捻挫のスピリチュアルな意味。足首、手首、肘、膝の捻挫。

捻挫のスピリチュアルな意味。足首、手首、肘、膝の捻挫。

足首、手首、肘、膝を捻挫した時のスピリチュアルな意味をそれぞれ解説します。
 
スポンサーリンク

足首を捻挫する場合のスピリチュアルな意味

足首を捻挫した場合は、 「自分が行きたくない方向へ向かおうとしている」というスピリチュアルな意味があります。 
 
例えば、サッカーを楽しむことを目的で始めたのに、チームに入ってみたら、辛い練習ばかりでなかなかゲームができないなど、「こんなはずじゃなかったんだけど」というような思いを抱えているかもしれません。
 
もしくは、居心地の悪い環境へい続けようとしているのかもしれませんし、心がウキウキしないことに話し合いを決着させようとしているのかもしれません。
 
そして、自分の考えややり方に頑固さが現れている時でもあると言えます。
 
いずれにしても、あなたの心が望まない環境へいようとしている、もしくは進もうとしているようです。 
 
 
右足首を捻挫する場合は、自分のいる環境や、自分が行こうとしている先に対して不満があるようです。
 
自分はその場所に居場所がないと思っているかもしれませんし、居心地の悪さを感じているかもしれません。
 
左足首を捻挫する場合は、自分のやり方や生き方に不満を感じているようです。
 
自分自身が本当はどうすることを望んでいるのかを、今一度再確認する必要がありそうです。
 
 
いずれにしても、あなたが足首を捻挫したのだとすれば、あなたはあなたの心の想いを表現する為に生きているということを思い出す必要があります。
 
あなたが今生きている理由は、あなたの心を満足させる為であって、誰かのエゴを満たす為ではありません。
 
あなたの心が満足することができれば、あなたの周りの全ての人が「結果良かった」と思える決断を取ったと後で納得することでしょう。
 
あなたにどんなルールがあろうと、あなたの周りがあなたに反対しているような状況があろうと、あなたはあなたの心が喜ぶ為に生きることを恐れないで下さい。
 
あなたが無理をして、心が本当に望まないことをする時間があるほど、人生は長くありませんよ。

手首を捻挫する時のスピリチュアルな意味

手首を捻挫する時は、「何をすればいいのか分からなくなっている」というスピリチュアルな意味があります。
 
あなたの頭の中で、考え方の葛藤があるようです。
 
あなたが「したいと思うこと」と、「しなければいけないと思うこと」が一致せずに、行動を起こす為の決断力が弱くなっているのではないでしょうか?
 
あなたが手首を捻挫した場合は、あなたの心の望みを優先する勇気を取り戻す必要があります。
 
あなたが「しなければいけないと思っていることをしない」という選択肢を優先した時、結果を想定すると、嫌なことが起こるかもしれないと思うかもしれませんが、今ここで心が望むことを優先させなければ、後で後悔することになります。
 
例えば、今、心の欲求に従ったことで、周りの人からの評価などを受け、嫌な思いをする可能性がありますが、それは人生のほんの一時です。
 
ですが、その一時を過ぎれば、あなたは間違っていなかったことに気がつき、後に晴れ晴れとした気持ちになるでしょう。
 
例えば、今、あなたが心の欲求に従わずに、「こうするべきだ」という考えを優先させたとしましょう。
 
そうすると、周りに批判されるという人生の苦痛な一時を経験せずに済むかもしれませんが、その代わりに、後で心の解放感なる明るい気持ちを経験することができません。
 
そして、心の欲求を満たすことなく生き続けると、やがてあなたの心が何を求めているのかを感じることができなくなり、人生の最後の方で、「やりたいことをやっておけばよかった」と後悔することになりかねません。
 
あなたの心の声が届いているうちに、適切な決断を下すことで、幸せへ確実に向かっていきましょう。
 
スポンサーリンク

肘(ひじ)を捻挫する時のスピリチュアルな意味

肘を捻挫する場合のスピリチュアルな意味は、「自分の為に行動を起こせていない」というスピリチュアルな意味があります。
 
あなたはもしかすると、周りに気を使うタイプなのかもしれません。
 
そして、あなた自身のことを後回しにしてしまう傾向があるのではないでしょうか?
 
肘を捻挫したあなたは、あなたを満たすことをためらわずに行うことが必要です。
 
あなたは必要な休息をとっていますか?
 
あなたは、必要な助けを得ていますか?
 
あなたを満たすとは、あなたが疲れすぎないようにパワーを得るということです。
 
そして、そのパワーをあなたが興味のあることにどんどん注いでいくということです。
 
あなた自身を満たし、そのエネルギーをあなたの好きなことに使うのが、私たちが目指しているエネルギーの循環です。
 
「自分は大丈夫」と思って、必要なエネルギーを受け取らないでいたり、「今はやりたいことができない時期」などと、あなたの興味があることを出来ないでいる時は、エネルギーが好調に循環していません。
 
人や周りに気を使うことも大事ですが、まずは、あなた自身のエネルギーの循環をスムーズにしましょう。
 
人を助けられるのはそれからです。
 

膝(ひざ)を捻挫する時のスピリチュアルな意味

膝を捻挫する時は、「身動きができなくなっている」というスピリチュアルな意味があります。
 
あなたは今、あなたの目的を果たしたいという強い気持ちがあるようですが、その反面、今の状況を変えることができないという重苦しさを感じているのではないでしょうか?
 
あなたが膝を捻挫したのであれば、まず、気楽に構えることが大切です。
 
なぜなら、あなたが望みや願いを叶えることができるのは、あなたがリラックスできている時だけだからです。
 
力が入ってしまっている時は、実は願いはほとんど叶いません。
 
あなたは自由であり、優雅に振る舞うことで理想の現実を手に入れることができます。
 
あなたに今重くのしかかっているものは何ですか?
 
義務感が強いために「状況を変えられない」と思い込んでいるのだとしたら、「状況を変えても義務は果たせる」ということを知る必要があります。
 
深呼吸をするほどの余裕があれば、あなたの現実を変える為の要素が手に入ります。
 
あなたの理想を叶えるのは、あなたの内からくるエネルギーであることを覚えておいて下さい。
 
 
スポンサーリンク
There are 4 comments for this article
  1. Cristal at 11:33 AM

    昨日足首を捻挫しました。
    おっしゃる通り、そこでは居心地の悪い思いをしていました。

    そのスポーツをそこで続けていくことにも何か迷いや不満がありました。

    なんの迷いもなく、楽しんでやっていた時にはこんな怪我はしませんでした❗

    ここに書いてある事の通りすぎて驚き、コメントしました。

    さて、私はもう、その迷いがある場所には戻らない方がいいのか、もし迷いを持ち続けたまま続けていたらどんなに気を付けてもっとひどいことになるのでしょうか?

    • Indigo Author at 3:06 PM

      コメントを頂きありがとうございます。

      その迷いがある場所に戻って不愉快な思いをし続けてしまうようでしたら、
      少し距離を置いて、Cristal様の心と会話をする時間を設けた方がいいかもしれません。

      不愉快な思い強く感じれば感じるほど、
      怪我をする可能性や体調不良の度合いは高くなる傾向があると言えます。

      今、どうして迷っているのか、
      何が具体的に不満なのか、心に聞いてみてはいかがでしょうか?

      どうか、心とお体を大事になさってください。
      応援しています。

      • Cristal at 11:38 PM

        indigoさま。

        返信ありがとうございました✨

        右足首の捻挫は靭帯を損傷していて、一週間たった今でも腫れが引きません(T-T)

        医者は腫れが引いたらギプスにして固定して骨折と同等の期間かかると言われました。

        あと 1ヶ月が練習に出られそうもないので ちょうど距離を置くことになりました。
        自分の心との対話…トライしてみます。

        ありがとうございました。m(__)m

        • Indigo Author at 1:03 PM

          ユニバースは私たちに必要なことを常に与えるものですね。

          体に損傷があるということは、心は体の損傷度合いよりももっと傷ついているというのが一般的です。

          どうか、Cristal様ご自身を愛して、癒してあげてください。

          ご回復を心より応援しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です