肝臓が悪い場合と肝炎のスピリチュアルな意味

肝機能が低下しているなどの肝臓が悪い場合と肝炎のスピリチュアルな意味をそれぞれ解説します。

肝臓が悪い場合のスピリチュアルな意味

肝臓がよく機能していない、いわゆる「肝臓が悪い」状態の場合は、「前向きな気持ちに切り替えることが上手にできていない」というスピリチュアルな意味があります。

あなたの肝臓が悪いのだとすれば、あなたは、物事のいい面に目を向けることが苦手で、ついつい物事の悪い面へ目がいってしまうのかもしれません。

具体的には、あなたの長所を褒めることよりも、あなたの欠点を責めてしまう傾向があるのかもしれません。

もしくは、人や環境の嫌なところばかりに目がいってしまっているのかもしれません。

いずれにしても、肝臓が悪いということは、ポジティブに前向きになるスイッチを入れることが苦手のようです。

ポジティブになるスイッチを入れることが苦手なあなたが知るべきことが1つあります。

それは、ネガティブはポジティブを知る為だけにあるということです。

私たちは、「好き」を知りたいから「嫌い」があるのであり、「気分がいい状態」を知りたいから「気分が悪い状態」を感じるのです。

そして、「幸せになりたい」から、「不幸」を体験するのであり、「天国のような世界を生きたい」から、「地獄のような世界」を体験しているのです。

つまり、自分にとってポジディブな状態はどのようなものか、言い換えて、自分はどうしたら幸せになれるのかを認識することができれば、それ以上の嫌なことや不幸せなことを体験する必要はなくなるのです。

嫌なことを体験しないようになるのは、実はこれくらいシンプルなことなのです。

ところが、体験した嫌なことや不幸せなことにずっと焦点が合っていると、いつまで経ってもそこから抜け出すことはできません。

ですが、嫌なことや不幸せなことを体験した時に、「さて、私は何を望むのか?」と、自分にとって何が幸せであるのかにいつも目を向けることができれば、あなたはどんどん幸せになっていくことができるのです。

ネガティブなことを無視する必要はありませんが、ネガティブなことに執着する必要もありません。

何が起こっても、前向きに進むことができるあなたらしさを取り戻しましょう

あなたは本当は、どんなにキラキラと輝いて周りを照らすことができるか、覚えていますか?

あなたが不幸せでいることは似合いませんよ。

一通り不幸せを体験したら、あとは幸せへ向かって歩き出しましょう。

肝炎のスピリチュアルな意味


肝炎のスピリチュアルな意味は、「良くなりたいという強い思いがあるのに、望む結果を手に入れることができないでいる」ということです。

あなたはもしかすると、気分を良くしたいと感じているのかもしれませんし、成功したいとか、自信を取り戻したいなどと感じているのかもしれません。

または、大事な人を助けたいとか、人の為になりたいと思っているのに、人に迷惑をかけてしまったり、大切な人を助けることができないというジレンマを感じているのかもしれません。

いずれにしても、肝炎を患うあなたは、幸せになる為に頑張っているのに、努力が報われないでいるようです。

肝炎を患うあなたは、「行動を起こす原因」を一度見直す必要があります。

あなたが行動を起こす理由は、あなたが心からそうしたいと思っているからですか?

それとも、あなたはそれをしなければならないと思っているからですか?

あなたはあなたの心に正直に行動を起こす為に今生きています。

心が望まないことをする必要はないという自由を取り戻しましょう

心が望むかどうかは、ワクワクするかどうかで分かります。

あなたの心のワクワクが途絶えることがないように、行動を起こしていって下さい。

あなたがあなたらしく、ワクワクとやりたいことを行動に移すことができるようになれば、今心配している全てのことはやがて自然と解決していきますから。

関連記事

  1. 腎臓がん、すい臓がん、膀胱がん、皮膚がんのスピリチュアルな意味

  2. 子宮筋腫、子宮内膜症など、子宮トラブルのスピリチュアルな意味

  3. 肝硬変のスピリチュアルな意味

  4. 不妊症、流産、子宮外妊娠のスピリチュアルな意味

  5. 腎炎や腎不全など、腎臓の病気を患う時のスピリチュアルな意味

  6. 恐れや不安を感じる時と、全般性不安障害のスピリチュアルな意味 

  7. 膀胱炎などの尿路感染症のスピリチュアルな意味とは?

  8. 橋本病(慢性甲状腺炎)のスピリチュアルな意味

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

error: Content is protected !!