まぶたの痛み・ものもらい・痙攣のスピリチュアルな意味

まぶたの痛み・ものもらい・痙攣のスピリチュアルな意味

まぶたの痛み、右目のものもらい、左目のものもらい、下まぶたのものもらい、まぶたの痙攣のスピリチュアルな意味をそれぞれ解説します。
 
スポンサーリンク

まぶたに痛みがある時のスピリチュアルな意味

まぶたに痛みがある時のスピリチュアルな意味は、「得る情報に満足できていない」というスピリチュアルな意味があります。
 
目は情報を取り入れる一つの大事な器官です。
 
目であらゆるものを見ることによって、様々な情報を受け取ることができます。
 
そして、まぶたは、その目から得る情報をコントロールする役目があります。
 
時には情報を取り入れることを遮ることをし、時には取り入れた情報でネガティブな視点を持ったあなたを癒すことをしたりしています。
 
肉体的にも、心理的にも、まぶたはあなたを外から守る役割があるのですが、私たちには「好奇心」というものがあります。
 
ここでいう好奇心とは、「恐いもの見たさ」というものです。
 
あなたのまぶたに痛みがあるということは、あなたを悪い気分にする何かを見ていた可能性が高いのですが、それらに好奇心が沸いたのでしょう。
 
そして、それらから目を逸らすべき時になっても、「物ごとの真相を理解したい」という強い気持ちの為に、あなたはそれを「見続けた」のでしょう。
 
あなたに透視能力がある場合は別ですが、通常は目に映る物ごとを見ているだけでは、物ごとの真相を見ることは簡単ではありません。
 
取り入れた情報を一旦「消化」することが大切です。
 
あなたの気分を悪くするものから「目を逸らすべき時」というのは、この「情報を処理するべき時」のことです。
 
情報を取り入れ続けるよりも、取り入れた情報に目を向ける時間が大切なのです。
 
まぶたは、こういった「切り替え」の役目をしているのです。
 
あなたのまぶたに痛みがあるとしたら、目を閉じて、あなたの感情や思考を整理することを心がけましょう。
 
あなたが知りたいと思っている全てのことは、あなたの内側にあります。
 
目を閉じて得ることができる情報に注意を払うことが大切です。
 
あなたの中の情報を処理することができれば、次に目を開けて目に映る世界は変わっているはずですよ。
 

右目のものもらいのスピリチュアルな意味

右目にものもらいがあるとしたら、「仕事を推し進める気持ちが強い」というスピリチュアルな意味があります。
 
あなたの仕事、もしくは勉強や、あなたに今ある課題を成し遂げることに情熱を燃やしているようです。
 
求める結果を得たいという気持ちが強いのでしょう。
 
望む結果を得ることに情熱を過剰に注いでいる為、あなた自身を責めているようです。
 
「なぜ思うようにいかない!」「なぜ時間がかかっている!」などのようなあなた自身の能力や今の状況に腹立たしさを感じているようです。
 
右目にものもらいがあるあなたは、あなたの能力やエネルギーをメンテナンスする必要があります。
 
このままでは、熱い情熱があなたを焼き焦がしてしまうからです。
 
深呼吸をしてみて下さい。
 
そして、あなたの夢は逃げていかないことを思い出してください。
 
あなたが願いを早く叶えたいのであれば、あなたを潤す必要があります。
 
あなたの心と体と頭を癒すことを怠らないようにしてください。
 
あなたが潤っていれば、あなたの願いを叶えたい情熱がようやく威力を発揮するでしょう。
 
スポンサーリンク

左目のものもらいのスピリチュアルな意味

左目にものもらいがある時は、「悲しむべきだと思い込んでいる」というスピリチュアルな意味があります。
 
あなたは今の現状に悲しさや辛さがあるようです。
 
そして、幸せになりたいと願うよりは、「私には切なさが相応しい」と深層で思っている可能性があります。
 
その為、少しセンチメンタルな気分に浸っているのかもしれません。
 
あなたの左目にものもらいがあるのだとすれば、あなたは幸せになる為に生まれてきていることを思い出す必要があります。
 
そして、悲しい思いをすることは、格好がいいことではないことに気がつくことが大切です。
 
あなたはもしかすると、「悲しむことを格好がいいだなんて思っていない」と思うかもしれませんが、あなたはきっともともとの魂レベルが高い人なのでしょう、「悲しみ」という感情を、少し楽しみたいという心理があるようです。
 
過去世で経験したことがほとんどない「悲しみ」という感情を楽しむことは、悪いことではありませんが、ほどほどにして、幸せになることを楽しむようになりましょう。
 
急がなくてもいいのですが、悲しみをもう少し経験すれば、きっと嫌でも「幸せになりたい」と、人生の矛先を変えることに結局なると思いますよ。
 

下まぶたのものもらいのスピリチュアルな意味

下まぶたにものもらいができた場合は、「自分を支えることが十分にできていない」というスピリチュアルな意味があります。
 
私たちが自分自身を十分に支えることができない理由は、母からの愛を十分に受け取ることができていないことがほとんどです。
 
母が愛してくれていると理解しつつも、どこか母を敬遠してしまうような節はありませんか?
 
自立心が強いのかもしれません。
 
いずれにしても、下まぶたにものもらいがあるあなたは、あなたを支える為には、母親からの愛も受け入れる必要があります。
 
あなたにもし抵抗感があるのだとしたら、母親の全てを受け入れる必要はありません。
 
「母親が本当はあなたを愛し、支えたいと思ってくれている」ということを知るだけでも十分です。
 
そして、女性的な心遣いをあなたもできるようになりましょう。
 
様々な理論を横において、「ただ無条件に何かを愛する」という女性的な心遣いです。
 
それができれば、あなたはあなた自身をしっかりと支えることができます。
 
あなた自身をしっかり支えることができれば、あなたはもっともっと賢さを手に入れていくでしょう。
 

まぶたがピクピク痙攣する時のスピリチュアルな意味

まぶたが痙攣する時は、「現実を見ることをためらう気持ちがある」というスピリチュアルな意味があります。
 
つまり、「見たいけど見たくない」という心の葛藤があるのでしょう。
 
例え話をすると、「おにぎりを食べようっと!このおにぎりの昆布は特別なものだから、食べるのを先延ばしにしてきたんだよね」と、お気に入りのおにぎりを食べようとしました。
 
ところが、実際、おにぎりがかびているのを目撃しました。
 
楽しみにしていたおにぎり→好き→でも今はかびている・・・→そんな事実は認めたくない→もう一度おにぎりを見てみよう→やっぱりかびている→見たくない→でも諦められない→もう一回見るか→いや、もう落ち込みたくない・・・
 
これは極端な例ですが、仕事や恋愛などの、日常生活の中に何かショックな出来事があり、頭が一瞬「フリーズ状態」になってしまっているようです。
 
そして、その現実で起きた情報をどう処理していいのか分からず、まぶたに痙攣が起こるのです。
 
あなたのまぶたがけいれんしているのだとすれば、あなたの人生に起こる全ての出来事は、あなたが幸せになる為に必要な「サイン」だと知る必要があります。
 
例え嫌な思いをすることになったとしても、それは「変化」の合図なのです。
 
スピリチュアリティを勉強すると、このような事実が分かるようになりますが、まぶたが痙攣するあなたは、サインを見ることを恐れないで下さい。
 
そして、サインの意味をポジティブにとらえるように心がけましょう。
 
あなたが人生に現れるサインの意味を読み取ることができれば、結果全て良しとなりますから。
 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です