結膜炎と網膜炎のスピリチュアルな意味

結膜炎になる場合と、網膜炎になる場合のスピリチュアルな意味をそれぞれ解説します。

結膜炎のスピリチュアルな意味

あなたが結膜炎を患うのだとすれば、「最近目にした何かに腹立たしさを感じた」というスピリチュアルな意味があります。

あなたの人生、最近どうですか?

何かいら立つようなことはありませんでしたか?

私たちの目は、毎日たくさんの情報を入手しています。

ただ見ているだけのようで、見るということは、情報を取り入れるということなのです。

あなたが結膜炎を患うのだとすれば、最近取り入れた情報の中に、腹立たしさを感じた可能性があります。

筋道が立たないことなどを目撃して、イラっとしたのかもしれません。

結膜炎を患った時は、この世界はまだ未熟であるということを理解する必要があります。

あなたの目に映った「嫌な物」や「悪いこと」は、この世界がまだ未熟だからです。

未熟さとは、これから成長する余地があるということです。

その可能性を応援し、今の未熟さを愛する気持ちを持つように心がけましょう。

もしかしたら、あなたが「未熟なもの」を助けることができるかもしれません。

人や環境の成長の可能性と、あなたの能力の成長の可能性に、願いを膨らませてみましょう。

あなたは、あなた自身とこの世界がどうなることを望んでいますか?

網膜炎のスピリチュアルな意味


網膜炎になる場合は、「繰り返し送られてくるサインに心を痛めている」というスピリチュアルな意味があります。

あなたが網膜炎を患うのだとすれば、あなたの人生において、もしくは日常生活において、あなたの古傷を思い出させる「サイン」が何度も送られてきているようです。

そして、あなたはその「サイン」をもう見たくないと思っているのでしょう。

ですが、あなたには、そのサインから何か気がつくべきことがあり、それに気がつきさえすれば、幸せへの階段を昇ることができるようです。

もしかしたら、サインを読み取ることに成功しなかった過去があり、幸せになる為のサインを読み取るどころか、サインすらもう見たくないと心を閉じてしまっているのかもしれません。

網膜炎を持つあなたは、あなたに送られてくるサインは、あなたの心を痛めるためではなくて、あなたを「心の痛みから救うために送られてきている」ということに気がつく必要があります。

確かに、心の傷に触れるとチクッと痛むこともあるかもしれませんが、傷を治し幸せになる為だと思えば、多少の痛みは乗り越えることができるでしょう。

大切なのは、あなたは「何を勘違いすることで心に傷を作ってしまったのか」という真実を知ることです。

つまり、あなたが過去に傷つく必要は本当はなかったということなのです。

例えば、隣にいた友達が誤ってあなたの体にぶつかってしまったとしましょう。

それを広い視野で見ることができれば、「痛い!あっ、でもぶつかっちゃっただけか」と素直に許すことができるでしょう。

その事実に気がつくことができないと、「痛い!私がそんなに憎いのね!」と心を痛めることになる可能性があります。

これは大げさな例え話ですが、私たちの多くは日常生活の中で、本当にたくさんの勘違いをして生きています。

勘違いをしたまま生きることの悪いところは、あなたの本当の能力や特性を発揮することができないということです。

つまり、あなたが、幸せになれないということです。

あなたは幸せになる為に生きています。

幸せになる為には、過去の勘違いを見直し、あなたらしく生きることが大切です。

その為に、私たちの人生には古傷を思い出させる出来事が必ず起こります。

それらの「サイン」をもう見たくないと心を閉ざすことを止め、そのサインの意味に目を向ける勇気を持ちましょう。

あなたの勇気は必ず報われますから。

あなたを傷つけるものはあなた自身でしかないことに、どうか気がついて下さい。

そして、あなたを幸せにできるのもあなただけであることも思い出して下さい。

関連記事

  1. 腹痛のスピリチュアルな意味|みぞおち辺りと下腹部が痛い意味について

  2. 犬アレルギーがあるスピリチュアルな意味|犬が苦手な意味についても

  3. 便秘のスピリチュアルな意味|お腹の張りの意味についても

  4. やたら眠いしだるい時のスピリチュアルな意味|朝だるい・風邪でだるい意味…

  5. 口内炎(口唇炎)と口唇ヘルペスのスピリチュアルな意味

  6. 腕や肘(ひじ)にかゆみがある時のスピリチュアルな意味

  7. まぶたの痛み・ものもらい・痙攣のスピリチュアルな意味

  8. 生理(月経)やPMSに関するスピリチュアルな意味と過ごし方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

error: Content is protected !!