怪我や事故は偶然には起きない!隠されたスピリチュアルな深層の意味

怪我や事故は偶然には起きない!隠されたスピリチュアルな深層の意味

転んで怪我をしたり、偶然が重なって事故が起きたりと事故を起こす時、私たちは「たまたま事故が起こってケガをした」と思いがちですが、偶然で物事が起こるほど、この世界はでたらめにはできていません。必ず深層に怪我を負う理由があるのです。怪我をする時のスピリチュアルメッセージを解説します。

スポンサーリンク

怪我や事故を起こす時のスピリチュアルな意味

大きな事故が起こってケガをした場合も、事故と呼ぶほど大げさではないけれど、怪我をしてしまった時のスピリチュアルな意味は、怪我の内容や、怪我をした部位によって同じ意味があります。

ただ、怪我の重症度は、そのスピリチュアルなメッセージの強さに値すると考えられます。

しかし、基本的に、事故が起こって怪我をする場合は、自分自身に強い罪悪感があるということが言えます。

人生のあらゆる出来事の中で、心を痛める出来事があり、自分自身を責めたり、自分自身をひどく卑下したりと、自己肯定感が非常に低下している時に怪我をするのです。

 

ちなみに、中国語で「怪我」という言葉は、「自分を責める」という意味があります。昔の人は、このような「体の異変」がスピリチュアルな意味を持つことを当たり前のように知っていたのですね。

 

怪我の更に詳しいスピリチュアルな意味を知るには、怪我の内容と怪我をした体の部位に該当する記事をご覧ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。