納得!!歯茎のトラブルや歯槽膿漏になるスピリチュアルな意味

納得!!歯茎のトラブルや歯槽膿漏になるスピリチュアルな意味

 歯茎が腫れたり、出血したり、または膿んだり歯石が溜まりやすいといったスピリチュアルな意味を、症状別に解説します。
 
スポンサーリンク

歯茎に痛みや腫れ(歯肉炎)がある場合のスピリチュアルな意味

歯茎に痛みがあったり、歯茎が腫れている場合は、自分の心からの思いを決意したにもかかわらず、行動に移すことができないでいるのです。
 
行動を起こした結果がどうなるか、失敗することを恐れているのです。
 
ほとんどの場合は、過去に作ったトラウマが原因で、行動を起こすことをためらっているようです。
 
そして、行動を起こすことができないでいる自分に腹がたっているのです。
 

歯茎に膿が溜まって腫れる時のスピリチュアルな意味

歯茎に炎症が起こっているだけでなく、膿が溜まってしまっている場合のスピリチュアルな意味は、怒りの感情をある一定の間、ため込みすぎてしまったということです。
 
怒りの念は、長いことため込んだ為に熱を失い、絶望や無力感、または喪失感に変化している可能性があります。
 
いずれにせよ、自分がやりたいようにできないでいる自分自身への怒りや、生きにくい環境に大して相当怒っています。
 
この怒りが心に溜まり、膿となって現れているのです。
 
スポンサーリンク

歯茎から出血がある時のスピリチュアルな意味

歯茎から出血が起こる場合は、自分のやりたいことをやれずに、自分の気持ちを押し殺してきたことが原因で、人生を楽しめずにいるということです。
 
本当に心からやりたいことをできないでいるので、本当の喜びを感じることができないでいるのです。
 
つまり、人生を退屈に感じ、生きている意味すら分からなくなっている可能性もあります。
 
自分を抑制している力が強いので、感受性がうまく機能しておらず、事故に遭ったり、思いがけない不運に巻き込まれる可能性もあります。
 

歯槽膿漏になるスピリチュアルな意味

歯槽膿漏とは、歯茎の病気の1つであり、歯を支えている骨に異常が起こることで、歯茎が出血したり、腫れたり、歯がぐらついたり、噛んだ時に痛みを感じるなどの症状が起こります。
 
歯槽膿漏になるスピリチュアルな意味は、自分自身を抑制する力が強く、人生を楽しめずにいることが原因で、自分という存在が非常に弱っているということです。
 
自分のやりたいことを出来ずにいるので、喜びを感じることができなくなっており、その結果、心が非常に弱っているのです。
 
楽しいと感じたり、うれしいと感じることは、心のエネルギー源です。しかし、それらのポジティブな感情を感じることがほとんどない為に、心が衰退しているのです。

歯石が溜まるスピリチュアルな意味

歯石が溜まりやすい人には、スピリチュアルな意味があり、それは人生を自分の手で困難なものにする癖があるということです。
 
心を尊重せずに、頭だけを使ってあれやこれやと行動を決めるので、気が付いたら問題が山積みになっているということがよくあるようです。
 
物事に対して柔軟に対応することが苦手で、「これはこう!」と、1つの考えを妥協しない頑固さがあると言えるでしょう。

歯茎のトラブルを改善する方法

歯茎のあらゆるトラブルを改善する為には、自分自身を開放する必要があります。
 
自分が本当に求めていることを実行するのです。
 
胸に手を当てて、「自分は本当は何がしたいのだろうか?」と問いかけてみて下さい。
 
あなたの心の欲求に従えば、人生はまた驚くほど輝きに満ちたものとなり、人生の問題となっていた事柄は次々と解決していくでしょう。
 
自分の心が求めていることは何かを知る為には、十分な休息が必要です。忙しくしている時、私たちにとって心の声を聞くことは簡単なことではありません。
 
自分がリラックスしてくつろぐことができれば、自分が本当に求めていることが見えてきます。自分が本当に求めていることを、結果を心配することなく実行すれば、自由を取り戻せるのです。
 
心に従い、自由に行動した結果というのは、必ず素敵なものであるはずです。
 
自分を信じて、好きなことを思いっきりできるようになれば、歯茎のトラブルはなくなるでしょう。
 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です