喫煙のスピリチュアルな意味と禁煙を成功させる方法

喫煙する(タバコを吸う)スピリチュアルな意味とスピリチュアルな観点からの「禁煙を成功させる方法」について解説します。

喫煙する(タバコを吸う)時のスピリチュアルな意味

タバコを吸うスピリチュアルな意味は、「自分を取り戻したいという思いがある」ということです。

タバコを吸う時というのは、ストレスを感じている時であるとよく言われています。

そして実際に、タバコを吸う時というのは、疲れた時や、仕事の合間など、一呼吸を置きたい時であることがほとんどでしょう。

また、タバコを日常的に吸うということは、普段の呼吸が乱れているということです。

何かを不安に思ったり、何かに恐れを感じていることが原因で、リラックスした健康的な呼吸ができていないのです。

その為に、空気をゆっくりと落ち着いて吸う呼吸をしようと、物質的なタバコに頼って呼吸を整えようとしていると言えます。

「物質的なタバコに頼って」というのは、本来タバコが無くても十分にリラックスして呼吸ができる空気がどこにでもあるのに、タバコを手に持たないと呼吸を意識することができないということです。

タバコを吸うという行為をすることで、呼吸を整え、自分を取り戻そうとしているわけです。

本来タバコはスピリチュアルなもの


こんな話をすると、「じゃあタバコは止めなくていいんだ!」とぬか喜びさせてしまいそうですが、ここでは少し、タバコは本来悪い物ではないというお話をしましょう。

ある地方の種族は、タバコをとても神聖なものとして扱っていると聞いたことがあります。

「タバコは悪い物」と認識している私たちの多くは、「なぜタバコが神聖なものなんだ?」と疑問に思いませんか?

結論から言うと、タバコを吸うと、スピリチュアルな世界へ行くことができます。

この表現は、簡単に説明する為に、かみ砕き過ぎているので、もう少し詳しくお話しますね。

タバコを吸うということは、タバコという物質を燃やして、煙を吸うということですね。

そして、タバコの残骸として灰が残ります。

物を燃やすという行為は、魂(スピリット)と物質を完全に切り離すという働きがあると考えられます。

火で物体を燃やすことで、魂の部分が煙として立ち上がり、物質的な部分が灰として残るのです。

だから、私たちは亡くなった人を火葬しているのでしょう。

物を燃やした時に出る「煙」を吸うことで、私たちのマインドは、スピリチュアルな世界に近づく、もしくは踏み込むと言われています。

スピリチュアルな世界とは、物質世界ではない、魂の世界のことです。

魂の世界(スピリチュアルな世界)とは、夜寝ている時に見る夢のような世界と思って下さい。

私たち全ての人間は、肉体的に見て触れることができる体と、見て触れることができない魂を持っています。

つまり、物を燃やした時の煙を吸うことで、魂に意識が行くということです。

タバコを吸うと、「ふわっ」とした感じがしたり、考えていたことが一瞬とぎれるような感覚がしませんか?

これが、一瞬魂に意識が行っている瞬間です。

このように、タバコは意識を魂の世界へ導く効果があるのです。

タバコを辞める必要はないのか?

タバコがスピリチュアルなものであるという話を聞くと、「では喫煙はいいことなのか?」という疑問が湧くかと思います。

私の個人的な考えとしては、タバコを止めることが出来る方は、タバコを止めた方がいいでしょう。

なぜなら、私たちは皆、本来タバコに頼らなくても、自分の呼吸を整え、魂の世界を垣間見ることが可能なように創られているからです。

タバコに頼ってしまうと、人間としていつまでも自立できないということになります。

タバコを止めることが辛い方は、今は無理に止めようとしなくてもいいと、個人的には思います。

ですが、タバコがなくてもリラックスして呼吸ができるようにストレスを解消していくことは大事だと思います。

ストレスを抱えることがなくなれば、タバコを吸わなくてもリラックスできるようになるからです。

禁煙を成功させる方法

禁煙を成功させるには、タバコに頼らずにリラックスして呼吸ができるようになる必要があります。

タバコに頼らないとリラックスした呼吸ができない理由は、簡単に言えばストレスです。

自分自身の心の欲求を満たしていなかったり、過去に負った心の傷が原因で、深層に恐れや、怒り、悲しみの感情を抱えていると、ストレスを感じています。

それらのネガティブな感情を心にしまっていることが原因で、日常的にリラックスすることが出来ず、呼吸が乱れているのです。

つまり、タバコなしでリラックスした呼吸ができるようになる為には、心の傷を癒し、自分らしく生きることが必要です。

自分らしく生きることができれば、人生は楽しく喜びに満ちたものになります。

そうなれば、タバコに頼らなくても、魂の世界を垣間見ることができるようになります。

ちなみに、「魂の世界を垣間見ることができる」というのは、ひらめきやアイディアが湧いたり、直観力や勘が冴えたりするということです。

もちろん、それ以上を望む人は、魂の世界を見る能力が強くなれば、透視や予知能力などの力を成長させることもできます。

いずれにしても、禁煙を成功させるには、まず、心の傷を癒し、幸せになることです。

でなければ、無理やり禁煙を成功させたとしても、お酒やその他の何かにまた依存をするようになるでしょう。

今は禁煙できない方が最低限するべきこと先にも述べた様に、今は禁煙をすることが辛いという方は、無理に強制しなくてもいいと私は思います。

なぜなら、根本的な原因となっている心の傷が治るまでは、禁煙をすることは大変なことですし、禁煙をしようと無理をすることがまた新たなストレスを産んでしまうからです。

ただ、喫煙が理由で肺の病気になるなどということが起こっているのも事実ですので、私は喫煙を勧めているわけではありません。

実際にタバコは四六時中吸うものでは本来ありません。

何事も、やりすぎは体によくありません。

しかし、今はまだ禁煙ができなくても、体の健康の為に1つできることがあります。

それは、「タバコは悪いものである」という固定観念を取り払うことです。

「タバコは体に悪いものである」という固定観念は体にダメージを与えていると言ったら驚くでしょうか?

これもまた、証明するのはとても難しいことなのですが、私たちの現実は、「自分が思ったようになる」という原則があります。

つまり、「これを食べると元気になる」と思えば、元気になりますし、「これを食べれば具合が悪くなる」と思えば、本当に具合が悪くなるのです。

それだけ、私たちのマインドはパワフルなのです。

だから、「タバコは体に悪い」という観念と信念を、失くすように努力してみて下さい。

タバコを吸う時は、「ちょっと自然の力を借りてストレスから解き放たれよう」などと思いながら吸うといいでしょう。

そして、リラックスして呼吸をすることができたと感じたならば、吸う本数や回数をだんだん減らしていってみましょう。

そして、「自分はタバコがなくてもリラックスして呼吸ができるようになる」と自分に言い聞かせるのです。

繰り返し念じれば、それだけそのマインドが実現する可能性は高くなります。

そして、いつか「タバコを止めたい」と思うことができた時に、具体的に禁煙の行動を取っていけばいいのではないかと、私は思います。

関連記事

  1. 乱視、近視、遠視のスピリチュアルな意味

  2. 頭皮や顔、目や鼻などの頭部にかゆみがある時のスピリチュアルな意味

  3. インフルエンザ(ウィルス性の病気)にかかる時のスピリチュアルな意味

  4. 下痢になるスピリチュアルな意味

  5. 喉が渇くスピリチュアルな意味

  6. 便秘のスピリチュアルな意味。お腹の張りと臭いおならが出る場合の意味

  7. 口内炎(口唇炎)と口唇ヘルペスのスピリチュアルな意味

  8. 【部位別】坐骨神経痛などの各部神経痛のスピリチュアルな意味

コメント

    • TAKEBOT
    • 2019年 1月 28日

    感銘を受けました
    とても素晴らしい記事です

      • Indigo AQUA
      • 2019年 1月 30日

      ブログ記事をご覧頂き、どうもありがとうございます。

      これからもどうぞよろしくお願い致します。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

error: Content is protected !!