「喜びと変化」の象徴だそうです。

ギリシャでは、蝶々は「不死」を意味するものであり、古代ギリシャでは「魂」の象徴とされていたそうです。

まとめるとやはり、蝶々には、魂(心)の喜びの象徴とされることが多いようです。

蝶々との出会いがあったあなたは、心を開放して喜びとともに楽しく人生を生きることができるでしょう。

蝶々が夢に出てくるスピリチュアルな意味

蝶々が夢に出てくるスピリチュアルな意味は、あなたに劇的な変化が訪れているということです。

何かが変化したり、進化したり、好転したりする可能性があります。

変化を恐れずに受け入れていけば、願ったような結果を得ることができるでしょう。

夢に出てきた蝶の印象が良くなかった場合は、あなたの変化や成長が何かによって阻まれたり、退化や劣化が起こってしまう可能性があります。

夢見る力を取り戻しましょう。

蝶々からのスピリチュアルメッセージ

心の世界にセンタリングしていればどの瞬間も楽しいのに、

どうしてみんなここから出ていくのかしら?

蝶々より

まとめ

蝶々のスピリチュアルな意味は「解放」です。

蝶々と縁があったということは、心が開く前兆や暗示であり、願いを叶えやすい状態にあるということです。

楽しくワクワクと変化を受け入れましょう。

関連記事

  1. トンボのスピリチュアルな意味と暗示|色や夢の意味・象徴とメッセージ

  2. 毛虫のスピリチュアルな意味と暗示|横切ったり刺される意味や夢の意味とメ…

  3. 蚊のスピリチュアルな意味と暗示|蚊に刺されや夢の意味とメッセージ

  4. コオロギのスピリチュアルな意味と暗示|鳴き声の秘密・夢の意味・メッセー…

  5. 蟻のスピリチュアルな意味と暗示|行列・大量発生・夢の意味やメッセージ

  6. カマキリのスピリチュアルな意味と暗示|赤ちゃん・卵・抜け殻のサインや夢…

  7. てんとう虫のスピリチュアルな意味と暗示|模様の意味や象徴・夢とメッセー…

  8. バッタのスピリチュアルな意味と暗示|神話や象徴・夢の意味とメッセージ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

error: Content is protected !!