ニキビやできものが顔や体にできるスピリチュアルな深層の意味とは?

ニキビやできものが顔や体にできるスピリチュアルな深層の意味とは?

 体の皮膚のどこかに吹き出物などのできものが出来ると、生活習慣が原因と言われたり、不清潔にしたことやストレスが原因と言われますが、深層にはスピリチュアルな原因があります。体の部位別に解説します。
 
スポンサーリンク

顔にできるニキビ、吹き出物、できもののスピリチュアルな意味

皮膚にニキビなどのできものができるのは、全て「人格」に関係しています。だから、人格形成がさかんに行われる思春期には、ニキビなどのできものができやすいのです。
 
もちろん、思春期を過ぎても人格は修正され続けていくので、大人になってもできものができることはあり、やはり「人格」と深く関係しています。
 
顔にできものができる場合、スピリチュアルな意味は「自分自身をさらけ出すことと、人によく思われる自分を演じることの葛藤が深層で起こっている」ということです。
 
本当は、したいことがある。だけど、周りの人の反応が気になる。という時に、「素直に自分を表現すること」と、「人に嫌われないように行動すること」のどちらを選択するべきか、悩んでいることがほとんどです。

顎にできるニキビ、吹き出物、できもののスピリチュアルな意味

顎にできものができる場合、スピリチュアルなメッセージは「人に好かれるように行動を取ることに一生懸命になりすぎて、本当の自分を抑え込むことに限界が来ています」です。
 
人に嫌われるのを恐れるあまり、自分らしくいることができないでいるようです。
 
自分を重度に抑制していたり、長い間にわたって自分自身を抑制している為に、本来の自分自身を抑え込むことに限界がきています。

鼻にできるニキビ、吹き出物、できもののスピリチュアルな意味

鼻の頭や鼻の下にできものができるスピリチュアルな意味は、何らかの辛い出来事を体験したくないと深層で感じているということです。
 
何らかの出来事に対して恥じる気持ちがあり、自分自身の思い通りにしたいけれど、自分ではコントロールすることができないので、苛立ちを感じているようです。
 
その為に、「今」という時間を心から楽しめないでいます。
 
自分自身が思うように、素直に行動を起こしてしまえば楽になるのですが、自分の自由な行動を制御する考えを持っている為に動けなくなり、「もうこんな状態でいるのは嫌だ」と逃げ出してしまいたいという思いが深層にあります。
 

頬にできるニキビ、吹き出物、できもののスピリチュアルな意味

頬にできものができる場合は「身近にいる誰かに嫌われることを極端に恐れている(恥じている)」というスピリチュアルな意味があります。
 
「その人からの愛を失うくらいなら、自分はどうなってもいい」というような、自分自身を大切にしない思いが深層にあるようです。
 
その人を自分が所有していることが、もしくはその人がずっと自分を好きでいることが最も優先されるべきことであると考えており、異常に執着してしまっているのです。
 
現実的には、私たち人間には出会いと別れがあり、最終的に自分にとって必要な人が周りに残ることになるので、去る者を追う必要はないのですが、人に去られることに痛みを感じてしまうのが私たち人間の性です。
 
その痛みから逃れる為に、身近な人をずっと身の回りに置いておきたいと執着してしまうのです。
 
このように、人に対する執着心が強すぎて、自分を大切にすることよりも上回ってしまう時、頬にできものが現れます。

口周りにできるニキビ、吹き出物、できもののスピリチュアルな意味

口の周りにできものができるスピリチュアルな意味とは、新しいことを受け入れることができずにいたり、言いたいことが恥ずかしくて言えないでいるということです。
 
例えば、
  • 新しい環境に馴染めない
  • 新しく出会った人と仲良くなれない
  • 誰かから聞いた新しい考え方を受け入れられない
など、周りで起こっていることを自分の人格形成とどう交えていいのかすんなり行動を起こすことができず、恥ずかしさすら感じているようです。
 
また自分自身を表現する面でも、自分の中にはっきりとした思いや考えがあるのに、人にどう思われるかが気になって、なかなか言い出せないでいる時にも口周りにできものができます。
 

背中にできるニキビ、吹き出物、できもののスピリチュアルな意味

背中にできものができるスピリチュアルな原因は、「自分の人格を形成している主要な部分の改善の試みの為に葛藤が起こっている」からです。
 
人格というものは、「自分はこのように考える。自分はこのように行動する」といったような「自分は何者か」というアイデンティティです。
 
通常私たちは、頭にある考えを基に、自分の行動や性格を決定します。
 
例えば、「ここにグラスのコップを置くと落としそうだから置かないでおこう」とか「人と喧嘩をすると気分が悪くなるから、喧嘩はしないようにしよう」などと、何らかの考えがあって、その考えを基に行動を起こします。
 
これらの集大成が「人格」です。
 
背中にできものができる時は、この人格を変えるような、考え方の変更を試みています。
 
「新しい考え方を受け入れてみたいけれど、その結果自分は安全なのか?」「新しく出会った新しいタイプの人と仲良くなりたいけど、今までの友達を失くすのではないだろうか。それは結果的にいいことか?」などのように、自分の人格を変える可能性のある事柄に対して、自分がどちらを選ぶべきか、葛藤が起こっているようです。
 
スポンサーリンク

首にできるニキビ、吹き出物、できもののスピリチュアルな意味

首にできものができる場合は「自分自身を表現することに頑固さが出ています」というスピリチュアルメッセージが送られています。
 
自分が本来したいと思う行動があるにも関わらず、「これは絶対するべきではない」などと強く抑制しているのです。
 
しかし、やっぱり体験してみたいという心の声も強くなっているので、強い心の思いと、強い抑制の力との葛藤が起こっているのです。
 
その両極端の強い思いの為に、柔軟に対応することができなくなっています。つまり、頑固さゆえに、状況を展開することができなくなっているのです。
 

ニキビ、吹き出物、できものを改善する方法

皮膚にできたできものを改善するには、人にどう思われるかを気にしないようにすることが大事です。
 
人にどう思われるかが気になったり、人に嫌われたくないという思いが原因で、自分自身を素直に表現することをためらってしまうのです。
 
その為に、自分自身を押し殺し、深層にある怒りができものとなって現れてくるのです。
 
人にどう思われようと、気にする必要はありません。あなたが見栄を張らず、カッコつけずに素直にありのままに行動していれば、大抵の人はあなたを愛してくれるはずです。
 
自分自身を自由にするのです。
 
私たちが心の声に従って自由に行動した結果、素敵で個性的な人格が出来上がるのです。
 
人の意見を気にしてしまう原因は、過去に起こった「自分を傷つける出来事」が原因です。
 
その傷を癒すことが大切です。心の傷を癒すことができれば、人が自分をどう思うかなどさほど気にならなくなり、自由に動き回ることができるようになります。
 
自分が本当にしたいと思うことを自信を持ってすることができるようになれば、葛藤もなくなり、できものもなくなるでしょう。
 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。