【部位別】坐骨神経痛などの各部神経痛のスピリチュアルな意味

三又神経痛(おでこ、頬、あご)や、後頭神経痛などの頭部神経痛、舌咽神経痛、肋間神経痛、肋骨下神経痛、上腕神経痛(首、肩、腕)、坐骨神経痛(腰椎、お尻、太もも、足)、大腿(だいたい)神経痛のスピリチュアルな意味をそれぞれ解説します。

三又神経痛のスピリチュアルな意味

三又神経痛とは、顔面に痛みを感じる病気です。

おでこの辺りに痛みを感じる時は、「今考えている方法はうまくいかない」というスピリチュアルな意味があります。

あなたは、今何か問題を解決しようとしていますか?

それとも、何かを達成するためにアイディアを持っているのでしょうか?

いずれにしても、あなたは今、何かを変えることについて、一生懸命考えているようです。

ですが、残念ながら、その発想は最適なものではない可能性があります。

そのアイディアは、誰かの為になっていますか?

そして、そのアイディアは、本当にあなたの為になっていますか?

あなたが望むのならば、心配しなくても、あなたはその望みを叶えることになります。

ただ大事なことは、その望みを叶える方法が、道理に合っているものである必要があります。

でなければ、後で蒔いた種を刈り取るのは、他でもないあなた自身です。

面倒くさいことになる前に、自分と皆がハッピーエンドになれる方法を探してみてはいかがでしょうか?

目的を達成する為の方法は無限にあることを思い出してください。

あなたがもしも、頬の辺りが痛んだとすれば、「人のために自分を犠牲にすることが良いことだと考えている」というスピリチュアルな意味があります。

あなたが人の気分を良くする為に、または、人を助ける為に何かをしようとしているのだとしたら、それは素晴らしいことです。

ですが、覚えておいて頂きたいのは、あなたが本当に人の役に立てるのは、あなたがあなた自身を十分に満たすことができている時だということです。

つまり、あなたにエネルギーが不足していたり、あなたの心に痛みがあるうちは、人を助けることはできないのです。

私たちは、人の役に立つことが基本的には大好きです。

人に良いことをすると、気分がよくなりますよね。

ですが、私たちは、時に人を甘やかすことがあります。

もちろんそれは、無意識のうちに行われ、私たちのほとんどは、「人に良いことをした」と満足感を得ています。

ですが、本当は、その人が成長するチャンスを奪ってしまったことに気がつかないでいるのです。

「甘やかすこと」と「助けること」は全く異なります。

この違いを見極められるのは、あなたの意識レベルが高い時だけです。

あなたの心を満たすことができると意識レベルは上がります。

頬に痛みが走った時は、もう一度、あなた自身が満たされているか、そして、人が必要としている助けを本当に理解しているのかを見つめ直してみて下さい。

あごに痛みがある場合は、「自由を失うことを恐れている」というスピリチュアルな意味があります。

あなたは比較的、好きなことを好きなように自由に生きることができているのではないでしょうか?

あなたの心が何を望んでいるのかを、あなたはよく分かっているようです。

ただ、あごに痛みがあるということは、頭を使うことを無意識に嫌がっているようです。

頭を使って生きたことで息苦しさを感じた過去があるのでしょう。

そして、今の生き方を見つけ、自由と気分の良さを手に入れたのでしょう。

あなたに今必要なのは、あなたが今よりも進化できるということを理解することです。

私たちは、頭を使わずして目標を達成できません。

今よりも上を目指すのであれば、今の生き方に加えて、頭を使うことが必要です。

ですが、過去のような生きづらさを感じる必要はありません。

頭を、新しい方法で使うことが必要とされているのです。

あなた1人であれこれと考えることをせずに、ひらめきやフッと浮かんだアイディア、また、ふと目にとまったものの意味などを考えてみるなど、与えられたものに注意を払うようにしましょう。

そうすれば、ようやく真実が見えてくるかもしれません。

後頭神経痛になる時のスピリチュアルな意味


頭の後ろ側に神経痛がある場合は、「自分を間違って完成させている」というスピリチュアルな意味があります。

つまり、本当のあなたとは違った人格を完成させているということです。

例えば、本当のあなたらしくないところは、仕事かもしれませんし、パートナーかもしれませんし、目標や求めているものかもしれません。

または、あなたの特技や能力を間違って理解しているのかもしれませんし、人生の目的を間違って理解しているのかもしれません。

いずれにしても、あなたが何を本当に目指しているのかを、もう一度見つめ直してみて下さい。

目指すべきものは、あなたが生まれてきた理由と同質でなければいけません。

あなたは幸せですか?

目指すべきものを達成した時、胸をなでおろすのではなくて、ちゃんとウキウキ度が高まりますか?

あなたが本当に100%幸せになれるのは、何がどうなった時かを、もう一度考えてみるといいでしょう。

舌咽(ぜついん)神経痛になる時のスピリチュアルな意味

舌の部分の神経が痛む時のスピリチュアルな意味は、「出逢った物を非難する気持ちがある」ということです。

例えば、新しく出会った人、新しく遭遇した環境、誰かから聞いた言葉や考え方、目に映った光景など、何か自分に入ってきた情報を受け入れることができないでいるようです。

これは、過去に負った心の傷を思い出させるものである為に、受け入れることができないでいる可能性があります。

私たちは自分の心に残っている傷を認識することは得意ではありませんが、体はしっかりと認識しています。

その為、自分では、目の前で起こった出来事と、自分の心の傷がどう結びつくのかが分からなくても、体はちゃんと反応するのです。

起こった出来事を否定する気持ちが強ければ強いほど、過去に作った心の傷が深いと言え、心の傷が深ければ深いほど、痛む神経の範囲も舌から喉へと広がると考えられます。

大切なことは、「来るもの拒まず去る者は追わず」という姿勢を取ることです。

「来るもの」に悪いものはないということを覚えておいてください。

来るものを利用して上昇するか下降するかは、あなた次第なのです。

肋間(ろっかん)神経痛がある時のスピリチュアルな意味

肋間神経痛とは、肋骨(ろっこつ)に沿った神経が痛むことですが、肋間神経痛がある時は、「あなたの心を痛めつけている」というスピリチュアルな意味があります。

「痛めつけている」という恐ろしい言葉を使ってしまいましたが、あなたが肋間神経痛を持っているのなら、あなたはあなたの心に対してとても酷い態度を取っているようです。

具体的には、あなたの心が感じていることに耳を貸さないだけでなく、あなたの心が感じていることを否定しているようです。

私たちの体の中で一番大切なのはハート=心です。

あなたのハートが感じていることに、あなたは忠実になる必要があります。

なぜなら、心で感じていることをするだけで、すべての問題は解決され、多くのものを得ることができるからです。

あなたが無意識に心の声を無視し、否定してしまっている理由は、あなたの心がどこにあって、どのように機能しているのかを忘れてしまっているからでしょう。

心を否定し続けると、取り返しのつかないことになってしまいます。

あなたが本当に聞くべき声は、あなたの考えや気持ちの中のどれなのかを見つけ出しましょう。

心の声がどれかが分かれば、あなたはそれに従って、軽やかに楽しく人生を切り開くことができるでしょう。

肋骨下神経痛になる時のスピリチュアルな意味

肋骨下神経痛とは肋骨の下のみぞおち辺りが痛む症状ですが、肋骨下神経痛がある時のスピリチュアルな意味は、「自分自身を誤解している」ということです。

あなたは、あなたらしさを取り戻す必要があります。

あなたが今苦労している理由は、本当のあなた自身を見失い、何者かを装って、それを自分の姿だと偽っているからです。

つまり、完全に個性を台無しにしているということです。

私たち人間には、誰でも個性というものがあります。

これが意味することは、私たち人間は誰1人として他に全く同じ特性を持つ人間を見つけられないということです。

つまり、あなたがあなた自身の個性を尊重しなければ、この世界に必要なパズルの1ピースが欠けているということなのです。

あなたの個性をどうか思い出してください。

そして、誰かの真似をすることを止め、あなたの個性を愛してください。

あなたがあなたの個性を愛することができた時、あなたはあらゆる面で、驚くほどの力を発揮することでしょう。

その時を、この世界は待っています。

上腕神経痛になる時のスピリチュアルな意味

上腕神経痛とは、首、肩、腕や手を通っている神経が痛む症状です。

上腕神経痛になる時のスピリチュアルな意味は、「誰かや環境によって、自分の自由を奪われていると感じている」ということです。

本当はのびのびと自分がやりたいように生きていたいのに、そうすることができない状況に置かれているようです。

例えば、

  • 周りの誰かに、自分が望まないことを期待されている
  • 自分が誰かの為の犠牲になっている
  • 自分の自由な発想が世間に認められない
  • 常識的な人間でいようとすると、自分の夢は叶いそうにない
  • 大人になればなるほど、子供の頃描いた夢から遠ざかっている

等と感じているかもしれません。

上腕神経痛になる場合は、自分が自由に行動することが許されない環境に心を痛めているようです。

あなたがもし上腕神経痛を持っているのだとしたら、好きなことを好きなようにする勇気を持ってください。

周りがどう思うかなど、気にする必要はありません。

自分自身を大切に生きることができなければ、生まれてきた目的など達成することはできません。

あなたはすでに、あなたにとっての「自由」とは何かを知っていますね?

後は、その自由を受け取る為の行動を起こすだけです。

行動を起こすためには、あなたは「自由を手に入れていいのだ」ということに、そろそろ気がつく必要があります。

自由になることを恐れないで下さい。

自由である時の気持ちの良さを思い出してください。

坐骨神経痛になる時のスピリチュアルな意味

座骨神経痛とは、腰椎、お尻、太もも、足にかけての神経が痛む症状です。

座骨神経痛になる場合は、無意識のうちに未来を心配したり、お金や財産を心配しているというスピリチュアルな意味があります。

経済的なことで不安に思うことがあったり、安定や安心を期待できない未来をひどく心配しているのではないでしょうか?

現在の状況で困っている問題はないにしても、例えば「車を失ったら困るなぁ」とか、「収入が減ったら嫌だなぁ」とか、「自分の持ち家を持つまで落ち着かないなぁ」などと、物を所有することに関して何か不安になっているのかもしれません。

自分の理想の人生のビジョンがとてもはっきりしている為に、手に入れたいものが今ここにないことに心を痛めているようです。

坐骨神経痛を持つあなたが理解するべきことが1つあります。

それは、あなたは「物を与えられるから成長することができる」のではなくて、「成長するから物が与えられるのだ」ということです。

理想の人生を手に入れる為に、「あれが欲しい、これも必要だ」と考えるのではなくて、理想の人生を築いていくから、必要で欲しいものが手に入るということを知る必要があります。

あなたが本当に欲しいと思うものがあるのなら、どうか心配しないで下さい。

あなたにそれが本当に必要ならば、必ず手に入ります。

大事なのは、その欲しいものに値する人間になることです。

あなたは今よりも進化し、能力や才能を開花できることを覚えていますか?

大人になったからといって、成長は終わらないのですよ?

あなたはもっともっと成長することができます。

あなたが成長していけばいくほど、多くのものを手に入れるようになるでしょう。

大腿(だいたい)神経痛になる時のスピリチュアルな意味

大腿神経痛とは、太もも部分の神経が中心に痛む症状です。

大腿神経痛になる場合は、「自分の人生を力強く進む力が弱まっている」というスピリチュアルな意味があります。

最近、自分を信じて自分のやりたいように行動することができないでいるのではありませんか?

周りの人の意見や自分への評価を気にし過ぎているかもしれません。

あなたは、あなたの心に従って生きることが必要とされています。

あなたの心が「こうしたい」と感じているならば、それをそのまま実行していいのです。

むしろ、心が感じていることは実行しなければいけないのです。

それが本当に心の声であるならば、あなたは人生に満足することができるようになるでしょう。

人生に満足するとは、生き方に満足するということです。

生き方に満足するということは、夢がどのように叶っていくかが見え、楽しくワクワクした人生を歩むことができるということです。

あなたが本当に望んでいることは何なのか、そして、その望みを叶えることを阻むものは何なのかを見つけ出しましょう。

あなたの願いが本物であるならば、願いが叶うことを阻むものは、この世にはありません。

関連記事

  1. 腕や肘(ひじ)にかゆみがある時のスピリチュアルな意味

  2. インフルエンザ(ウィルス性の病気)にかかる時のスピリチュアルな意味

  3. 生理(月経)やPMSに関するスピリチュアルな意味と過ごし方

  4. 扁桃炎、扁桃肥大、咽頭炎(のどの痛み)のスピリチュアルな意味

  5. 【状況別】めまいのスピリチュアルな意味

  6. 太る、急に太る、お腹だけ太る場合のスピリチュアルな意味

  7. 猫アレルギーのスピリチュアルな意味

  8. むくみのスピリチュアルな意味。顔、手、ふくらはぎのむくみ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

error: Content is protected !!