インフルエンザ(ウィルス性の病気)にかかる時のスピリチュアルな意味

インフルエンザ(ウィルス性の病気)にかかる時のスピリチュアルな意味

インフルエンザにかかる原因や、ウィルス性の病気にかかる時、どんなスピリチュアルな意味があるのかを解説します。インフルエンザにかかりやすい人の特徴もご紹介します。

スポンサーリンク

インフルエンザにかかる時のスピリチュアルな意味

インフルエンザにかかる時のスピリチュアルな意味は、自分の心からの欲求を表現することができないでいるということです。

例えば、自分が言いたいことが言えないでいたり、自分が本当にやりたいと思うことを素直にできないでいるようです。

人を思いやる気持ちが強いという長所がある反面、自分を犠牲にしやすい性格であると言えるでしょう。

インフルエンザにかかる人の傾向

インフルエンザにかかりやすい人もいれば、一生のうち1度もかかったことがない人もいるというのが事実としてあります。

インフルエンザにかかりやすい人の特徴は、以下のようなものが挙げられます。

  • 人にどう思われるかを気にしやすい
  • 自分の考えや行っていることに自信が持てない
  • 人が自分を理解してくれることはほとんどないという思いがある
  • 人と自分との間の境界線をしっかり持っている
  • 人との間に問題があると、話し合いをするよりもその人を避ける方が楽
  • リーダー性はあまりなく、人についていく方が居心地が良い
  • 人に本音をあまり言うことがない
  • 恥ずかしがり屋(照れ屋)なところがある
  • 謙遜する気持ちが強く、礼儀をわきまえている
  • 仲良くなりたいと思える人はそんなに多くない
  • 自分は誰か(何か)の犠牲になっている
スポンサーリンク

ウィルスが感染するスピリチュアルな意味

ウィルスとは、とても小さな非細胞性の生物であり、生きた細胞の中に入ることで増殖することができます。

ウィルスに感染するスピリチュアルな意味は、自分自身を見失っているということです。

私たち人間は、自分自身をしっかりと持ち、また自分自身を100%表現して生きるように生まれてきており、これがもっとも健康な状態です。

ですが、時に私たちは何かに傷つき、自分自身への自信をなくし、その上自分自身を見失ってしまうことがあります。

自分自身を見失うと、自分の細胞全てを操縦することができません。

このように操縦士が不在になった細胞の部分にウィルスが侵入し、コントロールするようになるのです。

 

私たちが部分的な細胞のコントロール力をなくすのは、何かに対して恨みや憎しみを持っていることがほとんどの原因です。

ウィルスから、自分の細胞のコントロール権を取り戻す為には、恨んでいる相手や環境を許す必要があります。

 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です