高血圧のスピリチュアルな意味と塩分との関係の話

高血圧のスピリチュアルな意味と、高血圧と塩分の関係についてを、それぞれ解説します。
 

Contents

高血圧になるスピリチュアルな意味

高血圧になる原因は、一般的に食塩の摂りすぎや、運動不足、ストレスや血管の老化など様々に言われていますが、高血圧になるスピリチュアルな意味は、「愛情をコントロールすることができていない」ということです。
 
過去の愛情面による傷が癒されていないことで、愛情に対する意識が強くなり、コントロールができず、心に圧力がかかってしまうのです。
 
具体的には、自分の家族や恋人などの身の回りの人全員が幸せになって欲しいと強く願っており、またその人たちが幸せになる責任は全て自分にあると考えてしまっているようです。
 
そして、日常に起こるあらゆる出来事に対して、高血圧持ちの人は感情が極端に振れるのが特徴です。
 
起こった出来事に対し、極端な怒りの感情を抱いたり、極端な悲しみや心の痛みを感じたり、極端に幸せな感情を抱いたりします。
 
この感情のふり幅が極端である性質を持つ為に、ドラマクイーンである(物事を大げさにする)ことも多々あるようです。
 
これらの極端な感情をコントロールすることができない理由は、過去の、特に幼少時代に抱えた、愛情面での心の傷が原因となっていることがほとんどのようです。
 
「誰かに愛されなかった」という気持ちが強く、「愛してほしかった」という強い願いがあり、愛されることの大切さに敏感になってしまうのです。
 
だから、人を愛することに一生懸命になるのです。
 
高血圧をあなたが持つのだとすれば、あなたは、「実は愛されていた」ということに気がつく必要があります。
 
あなたが「愛されなかった」と感じてしまっているのは、あなたが期待する行動を、相手が取ってくれなかったからでしょう。
 
あなたが「愛してほしかった」と願う人は、愛情を表現することが苦手だっただけかもしれません。
 
もしくは、愛情を表現することを恐れていた可能性もあります。
 
いずれにしても、あなたが愛されなかったというのは、勘違いであることがほとんどでしょう。
 
あなたは、人を愛することができる、心の温かい人です。
 
あなたを愛さない人など、この世のどこにいましょうか?
 
「愛されなかった」という誤解が解ければ、あなたは今よりも自由に、願いを叶えることができるでしょう。
 

 

高血圧と塩の関係


高血圧の人は、塩分の取りすぎに注意する必要があると、一般的には言われています。
 
実は、「塩」にも、スピリチュアルな意味が存在しています。
 
塩は「真理の愛」という意味を持ちます。
 
スピリチュアルな深層を検証してみると、「愛情を受け取ることができなかった」という悲しみが、人を愛する感情をコントロールできず高血圧になり、また、「愛されなかった」という誤解がある為に、愛を受け取ろうと塩を多く摂取してしまっているようです。
 
高血圧になったのも、無意識のうちに塩分を過剰に摂取しているのも、「愛情が足りない」、「愛情が欲しい」という思いが深層にあるからでしょう。
 
あなたがどれだけ愛されているかに気がつけば、塩を過剰に摂取することもなくなりますし、高血圧も改善されるでしょう。
 

関連記事

  1. 肺炎、肺気腫、肺塞栓症などの肺の病気のスピリチュアルな意味

  2. 不妊症、流産、子宮外妊娠のスピリチュアルな意味

  3. 橋本病(慢性甲状腺炎)のスピリチュアルな意味

  4. 線維筋痛症のスピリチュアルな意味

  5. 腎炎や腎不全など、腎臓の病気を患う時のスピリチュアルな意味

  6. 胃潰瘍のスピリチュアルな意味

  7. 喘息になるスピリチュアルな意味

  8. 潰瘍性大腸炎になる時のスピリチュアルな意味

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

error: Content is protected !!