風邪をひくスピリチュアルな意味とは?人にうつされた時の意味とは?

風邪をひくスピリチュアルな意味とは?人にうつされた時の意味とは?

 風邪をひいてしまう原因は、自ら風邪をひく場合と、人にうつされる場合とがありますが、それぞれのスピリチュアルな意味と、風邪が長引く時のスピリチュアルな意味を解説します。 
 
スポンサーリンク

風邪をひく時のスピリチュアルな意味

風邪をひくスピリチュアルな意味は、心労が限界に達しているということです。
 
働きすぎて体が非常に疲れていたり、人間関係がうまくいかないことに心身共に疲れ切っているようです。仕事や恋愛においてのストレスが限界に達しているとも言えるでしょう。
 
体を酷使したり、心配事に頭を悩ませたり、身の回りで起こった出来事にひどく傷ついていたりするようです。
 
心身共にクタクタになってしまい、気力が低下しているので、どこから手を付けていいのか分からず、一旦行動を止めて、全てを休まなければ物事は簡単には解決しないかもしれません。 
 

周りの人から風邪をうつされた場合のスピリチュアルな意味

周りの人の風邪がうつって自分が風邪をひいてしまった場合は、自分を守る力が、肉体的にも精神的にも非常に弱まっていると言えます。
 
実際には自分とは関係がないことなのに、周りの人が怒っている対象について一緒に怒ってしまったり、周りの人がひどく悲しんでいる雰囲気に引き込まれて落ち込んでしまったりしていませんか?
 
そして、何がなんだかよく分からないけれど、全体的に絶望感のような重苦しい空気が流れているのです。
 
人生においての大半の部分に希望が持てず、周りの人の不幸を分かち合っているような、心身共に疲れている時に、風邪をうつされてしまうのです。 
 
スポンサーリンク

風邪が長引く時のスピリチュアルな意味

風邪が長引き、なかなか治らない場合は、物事の解決策が見つけられずにいるようです。
 
無意識のうちに、「風邪が治っても、問題は解決しない」と思い込んでいることがほとんどで、身の回りに起こった、仕事上の問題や恋愛の問題、家族間での問題などに解決の兆しが見えず、「この問題が永遠に続くのではないか」ととても弱気になっているかもしれません。
 
その悩みの種となっている事柄に常に心を痛めている為に、風邪を治す為の十分な休息が取れずにいるのです。
 
風邪を治すには、十分な休息が必要不可欠なので、十分な休息を自分自身に与えない限り、風邪は長引いてしまうのです。
 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です