事故に遭って怪我をするスピリチュアルな意味と無傷の意味|事故死の意味も

事故に遭って怪我をするスピリチュアルな意味、事故に遭っても無傷で済むスピリチュアルな意味、事故を回避するスピリチュアルな意味についてそれぞれお話します。

事故で怪我をするスピリチュアルな意味

大きな事故が起こって怪我をした場合も、事故と呼ぶほど大げさではない場合も、怪我をしてしまった時のスピリチュアルな意味は、怪我の内容や、怪我をした部位によって異なる意味があります。

ただ、怪我の重症度は、そのスピリチュアルなメッセージの強さに値すると言えます。

しかし、基本的に、事故が起こって怪我をする場合は、「自分自身に強い罪悪感がある」というスピリチュアルな意味があります。

人生のあらゆる出来事の中で、心を痛める出来事があり、自分自身を責めたり、自分自身をひどく卑下したりと、自己肯定感が非常に低下している時に怪我をするのです。

ちなみに、中国語で「怪我」という言葉は、「自分を責める」という意味があるそうです。

昔の人は、このような「体の異変」がスピリチュアルな意味を持つことを当たり前のように知っていたのですね。

怪我の症状によって、スピリチュアルメッセージは異なりますので、当ブログの「怪我のスピリチュアルな意味」のカテゴリーから、怪我の詳細ごとの記事を参考にしてみて下さい。

事故を起こしたが無傷であるスピリチュアルな意味


事故を起こしたけれど無傷で済んだ場合は、「苛立ちはあるものの自分に自信がある」というスピリチュアルな意味があります。

何かに対していら立ちを感じていたり、正義感あって何かを正したいという思いがあるようですが、それら良くない人や状況に影響されることなく、自分で人生を切り開いていけるだけの自信と力があるようです。

あなたはきっとこれから、どんどん能力や特技を開花させていき、望みの人生を手に入れることになるでしょう。

あなたには目標を達成できるだけの力が今あることを誇りに思いましょう。

そして、力強く、可能性をもっともっと模索し、自由に羽ばたいていきましょう。

輝かしい未来が待っています。

ですが、あなたのネガティブな感情をコントロールすることも大切です。

今のあなたはパワーが強いだけに、悪いことを引き起こす力も強くなっています。

悲しみや怒りの感情にパワーを注いでしまうと、それらは割とすぐに実現してしまうでしょう。

希望を胸に、望むことだけを考え、楽しく嬉しい感情だけを感じることを心がけましょう。

事故死のスピリチュアルな意味

事故によって命を落としてしまうことにもスピリチュアルな意味はあります。

どんな内容の事故であっても、事故で命を落とす人にはスピリチュアルな共通点があります。

それは、「生きることに対して後ろ向きになっている」ということです。

私たちの多くは、事故で命を落とした人を可哀そうと思います。

良い人であったのならなおさら、若かったのであればなおさら、事故死したことを無念に思い、「なんでこんなことが」と理解することができないことが多いです。

事故で亡くなった方を愛する気持ちが、事故の加害者への怒りの気持ちを増大させたりします。

もしくは、不平等なこの世界に対しての不信感がつのったり、「神はいない」と絶望的になることもあります。

「死人に口なし」といって、事故で亡くなった方が、事故前に何を体験していたのかを通常は聞くことができません。

その為、後に残された私たちの憶測だけで事故を理解する傾向があり、事故で亡くなった方当人の状態や状況が視野に入ることはあまりないでしょう。

愛する人が事故で亡くなったことで、辛い気持ちがあるかと思いますが、サイキック能力などで亡くなった方とコンタクトを取ってみると、彼らは死から多くを学び、残された私たちに今ある命を尊ぶことを願うことが多いようです。

彼らの死を悲しむ私たちを見て嬉しいと感じることはあまりないようです。

事故で亡くなる前に彼らが気がつくことができなかった共通のこと、それは、「自分自身を信じる心の強さ」です。

命を与えられてこの世界を生きるというチャンスを与えられているのに、自分自身の存在を否定したり、自分自身の能力や特技などの個性を否定したり、自分にはできないことがあると、自分の可能性を否定していたことが、事故による死と関係していることが多いです。

例えば、即死であったのならば、「自分をこの世界から消してしまいたい」などの思いがあった可能性があります。

例えば、事故に遭った後、一命をとりとめたのに生きることができなかった場合は、「回復したところで生きる人生」に希望を持てなかった可能性があります。

事故で亡くなる前には、外から見る私たちには、理解できないことがたくさんあるものです。

元気に楽しそうにしていても、心の中では、「辛い思いや嫌な思いをしている。でもそれを表に出すと大切な人に心配をかける」などのように、周りに気を使って自分を偽っていた可能性もあります。

結局のところ、本人がどんな心境で事故を招き寄せたのかは、私たちの憶測では分からないことが多いです。

ですが、1つ言えることは、この世界は、自分を愛することができている人が不幸に見舞われることはないということです。

受け入れがたい場合もあるかもしれませんが、意識レベルが高くなれば、この世界の自然の原理を理解できるでしょう。

私たちは、自分を愛することができていれば、幸せであることができ、自分を愛することができない時に、不幸に見舞われるのです。

事故で命を落とす理由は、「誰かのせい」だけではありません。

事故を引き寄せる心境が、事故に巻き込まれる人にはあると言えるでしょう。

関連記事

  1. もらい事故や自損・追突事故を起こすスピリチュアルな意味

  2. 事故を目の前で目撃するスピリチュアルな意味|回避する意味や乗り物事故の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

error: Content is protected !!