喘息になるスピリチュアルな意味|子供の生まれつきの喘息についても

大人になってから発症する喘息のスピリチュアルな意味と、子供の頃からの生まれつきの喘息のスピリチュアルな意味をそれぞれ解説します。

大人になってから喘息を患うスピリチュアルな意味

大人になってから喘息が発症した場合は、「社会(世界)の在り方に心を痛めている」というスピリチュアルな意味があります。

あなたが大人になってから喘息を持つようになったのであれば、悲しいことをたくさん見てきたのでしょう。

悲しいこととは、大切な人が傷ついている姿を見たり、生きづらい厳しい状況を体験したり、道理に合わない社会の形態であったかもしれません。

喘息を患うあなたは、本当は怒っているのかもしれません。

いずれにしても、大人になってから喘息を患うようになったのであれば、子供の頃にように、ワクワクドキドキしながら人生を楽しむことが大切です。

くだらない小さなことを大笑いできるような「暇な時間」を作って下さい。

そうして笑うことが増えるたびに、生きることが楽しくなっていきますから。

あなたの人生、楽しむも苦しむもあなた次第なのですよ。

子供の頃からの生まれつきの喘息のスピリチュアルな意味


生まれつきの喘息を持っている場合は「生まれてきたことを喜んでいない」というスピリチュアルな意味があります。

もしかすると、母親のおなかの中にいる胎児の時に、母親の抱く悲しい気持ちをたくさん経験したのかもしれません。

ポジティブな気持ちを感じることが当たり前になる前に、ネガティブな気持ちをたくさん経験してしまったので、何事に対しても、潜在的に恐れの気持ちが強く、自分がその恐れの対象にかなうわけがないという信念を持っているようです。

その為、消極的な性格であったり、控えめな性格であることが多いようです。

生まれつき喘息を持っている子がいる場合は、当人の周りの人がたくさん幸せを感じることが大切です。

例えば、お母さんやおじいちゃんなど、普段その子と接する大人が、生きる喜びを見せてあげる必要があるのです。

生きる喜びを伝える方法は、「生きることは幸せなことなんだよ」と教えるのではなく、実際に人生を楽しんでいるところを見せることです。

そうすれば、「今生きている世界は怖いところではない」ということが分かるようになるでしょう。

今生きている世界を否定の目で見ることがなくなれば、その子の能力はどんどん伸びていくでしょう。

関連記事

  1. 膀胱炎などの尿路感染症のスピリチュアルな意味|腎盂腎炎・尿管炎・尿道炎…

  2. 線維筋痛症のスピリチュアルな意味

  3. 子宮筋腫のスピリチュアルな意味|子宮内膜症やおりもの等のトラブルの意味…

  4. 橋本病(慢性甲状腺炎)のスピリチュアルな意味

  5. がんのスピリチュアルな意味|肺・食道・胃・大腸・肝臓がんの意味

  6. 肝臓が悪い・痛い時や疲れている時と肝炎のスピリチュアルな意味

  7. がんのスピリチュアルな意味|乳がん・子宮体がん・子宮頸がん・卵巣がんの…

  8. 肺炎・肺気腫・肺塞栓症などの肺の病気のスピリチュアルな意味

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

error: Content is protected !!