十二指腸に問題がある時や十二指腸炎になる時のスピリチュアルな意味

十二指腸に問題がある場合や、十二指腸炎になる場合のスピリチュアルな意味を解説します。

十二指腸に問題がある場合のスピリチュアルな意味

十二指腸に何らかのトラブルがある場合は、「人生に喜びや楽しみが著しく低下している」というスピリチュアルな意味があります。
 
あなたは今の人生に満足していますか?
 
やりたいことを好きなようにできていますか?
 
やりたくないことを義務感から無理してやっていませんか?
 
あなたの十二指腸に問題があるとしたら、あなたはもっと生きることを楽しむ必要があります。
 
時には、やらなければいけないことがあると思いますが、そのやらなければいけないことですら楽しめるような工夫をしてみるといいでしょう。
 
あなたが、「嫌だな、本音を言えばやりたくないな」と思っていることと、「本音を言えばやりたいな」と思っていることを、もう一度見つめ直してみて下さい。
 
人生がワクワクしたものでなければ、あなたが経験から得るものは残念ながらほとんどありません。
 
得るものがほとんどない経験をするよりも、得るものがたくさんある人生を経験した方が、多くの満足感を得ることができ、魂はどんどん成長するでしょう。
 
あなたは多くのものを得る運命があります。
 
「謙虚さ」と「否定」を混同しないように気を付けましょう。
 
あなたが「必要だ」と思うものを諦める必要は全くありませんよ。
 

十二指腸炎になる場合のスピリチュアルな意味

十二指腸炎になる時は、「自分を甘やかさないことを意識しすぎている」というスピリチュアルな意味があります。
 
少し自分自身に厳しく生きているのではないでしょうか?
 
あなたの志は立派なものです。
 
自分が守りたいものを「守り通したい」とか、自分の決意を「貫き通したい」という思いが強いのでしょう。
 
あなたがそうしたいのであれば、もちろんそうするべきです。
 
ですが、あなた自身に「優しさ」を与えること、つまり、あなた自身を愛することを忘れてはいけません。
 
あなたがあなた自身をケアすることが間に合っていなければ、何かを守ることも、何かを達成することもできません。
 
リラックスしてみましょう。
 
そして、与えられているモノを、素直に受け入れる姿勢を取ってください。
 
私たちが常にご飯を食べるように、私たちは常に何かを受けとらなければ、前へ進む力は得られません。
 
あなたの周りにある、「あなたに与えられたもの」を、食べ嫌いせずに、一度受け取ってみましょう。
 
そして、受け取ったものの活用法を考えるのです。
 
役に立たなそうな状況やモノを、どうやったら自分の為に活用できるのかを考えてみるのです。
 
例えば、「両親と一緒に生活をしなければいけないこと」にストレスを抱えているのだとしたら、「両親と一緒に住むことで、どんなラッキーなことがあるだろう」と考えてみるといった具合です。
 
このように、今与えられているモノを「使える」ことに気がつくことで、あなたは支えられていることに気がつくでしょう。
 
そして、それらのあなたを支えているものに頼っていいのです。
 
与えられたものを受け取るとはこういうことです。
 
1人で何でもやれるという心の強さに合わせて、与えられたものはありがたく受け入れることをすれば、人生は驚くほど切り開かれていきますよ。
 

関連記事

  1. 心臓の病気と頻拍のスピリチュアルな意味

  2. 恐れや不安を感じる時と、全般性不安障害のスピリチュアルな意味 

  3. 肝硬変のスピリチュアルな意味

  4. 腎臓がん、すい臓がん、膀胱がん、皮膚がんのスピリチュアルな意味

  5. 喘息になるスピリチュアルな意味

  6. 頻尿や夜尿症などの尿に問題がある時のスピリチュアルな意味

  7. うつ病のスピリチュアルな意味

  8. 肺がん、食道がん、胃がん、大腸がん、肝臓がんのスピリチュアルな意味

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: Content is protected !!