インフルエンザのスピリチュアルな意味|かからない理由や子供がかかる意味も

インフルエンザのスピリチュアルな意味を解説します。また、インフルエンザにかからないスピリチュアルな意味や、子供がインフルエンザにかかるスピリチュアルな意味についてもお話します。

インフルエンザにかかる時のスピリチュアルな意味

インフルエンザにかかる時のスピリチュアルな意味は、「周りに影響されている」ということです社会の常識や、大手メディアによって流されている情報を信じるあまり、自分の心からの欲求を表現することができないでいるようです。

例えば、自分が言いたいことを言えないでいたり、自分が本当にやりたいと思うことを素直にできないでいるという可能性もあります。

人を思いやる気持ちが強いという長所がある反面、自分を犠牲にしやすい性格なのではないでしょうか?

あなたがインフルエンザにかかってしまったのであれば、あなたは「人に合わせること」を止める必要があります。

例えば、私たちは学生の頃に、人と同じ制服を着て、目立つことをしてはいけないと教えられるような背景で育てられてきた為、個性を自由に表現することが、海外の人に比べて苦手です。

しかし、真実は、私たちは1人1人が異なり、人と同じように行動を起こしたり、人と同じ考え方をいつもすることは不可能なのです。

そして、人をまとめる側の人間は、扱いやすさを失うかもしれませんが、本当は、私たちはそれぞれの個性を発揮するべきなのです。

あなたがインフルエンザにかかる理由は、こうした社会背景の中で、あなたの個性を尊重しない生き方に慣れてしまっているからです。

インフルエンザにかかったあなたは、人に流されない強さを取り戻すことが大切です。

周りの人が言うことに従う前に、「あなたはどう思い、どうしたいのか」を見極めてから行動を起こすようにしましょう。

社会を変えていくのは、あなたかもしれませんよ。

インフルエンザにかからないスピリチュアルな意味


インフルエンザにかからないスピリチュアルな意味は、「自分をしっかり持っている」ということです。

世間や社会のクリエイトしている「常識」に囚われていなかったり、考え方に自由があったり、服や食べ物など、流行りに流されずに、自分らしくあることができているということです。

心を強く持っているということなのでしょう。

あなたは何を目指し、何を大切にするかが体感として分かっているようです。

社会の中で生きていると、レッテルを貼られたり、行動をしにくいこともあるかと思いますが、そのままあなたの個性を大切に生きましょう。

天と地がひっくり返るのはもうすぐかもしれません。

その時に、あなたのように周りに影響されない人がいないと大変なことになるでしょう。

あなたは勇敢な勇者であることを自覚して、人生を楽しんでいきましょう。

子供のインフルエンザのスピリチュアルな意味

子供がインフルエンザにかかる場合、「周りに自分を合わせることを頑張っている」というスピリチュアルな意味があります。

学校や幼稚園などの子供が集まる場所で、子供はよく風邪やインフルエンザをもらってくることがありますよね。

これは、科学的に見れば、菌(ウィルス)が伝染するからだと表現することができるでしょうが、なぜ菌が伝染するのかというと、菌をもらう人が、菌が入り込む空間を用意しているからなのです。

もちろん、これは無意識のうちに行われるので、「私ウィルスをもらう準備できているんだ~」なんて感じる人はいないでしょうが、菌やウィルスが私たちに入り込むということは、私たちにウィルスが入り込むことを、私たちが許しているからなのです。

これは、現実で具体的に何が起こっているのかというと、「人と自分をすり合わせること」が起こっています。

つまり、人の考えを受け入れたり、人の行動や発言を真似してみたり、「人を経験する」ということに意識が向いているのです。

子供はよく友達などからインフルエンザをもらってくることがありますが、それは、その子が、「周りの子が体験していることを体験してみよう」という好奇心が深層にあるからなのです。

単純に、子供は見て経験したことを真似しますよね。

例えば、学校に行っている子供がある日、聞き慣れないような言葉を発し、「どこで覚えてきたの?」というようなことがありますよね。

子供は自分の人格というものを形成することに勤しんでいます。

その為に、どのような可能性が自分にはあり、どんな自分になりたいのかということに無意識に興味が向いています。

その人格形成の段階で有意義な経験は、人が体験していることを自分も経験してみることです。

良いか悪いか、好きなのか嫌いなのかを理解する為に、周りから得た情報を自分に取り入れるのです。

子供の頃は、このような習性がある為、「自分以外の物を取り入れる準備」が無意識にできていることがあります。

こういった理由で、インフルエンザのウィルスは、「自分以外の物」として子供に入り込める訳です。

子供がそれを受け入れる態勢になっているからです。

インフルエンザにかかりやすい子供がいる場合は、人に流されやすい傾向があります。

人から学ぶことも大事ですが、自分というものを自覚して大事にすることが最も大切であるということを理解する必要があるでしょう。

インフルエンザにかかりやすい子があなたの周りにいるとしたら、その子の個性を褒めることをたくさんしてあげましょう。

人に興味を持つ根本的な理由は、子供時代は、「自分の個性を知りたいから」です。

自分の個性を理解している子は、人の経験をなんでも真似してみたいということも少なくなります。

自分の個性を褒められた子供は、自分の個性に自信を持ち、自分を誰かに委ねることをあまり許さないようになり、インフルエンザにもかかりにくくなるでしょう。

インフルエンザに一度もかかったことがない人もこの世にはいます。

「インフルエンザにはどうしてもかかるもの」という固定概念は必要ないのかもしれません。

関連記事

  1.  咳と痰のスピリチュアルな意味|あばらが痛む意味についても

  2. 偏頭痛・頭痛のスピリチュアル的な意味とメッセージ|痛む場所別に解説

  3. 副鼻腔炎・蓄膿症のスピリチュアルな意味

  4. 首・胸・耳たぶにしこりができるスピリチュアルな意味

  5. 歯茎の腫れ・歯周病・歯肉炎・歯槽膿漏のスピリチュアルな意味

  6. 便秘のスピリチュアルな意味|お腹の張りの意味についても

  7. 喉が渇くスピリチュアルな意味

  8. 扁桃腺炎・扁桃肥大のスピリチュアルな意味

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

error: Content is protected !!