スピリチュアルな意味

食べ物を粗末にする人のスピリチュアルな意味|女性・男性・子ども別とバチがあたるスピリチュアルな意味について

食べ物を粗末にしてしまった時のスピリチュアルな意味や、食べ物を粗末にする女性・男性・子どもの意味、食べ物を粗末にする人が嫌いなスピリチュアルな意味や、なぜ食べ物を粗末にするなと言われるのか、そして、粗末にするとバチが当たるの意味について、お話します。

 

食べ物を粗末にしてしまうと、嫌な気分になることがありますよね。

食べ物を粗末にしてしまう時は、十分な経験ができていないというスピリチュアルな意味があるのです。

目の前に与えられた経験のチャンスがあるのに、それを楽しんで経験することが十分にできていない時に、食べ物を粗末にしてしまうという現象が起こります。

 

もしかすると、あなたはたくさんやりたいことがあるけれど、実際にできることが限られているのかもしれません。

もしくは、本当はやりたくないのに、多くのチャンスを望んでいるのかもしれません。

または、行動する元気がないのかもしれません。

または、行動する心の余裕がないのかもしれません。

 

いずれにしても、食べ物を粗末にしてしまう時は、願っていることと、実際にやりたいことにズレが生じている時です。

あなたが本当にやりたいことはなんですか?

あなたが本当に経験したいことは何ですか?

目的はいつも、結果ではなく、経験を楽しむ気持ちです。

あなたらしい人生をクリエイトしてまいりましょう。

 

「食べ物を粗末にするな」と言われることが多くあると思います。

そんな時に、「うるさいな」とか、「うざい」と感じることがありますよね。

「食べ物を粗末にするな」と言われてうるさいと感じてしまう時は、やりたくないことをやっているというスピリチュアルな意味があります。

 

もしかすると、本当はやりたくないことを仕事にしているのかもしれません。

もしくは、やりたいことがあるのに、それをやることができないでいるのかもしれません。

せっかくのチャンスが目の前にあるのに、そこにまだ気が付いていないようです。

 

あなたは、やりたいことだけをやって生きていくことで成功することができます。

やりたくないことに使う時間は、どんどん減らしていかなければなりません。

そうすると、本当にやりたかったことができる時間を増やすことができ、それが結果として成功するのです。

人間としての人生は、今回が最後です。

感じるがままに、生きてまいりましょう。

 

食べ物を粗末にする女性のスピリチュアルな意味は、自分にとって大切なことを諦めているというスピリチュアルな意味があります。

好きなことや興味があることを分かっていながら、それらをすることを自分に許していない可能性が高いです。

 

時間がないからと諦めているのかもしれません。

誰かのお世話をしないといけないからと、諦めているのかもしれません。

家事を完璧にこなさなきゃとか、生活環境を整えることに一生懸命になっているのかもしれません。

 

確かに、親や子どものお世話をしたり、生活環境を整えることはとても大切なことです。

でも、それらを理由に、あなたの人生を犠牲にしていいわけではありません。

あなたはあなたの気持ちを1番に大切にしてください。

 

男性が食べ物を粗末にすることももちろん、あると思います。

男性が食べ物を粗末にしているならば、何か1つのことに固執しているというスピリチュアルな意味があります。

1つのことに全てを注いでいる時なのでしょう。

 

何か、成し遂げたい夢や目標があるのかもしれません。

今集中しているプロジェクトがあるのかもしれません。

もしくは、一つの結果を得るために、他のことが手につかずにいるのかもしれません。

自分の欲求を抑えてでも、集中したい物事があるようです。

 

あなたは今、とても頑張って物事に取り組んでいるのだと思います。

でも、あなたはもっと多くのことを達成できます。

行動範囲を広げることができると、あなたはさらに豊かになり、さらに大きな望みを叶えることができるようになります。

 

恐れないでください。

あなたの願いはちゃんと叶います。

夢や目標を叶えるあなた自身のことを大切にすることで、さらなる飛躍を期待できます。

 

大人が用意した食べ物を、子どもが粗末にするということもありますよね。

せっかく用意した、もしくは買ってきた食べ物なのに、子どもが食べ物を粗末にすると、嫌な気持ちになることがあります。

子どもが食べ物を粗末にするスピリチュアルな意味は、親にコントロールされたくないと思っているというスピリチュアルな意味があります。

 

もしかすると、親であるあなたは、子どもを幸せにしてあげたいと思っているかもしれません。

もしかすると、親であるあなたは、子どもを成功に導いてあげたいと思っているのかもしれません。

または、親であるあなたが好きなことを、子どもにも共感してもらおうと思っているかもしれません。

もしくは、人生のレールを、親であるあなたが子どもに用意してあげているということもあるのかもしれません。

 

いずれにしても、子どもが食べ物を粗末にするということが起こっているのだとしたら、その子どもが、自分自身が好きなことをできていないようです。

本当は子どもにやりたいことや興味を持っていることがあるのに、親や周りの大人の言うことを聞かなければいけないような状況になってしまってはいませんか?

子どもが食べ物を粗末にする時、子どもは人生を楽しんではいません。

子どもが子どもらしく生きられるように、ぜひ大人であるあなたがサポートしてあげてみてください。

 

食べ物を粗末にする人が嫌いな場合は、いくつかの理由があります。

「食べ物を粗末にしてはいけない」という固定観念や教えに固執するあまり、食べ物を実際に粗末にしている人を見ると、許せなくなってしまうパターンが1つです。

「食べ物を粗末にしてはいけない」という常識が覆されそうになるので、今までの自分というものを保つことができずに、ストレスを感じてしまうのです。

 

また、食べ物を粗末にする人を嫌う時は、チャンスをものにできないでいる自分自身に不満があるというスピリチュアルな意味があります。

目の前に何らかのチャンスが来ていることに、気が付いてはいませんか?

自分の願いや夢を叶えることにつながる何かが目の前に現象として表れているのに、新しい一歩を踏み出すことができないでいるようです。

 

新しいことを始める勇気がないのかもしれません。

もしくは、今はまだできないと思い込んでいるのかもしれません。

または、あなた自身が幸せになることを素直に求めることができないでいるのかもしれません。

 

あなたは、あなたのために人生を生きることが大切です。

あなたは、幸せになれます。

周りの人や環境に気を使って、目の前のチャンスを逃さないでください。

あなたの幸せが、人間を苦しませてきた世界を変えることになるのですよ。

 

食べ物を粗末にするなと言われるのは、まず1つに、昔食べ物が手に入りにくい時代があったことがあります。

戦争があった時代などに、食べ物を手に入れることは、とても大切なことだったので、「貴重な食べ物を粗末にしてはいけない。次いつ食べ物にありつけるか分からない」などのような考えが伝承されていることが1つ挙げられます。

 

食べ物を粗末にするなと言われる2つ目の理由は、その食べ物や作ってくれた人に感謝をしなさいという意味があります。

「食べ物を一生懸命作ってくれた農家さんや、命を譲ってくれた食材そのものに、感謝の気持ちを持っていたら、食べ物を粗末にするなんてできないはずだよ」という理由ですね。

 

食べ物を粗末にするなと言われるスピリチュアルな意味としては、「カルマを解消するべきだ」と伝承されているということです。

まず1つに、私たちは、命のバトンを渡され、リレーをしているように生きています。

そのエネルギーの循環を止めるべきではないというスピリチュアルな意味があります。

 

また、2つ目には「自分でクリエイトしたものの結果をちゃんと受け取ることで、次に活かせる」というスピリチュアルな意味もあります。

カルマとは、原因があるから結果があるという意味の言葉ですが、自分で物事を創造したら、その結果が良くても悪くても、ちゃんと受け取ることになるのです。

その「結果」の方を、責任を取るという形で受け取りなさいという意味が、「食べ物を粗末にするな」という言葉の中に含まれているのです。

 

例えば、食べ物を粗末にする理由としては、その食べ物が嫌いだからとか、食べられないほどの量がある食事が出てきたからとか、お腹がすいていないからなど、様々な理由があると思います。

私たちは自由なので、いいのです、本当は、食べ物を粗末にしても。

だけど、どんな理由であれ、食べ物を粗末にしてしまうという状況が起こる時、食べ物を粗末にする人は、まだ自分自身のバランスが取れていないというスピリチュアルな意味があります。

なので、食べ物を粗末にしてもいいのだけれど、粗末にしているうちは、まだ精神的に未熟である。だから、食べ物を粗末にしなくなるまで魂を成長させなさいよというスピリチュアルなメッセージが、伝承されているように私は思います。

 

自分自身のバランスが取れている状態の時は、食べ物を粗末にするということは、ほとんどありません。

まだ子どもで、親にご飯を作ってもらっている間は、親の都合で食べ物が出てくることもあるので、その場合は、食べたくないものは食べなくてもいいと思います。

もし子どもが食べなかったことで、食べ物が粗末になるとしたら、それは食べ物を用意した親に原因があります。

 

ただ、自分で食べ物を用意したのに、粗末にしてしまうということがあるのだとすれば、創造と結果のカルマに一貫性がないということになります。

粗末にしてしまった食べ物ときちんと向き合い、なぜ、その食べ物を受け入れることができなかったのか、そして、なぜその食べ物を自分自身の前に出現させてしまったのか、内観することが大切です。

 

食べ物を粗末にするとバチが当たると言われることもあります。

食べ物を粗末にすると、悪いことが起こるよということですね。

食べ物を粗末にするとバチが当たるよと言われる理由としては、「言われたことを守らないと、悪いことが起こるよ。与えられたものをそのまま受け取らないと、悪いことが起こるよ。」という教えが含まれているように思います。

 

スピリチュアルな見解では、食べ物を粗末にしても、バチは当たりません。

食べ物を粗末にしたからといって、悪いことが起こるということはありません。

ただ、食べ物を粗末にする状態では、幸せになることは難しいとは思います。

食べ物を粗末にする状態は、自分自身のバランスのとり方を知らない状態だからです。

 

自分に必要なものだけをクリエイトして、手に入れるということができるようになると、食べ物を粗末にするということはなくなります。

 

ただ、食べ物を粗末にするということについて、本当に食べ物を粗末にしたのか?

それとも、食べ物ではなくなったものを処分したのか?

それとも、誰かが押し勧めてきた食べ物を、断ったのか?

これらの違いを見極めることは大切です。

 

食べ物を粗末にするということは、どんな理由にせよ、あまりいい気分はしませんよね。

私たち人間は、変な欲を出さずに、必要なものだけを創造して、幸せに生きることが求められています。

無駄なく、みんなが幸せに感じる状況だけをクリエイトできる私たちになりたいものです。

でも、そんなことが可能な5次元の時代を、私たちはようやく迎えることができました。

平和な5次元の世界を、共に創生してまいりましょう。

関連記事

  1. 秘密主義であるスピリチュアルな意味|秘密がバレる意味や、秘密の関係・打…

  2. 真似をしてくる人のスピリチュアルな意味とは?友達・女性・男性・彼氏の場…

  3. 失敗するスピリチュアルな意味|仕事や引っ越し・お金・買い物・結婚・髪型…

  4. 真似をされるスピリチュアルな意味35個!ファッションや行動・仕草などを…

  5. 顔や目などが遺伝するスピリチュアルな意味|鼻・歯並び・そばかす・眉毛・…

  6. くせ毛や天パが遺伝するスピリチュアルな意味|薄毛・白髪・抜け毛・抜毛症…

  7. 覚醒するための食事はスピリチュアル的に何か?覚醒状態や覚醒に悪い食事・…

  8. ミイラのスピリチュアルな真相は、勘違いのアセンション|蘇るのかや不老不…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA