怪我のあざと生まれつきのあざのスピリチュアルな意味 

怪我のあざと生まれつきのあざのスピリチュアルな意味 

怪我をしてできる青あざと、生まれつき持っているあざのスピリチュアルな意味をそれぞれ解説します。
 
スポンサーリンク

あざができるスピリチュアルな意味

打撲をすることで体にあざができた時は、「自分の弱さを感じている」というスピリチュアルな意味があります。
 
現状を変えることができない自分や、自分自身のことを理解しきれていないことに、自分自身を否定する気持ちがあるようです。
 
あなたがあざを作ったのであれば、あなたは強さを取り戻す必要があります。
 
あなたは今、何かが欠けていることに弱さを感じている訳ですが、それはつまり、あなたが成長をするタイミングだということです。
 
私たち人間は、成長する余地を見つけた途端に、弱さを感じるものです。
 
あなたが弱さを感じている時は、本当はさらなる成長の可能性を見つけたことであり、本来は喜ばしいものなのですよ。
 
あなたがあざを作ってしまったのであれば、あなた自身を責めたり否定することを止め、進化するあなたに胸をワクワクさせましょう。
 
あなたはどう進化していくのか、想像すると楽しみですね。
 

生まれつきのあざを持つスピリチュアルな意味

あなたの体に、生まれつきのあざがあるのであれば、「魂のレベルに不満がある」というスピリチュアルな意味があります。
 
 
あなたの体に生まれつきのあざがある場合、今の人間として生まれてくる前に、個としての魂であるあなた自身に不満を感じたようです。
 
 
その為、今世でも、どこか感覚として、完全ではない自分自身を残念に思う気持ちがあったり、人生のあらゆる場面で、ハンディキャップがあるような気がしているのかもしれません。
 
 
あなたに生まれつきのあざがあるのだとすれば、「あなたは優れた魂の持ち主である」であるということに気がつくことが大切です。
 
 
あなたが周りを見渡した時に感じる「このレベルか・・・」という感覚を持つ「ハンディキャップ」とは、優れた者に与えられるものです。
 
今の時代は、人と並ぶ必要はありません。
 
あなたの優れているところを、大いに表現していいのです。
 
「能ある鷹は爪を隠す」時代は終わったのです。
 
のびのびとあなたらしさを表現して下さい。
 
あなたの能力に救われる人がいるのですよ。
 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です