【体の部位別】火傷を負うスピリチュアルな意味

【体の部位別】火傷を負うスピリチュアルな意味

火傷を負うスピリチュアルな意味を、顔、首、肩、左腕、右腕、左手首、右手首、左手、右手、左足、右足にそれぞれ分けて解説します。
 
スポンサーリンク

顔に火傷ができた時のスピリチュアルな意味

顔にやけどを負うスピリチュアルな意味は、「自分というアイデンティティに関して不満がある」ということです。
 
例えば、自分の能力に不満があったり、自分の人生や周りからの自分の評価に不満があるようです。
 
今、あなたの周りに、本当のあなたを評価してくれない人がいるのではないでしょうか?
 
もしくは、あなたのやりたいことや、物ごとのやり方、または生き方などを認めてくれない人がいるのではないでしょうか?
 
いずれにしても、あなたが心置きなく自由に生きることができないでいる可能性があります。
 
顔に火傷を負ったあなたは、「自分自身を恥じる必要はない」ということに気がつく必要があります。
 
あなたに無いものに焦点を当てて引け目を感じたり、周りの人と一致しないあなたの興味や行動の仕方に負い目を感じる必要はないのです。
 
代わりに、あなたに有るものに焦点を当てましょう。
 
あなたにある素晴らしい個性に自信を持ってください。
 
あなた自身と周りの人が同じ価値観を持っていなくても構わないということを受け入れることができれば、悪いのはあなたの方だと決めつけることをしなくなるでしょう。
 
そして、あなたのアイデンティティに自信を持てるようになるでしょう。

 

首に火傷ができた時のスピリチュアルな意味

首に火傷を負う場合は、「頑固な自分にいら立っている」というスピリチュアルな意味があります。
 
あなたが首に火傷を負ったとしたならば、あなたの考え方に偏りが出ているようです。
 
あなたの中に、正しいと思う考え方があり、他の考え方や新しい案を受け入れることができないでいるようです。
 
考え方を変えたり、「まぁ、いいか!」と考えることができないあなたは、物ごとを解決することが困難となり、そんな状況にイライラしているのでしょう。
 
首に火傷を負ったあなたは、本当は気がついているはずです。
 
頑固な考えを変えることに少し興味がわいていることを。
 
考え方や物ごとの捉え方を変えても、あなたという人間が崩れる訳ではありません。
 
むしろ、あなたは強く、賢く、楽になっていくのです。
 
何があなたの変化を拒んでいるのかを見つけ出してください。
 
それが分かれば、考え方の変化を恐れることなど何もないことが分かるでしょう。
 
スポンサーリンク

肩に火傷ができた時のスピリチュアルな意味

肩に火傷ができる場合は、「お人好しな自分にいら立っている」というスピリチュアルな意味があります。
 
あなたは、周りの人の役に立つことが基本的に好きなようですが、人の為になることが重荷になっているようです。
 
そこで、「頑張りたい」という気持ちと、「人のためにそこまでする必要があるか」と投げ出したい気持ちの両方があるのでしょう。
 
肩に火傷を負ったあなたは、あなた自身の為に生きることが大切です。
 
あなた自身の為に生きることは、我がままなことではなく、あなた自身を十分に癒して初めて、本当に人の役に立てるということです。
 
あなたが疲れていたり、やりたいことがあるのにそれを先延ばしにしていては、あなたのエネルギーレベルはどんどん低下していきます。
 
今はあなたをいたわる心を大切にして下さい。
 
そうして、エネルギーレベルが上がったら、また人を愛することができるようになりますから。
 

左腕に火傷ができた時のスピリチュアルな意味

左腕にやけどを負った場合は、「人に助けられることを悪いことだと思っている」というスピリチュアルな意味があります。
 
「自分には助けてもらう資格はない」とか、「人に頼るなんて情けない」などと、人から助けられている自分を卑下しているようです。
 
左腕に火傷を負ったあなたは、「私たちは受け取ることと与えることの両方をすることで生きることがうまくいく」ということを理解する必要があります。
 
つまり、受け取ることや助けられることは時に必要なのです。
 
受け取ることに引け目を感じてしまうあなたは、与えることを多くしてみましょう。
 
小さなことでも構いません。
 
何でもいいので、人の笑顔が見れることをたくさんしてみて下さい。
 
それができるようになれば、人から受け取ることを否定することなく、感謝の気持ちで受け取ることができるようになるでしょう。
 

右腕に火傷を負うスピリチュアルな意味

右腕にやけどを負う場合は、「人を助けたくないと思っている」というスピリチュアルな意味があります。
 
あなたは本当は人を思いやることができるとても優しい心の持ち主なのですが、右腕に火傷を負った時は、人を助けることをしたくないと思っていたようです。
 
「人に頼ってばかりでズルい」という考えが深層にあるか、もしくは、「人を助けている場合ではない」という思いが深層にあるのでしょう。
 
右腕に火傷を負ったあなたは、今は、人を助けようとすることを一旦止める必要があります。
 
なぜなら、今のあなたには、「その人のために」と思ってした行動が、実はその人の為になっていないという可能性があるからです。
 
今のあなたは、あなた自身の為に何かをすることが大切です。
 
あなたが今心から望んでいることは何ですか?
 
あなたの心が喜ぶことを何かしてみましょう。
 
できればたくさんしてみましょう。
 
そうすれば、あなたは人に利益をもたらすことに喜びを感じることができるように自然となるでしょう。
 

左手首に火傷を負うスピリチュアルな意味

左手首に火傷を負った場合は、「自分の価値を低く評価している」というスピリチュアルな意味があります。
 
言い換えると、「自分は良い思いをしてはいけない」と信じているようです。
 
「私には○○は許されていない」「私は○○してはいけない」「私は○○を受け取ってはいけない」「私は孤独であるべきだ」「私は辛い体験をするべきだ」などのように、幸せとは言えないことを経験しなければいけないという思い込みがあるようです。
 
左手首を火傷したあなたは、「あなたは何を望んでもいい」ということを思い出す必要があります。
 
あなたが心から望むのであれば、不可能なことはありませんし、あなたは望むもの全てを手に入れていいのです。
 
人間として生きることは、悪いことではないのですよ。
 
今あなたが人間として生きているのは、あなたがこのチャンスを掴んだからです。
 
せっかく手に入れたこのチャンスを、思う存分活用しなくては損です。
 
あなたが望む全てのことを可能にしていきましょう。
 
あなたは本当には何を望んでいるのですか?
 

右手首を火傷するスピリチュアルな意味

右手首を火傷した場合は、「やるべきでないことをやっている」というスピリチュアルな意味があります。
 
やるべきでないこととは、あなたが本当にはやりたくないことです。
 
もしかすると、あなたは誰かに無理やり何かをさせられているのかもしれませんし、あなたの「しなければいけないという思い込み」がそうさせているのかもしれません。
 
いずれにしても、右手首を火傷したあなたは、あなたがやりたいことだけをやる必要があります。
 
この世界には、「やらなければいけないことがたくさんある」と思われがちですが、実は、やらなければいけないことなんてないのです。
 
あなたはやりたいことだけをやればいいのです。
 
あなたにもしも、やらなければいけないことがあるとしたら、それは、あなたの中に「こうなったら嫌だな」という恐れがあるからです。
 
恐れや不安から解放されれば、やりたいことだけをすることができる人生に変わるでしょう。
 
やりたいことだけをすることができる人生は、あなたを高みへと連れていきますよ。
 

左手に火傷ができた時のスピリチュアルな意味

左手に火傷ができた時は、「自分に厳しすぎる」というスピリチュアルな意味があります。
 
甘えを許さない強い志しがあるのではないでしょうか?
 
有言実行という生き方を心がけているのかもしれません。
 
左手に火傷を負う場合は、あなたが「何かをする立場」ではなく、「何かをされる立場」に慣れる必要があります。
 
受け身の姿勢で生きることを心がけることが大切なのです。
 
何故かというと、あなたには既に行動力があります。
 
今あなたに必要なのは、行動を起こす原因となる、直観力や、アイディアのひらめきを読み取る力を育てることだからです。
 
直観力が鍛えられれば、既に行動力のあるあなたは、今よりも高い成果を、何事にも発揮することができるようになるでしょう。
 

右手に火傷ができた時のスピリチュアルな意味

右手に火傷を負うスピリチュアルな意味は、「能力を発揮することをためらっている」ということです。
 
あなたには、優秀な能力があり、あなたがその気になれば、人や環境を変えることができるようです。
 
しかし、あなたはその能力を使うことをためらっているようです。
 
余計なことをしたくない、何もしたくないという思いがあるのかもしれません。
 
このような思いがあるのは、人の成長を応援する気持ちがあったり、自分を守りたいという気持ちが深層にあるからでしょう。
 
右手に火傷を負ったあなたは、あなたの能力や特性を「宝の持ち腐れ」する必要はないことを知ることが大切です。
 
あなたが持っているものは、全て使い、全て与えることが大切なのです。
 
あなたが持っている能力は、使わなければ、成長しないのです。
 
小さなことでも、大きなことでも、あなた自身を表に出していきましょう。
 
あなた自身を表に出すことができるようになれば、あなたは今よりも多くのものを得ることができるようになりますよ。
 
あなたが多くを得る為に、多くを与えることを始めましょう。
 

左足に火傷を負う場合のスピリチュアルな意味

左足にやけどを負う時は、「自分を汚すことを恐れている」というスピリチュアルな意味があります。
 
良いことだけを取り入れ、良いものだけを経験したいと考えているようです。
 
例えば、体に良いものだけを取り入れたいというこだわりがあったり、自分が認めている人に認められたい、または、自分が得をすることだけをしたいといった思いがあるのかもしれません。
 
もしくは、生きにくい世の中だと感じているのかもしれません。
 
いずれにしても、左足に火傷を負ったあなたは、「あなたに与えられるものは、全てあなたの為になる」ということを知る必要があります。
 
あなたはもしかすると、あなたが巡り合う人や、与えられる仕事、人生に起こる出来事などで、「こんなの望んでいない!」と思うことがあるかもしれません。
 
しかし、あなたに不利をもたらすように見えるものでも、よく調べてみて下さい。
 
あなたが欲しがっている何かが、その贈り物の中に、必ずあるはずですから。
 
いらないものばかりが手に入るほど、この世界はくだらない世界ではありません。
 
大事なことは、「恐れず、拒否せず、心を開くこと」です。
 
あなたが求めていたものを探し出して、そのパーツを集めていけば、やがて、あなたが求めていた現実をクリエイトしていたことに気がつくでしょう。
 
あなたは守られているのですよ。
 
どんな時でも。
 

右足に火傷を負うスピリチュアルな意味

右足に火傷を負う場合は、「行き場のない思いを抱えている」というスピリチュアルな意味があります。
 
あなたには、向かう先の未来が見えていますか?
 
あなたが望む、理想的な未来が見えていますか?
 
もしも見えていないのなら、あなたは「どうなりたいのか」を、もう一度見つめ直す必要があります。
 
もしも向かう未来が見えているのならば、その理想的な未来へ踏み込むためには、通らなければならない道があるのだということを知る必要があります。
 
理想的な未来を現実化する為に、今、何をするべきなのかを見極める必要があるということです。
 
今、1つの行動を起こしても、理想的な未来は手に入らないかもしれませんが、こうして何歩か進んで行くと、やがて理想的な未来へ足を踏み入れることになります。
 
 
あなたが今感じていることは何でしょうか?
 
辛い思いがあるならば、それを開放する必要がありますし、ときめく気持ちがあるならば、それを昇華させる必要があります。
 
あなたの今抱えている想いを、そのまま素直に表現しましょう。
 
そうして、行き場のない思いに、行き場を作ってあげることが、未来への一歩を進むことになるのです。
 
スポンサーリンク
There are 2 comments for this article
  1. ヤマダミヤコ at 6:06 AM

    はじめまして。

    昨夜右太股を火傷しました。

    彼に距離を置きたいと言われて、『わかったよ、大丈夫』って言って気持ちを切り替えて過ごしていたつもりだったんですが、ずーっともやもやしてて、その胸の内を打ち明けるべきか悩んでいたときでした。

    もしかしたら、これで終わりになってしまうかもしれないと怖い気持ちもありましたが、メールに素直な気持ちを綴り、送ったあとこのサイトを拝見しました。

    私のしたことは正しかったんだって『大丈夫だよ』って言ってもらってる気がしてすごく安心しました。

    ありがとうございます。

    • Indigo Author at 12:34 PM

      コメントを頂きありがとうございます。

      何が起こっても、ご自身を責めることだけはしないで下さいね。

      後で「こういうことだったのか」と分かる日がきっと来るでしょう。

      ヤマダ様のご活躍を心より応援しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です