親指や人差し指など、指にできる切り傷のスピリチュアルな意味

親指、人差し指、中指、薬指、小指に傷ができるスピリチュアルな意味を、それぞれ解説します。

親指に切り傷ができた時のスピリチュアルな意味

親指に切り傷を作る時は、「物事を進めることを中止したいという思いがある」というスピリチュアルな意味があります。

自分の目標や目的を達成する為にしなければいけない物事を、自分の限界を超えてまでも強制したり、人に強制したりしているようです。

しかし、その「無理強い」に限界が来ていたり、「間違っているのかもしれない」と疑問を感じていたりするのかもしれません。

親指を切ったあなたは、心の想いに耳を傾けましょう。

「ここまで来たらやるしかない」とか、「人にこう思われるから最後までやり通さないといけない」ということのほとんどは、心の想いではありません。

「本音を言えばこうしてしまいたい」と思うことが心の想いであることがほとんどでしょう。

物事を途中で止めることは悪いことではありません。

言うなれば、心の声に従わないことが悪いことです。

あなたが苦しむ原因を作る必要はありません。自由に、気楽に、あなたの心に従いましょう。

心に従うことで納得がいく人生を歩む方が、楽しくて充実感を得られますよ。

人差し指に切り傷ができるスピリチュアルな意味


人差し指に切り傷ができる時は、「権威を使っている自分に、罪悪感を感じている」というスピリチュアルな意味があります。

例えば、母親が子の意見に耳を傾けず、何かすることを命じたり、姉が妹を言い争いでねじ伏せたり、上司が部下を評価することなく叱咤したりなど、権威を振りかざす出来事があったようです。

そのことに、深層では心を痛め、自分自身を責めています。

人差し指を切ってしまったあなたは、人をコントロールすることを止める必要があります。

人にこうあって欲しいと期待することを止める必要があるのです。

あなたの思い通りにならない方が、実はあなたの目指す目的地に早く着くこともあるということを理解しましょう。

「残り物には福がある」とはよく言ったもので、自分で選ばずに、与えられたものを受け取った方が吉であることはたくさんあります。

それが分かれば、周りをコントロールしようとしたり、人に期待することはなくなるでしょう。

あなたは今、何を目指しているのですか?

得たい結果をなかなか得られない時は、あなたの夢への近道が他にあるということですよ。

流れに身を任せられる強さを取り戻しましょう。

中指に切り傷ができるスピリチュアルな意味

中指に切り傷ができる場合は、「立ち上がる勇気が不足している」というスピリチュアルな意味があります。

本当は素晴らしい個性があるのに、その個性を信じることができない為に、自分で物事を決意する力が弱まっているようです。

その為、決断を下すことができないでいたり、切り上げ時に身を引くことができないでいる可能性があります。

中指に切り傷を作ったあなたも、心の声に従う勇気を取り戻す必要があります。

あれこれ考えれば、自分に有利な方法や、傷つかない方法が見つかるかもしれませんが、そのどれもが、一瞬の喜びをもたらすものでしかなく、あなたの理想を作り上げることにはならないでしょう。

しかし、あなたが心の声に従うことができれば、その時は損したり、満足がいかない結果になるかもしれませんが、長い目で見た時、大きく持続性のある喜びへ繋がっていることに気がつくでしょう。

心に従えば、間違いは起きません。あなたの心が感じてることに自信を持ってください。

薬指に切り傷ができるスピリチュアルな意味

薬指に切り傷ができる場合は、「支えることを拒んでいる」というスピリチュアルな意味があります。

支えるものは、あなたの周りの人かもしれませんし、あなた自身かもしれません。いずれにしても、何かを支えることに自信を持つことが必要とされています。

あなたが誰かを支えることがうまくできない理由は、あなたの意見や考え方に自信を持つことができないからでしょう。

あなたの信念はどこから来ているのですか?

あなたには「信じたいことを信じる」という自由があります。

周りがどれだけ反対しても、あなたが信じたいと感じる限り、あなたの想いを諦める必要はないのですよ。

あなたがあなたの想いを支持することができるようになりましょう。

あなたが、あなた自身の味方でいることが大事なのです。

それができれば、周りの人や環境をサポートすることができるようになるでしょう。

小指に切り傷ができるスピリチュアルな意味

小指に切り傷ができる場合のスピリチュアルな意味は、「自分の直観力に従うことができなくなっている」ということです。

自分の内なるインスピレーションやひらめき、奇抜な発想やアイディアが浮かんでも、それらを信じることができないでいるようです。

自分の内から来るものたちを否定しているので、それが自己否定に繋がり、自分を否定している自分に罪悪感を抱いているのでしょう。

小指に切り傷を作ってしまったあなたは、チラッと沸き起こる感覚に注意を向ける必要があります。

忙しい現実の世界を生きる日々に、休憩を取り入れましょう。

そして、何もしない時間を作り、リラックスできるまで休むといいでしょう。

しっかり休むことができれば、あなたに聞こえてきていたインスピレーションはほんの一部であったことに気がつき、実際はどれだけ耳を傾ける価値があるかに気がつくことができるはずです。

そして、それらの直感に従うことで、あなたの人生の問題を解決する糸口がみつかるでしょう。

関連記事

  1. 【体の部位別】火傷を負うスピリチュアルな意味

  2. 腕や手・足に切り傷ができるスピリチュアルな意味

  3. 左足や右足・足首を骨折する時のスピリチュアルな意味

  4. 【部位別】背中に痛みがある時のスピリチュアルな意味|凝りの意味も

  5. 顔や肋骨から尾てい骨までの骨折のスピリチュアルな意味とは?

  6. 生まれつきのあざと青あざを作るスピリチュアルな意味 |顔・背中・手・足…

  7. 右手首と左手首・右腕と左腕を骨折した時のスピリチュアルな意味

  8. 尾てい骨(尾骨)を強打・怪我または痛む時のスピリチュアルな意味

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

error: Content is protected !!