尾てい骨(尾骨)を強打・怪我または痛む時のスピリチュアルな意味

尾てい骨を強打するスピリチュアルな意味と、尾てい骨を怪我する時のスピリチュアルな意味、また、尾てい骨が痛むスピリチュアルな意味をそれぞれ解説します。

尾てい骨を強打するスピリチュアルな意味

尾てい骨を強打するスピリチュアルな意味は、「活力が不足している」ということです。

生きる活力や、やりたいことをやる活力、考えを行動に移す活力や、自分らしさを表現する活力が不足しているようです。

心配ごとがあるからかもしれませんし、心が傷ついているからかもしれません。

いずれにしても、元気があまりないようです。

尾てい骨を強打したあなたは、人生に「大笑い」を取り戻すことが必要です。

最近大笑いしていますか?

日々の生活の中で、大笑いすることや、常識を覆した考えや行動を、人目をはばからずに実現させていきましょう。

楽しいと感じる機会が多くなれば、活力を取り戻す感覚が戻ってきます。

人生を終える時に、「あ~疲れた~けど楽しかった~」と思えるくらい、自由にはしゃぎまわることを心がけましょう。

元気や活力は、「好きなことを楽しむ気持ち」から取り戻すのですよ。

尾てい骨を怪我する時のスピリチュアルな意味


尾てい骨を怪我するスピリチュアルな意味は、「愛される自信がない」というスピリチュアルな意味があります。

例えば、母親や父親、恋愛のパートナーやその家族などに愛される自信がないようです。

この不安は、自分自身を卑下していることが原因です。

尾てい骨を怪我したあなたは、ありのままの自分に自信を持つ必要があります。

あなたが素晴らしい人間である理由は、あなたが何か特別なものを持っているからではありません。

あなたに人より優れた能力があるからでもありません。

学歴が高いからでも、賞を受賞したからでもありません。

あなたが素晴らしい人間である理由は、「ただ愛がある」からです。

尾てい骨を怪我したあなたは、今から良いことを人にしましょう。

小さなことで構いません。

何か良いことを人にしましょう。

そうすれば、あなたにどれほどの価値があるか分かるでしょう。

あなたに価値があることが分かれば、卑下することもなくなり、「愛されて当然だ」と思えるようになり、多くを受け取ることができるようになるでしょう。

尾てい骨が痛む時のスピリチュアルな意味

何もしていないのに尾てい骨が痛む場合は、「意志が定まっていない」というスピリチュアルな意味があります。

あなたが向かう方向や、夢や理想が定まっていないのかもしれません。

または、あなたがどのような人になりたいのかがぼんやりとしていたり、生きている目的などを忘れてしまっているのかもしれません。

尾てい骨に痛みがあるあなたは、希望を持つ勇気を取り戻す必要があります。

周りに流されてはいませんか?

本当は、願っていることがあるのに、「無理かもしれない」と諦めてはいませんか?

あなたには協調性があるようですが、あなた個人の希望を持つことが大切です。

なぜなら、あなたはあなた個人の夢を叶える為に生まれてきているからです。

好きなように楽しく人生を過ごすことができなければ、何のために生きているのでしょうか?

あなたの望みは叶います。

諦めないことが肝心です。

「夢を叶える」と覚悟を決めれば、どのように夢を叶えていくかが分かるようになるでしょう。

何事も、覚悟を決めた時、つまり、意志が定まった時が始まりです。

意志さえ定まれば、何事も達成できますから、心配しないで人生を楽しんで下さい。

関連記事

  1. 捻挫のスピリチュアルな意味|足首・手首・肘・膝の捻挫

  2. 腰痛・ぎっくり腰のスピリチュアルな意味|左右の腰痛や慢性化する意味も

  3. 【体の部位別】火傷を負うスピリチュアルな意味

  4. 腕や手・足に切り傷ができるスピリチュアルな意味

  5. 【指別】右手の指を骨折した時のスピリチュアルな意味

  6. 顔や肋骨から尾てい骨までの骨折のスピリチュアルな意味とは?

  7. 【部位別】顔にできる切り傷のスピリチュアルな意味

  8. 左足や右足・足首を骨折する時のスピリチュアルな意味

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

error: Content is protected !!