【体の部位別】だるいと疲れや倦怠感を感じる時のスピリチュアルな意味

体がだるいと感じる時のスピリチュアルな意味を、体全体、背中、腰、右腕、左腕、右足、左足、ふくらはぎ、目に分けてそれぞれ解説します。
 

身体が全体的にだるい時のスピリチュアルな意味

体全体がだるいと感じたり、全体的に疲労感や倦怠感がある場合は、「自分自身を犠牲にしすぎています」というスピリチュアルメッセージが届いています。
 
体がだるいと感じたり、疲労感を感じるのは、「ちょっと頑張りすぎたから。休めばまた回復する」というような単純な話ではないのです。
 
あなたは本当のあなたを取り戻す必要があるのです。
 
あなたは、あなたの心が感じていることを、無視せずに大事にしていますか?
 
あなたはとても頑張り屋さんで、責任感があり、まじめで優しいのだと思います。
 
周りの人を助けることや、あなたの義務を果たすこと、人や会社の為になるよう、一生懸命活動しているのではありませんか?
 
あなたが精力的に物事を成し遂げる為には、それをこなすだけのパワーを得る必要があります。
 
あなたが必要とするパワーは、あなたの内側から来ます。
 
栄養ドリンクや、食べ物、人からの支えなどは、一瞬で終わってしまうパワーです。
 
継続的にどんどん目標や願いを叶えたいのならば、継続するパワーを得る必要があります。
 
継続するパワーは、あなたの心から来ます。
 
あなたは、その継続するパワーをいつでも手に入れられるように、心を開いておく必要があるのです。
 
あなたが疲れているのだとしたら、「なぜ頑張りすぎているのか」という理由を見つける必要があります。
 
精力的に活動することと、自分を犠牲にすることは違うのです。
 
私たちが精力的に活動できるのは、道理にかなった願いを叶えようとするから、エネルギーが入ってくるのです。
 
この場合は、頑張っても満たされるので、だるいと感じることはありません。
 
しかし、私たちが道理にかなわない願いを叶えようとしている時、私たちにはエネルギーが入ってきません。
 
これが人間という私たちの仕組みです。
 
その為、道理にかなわない願いを叶えるエネルギーが入ってこないので、その願いを叶えるだけのエネルギーが足りず、私たちは自分を犠牲にすることでエネルギーを補おうとしてしまうのです。
 
だから、体を維持する力が足りなくなり、だるいと感じるようになるのです。
 
自分を犠牲にする方法で願いを叶えようと頑張っても、私たちは満たされません。
 
あなたに思い当たることがあるのなら、「なぜ今その願いや目標を叶えたいと思うのかを根本から見直すこと」が大切です。
 
自分を犠牲にしてまでも何かを叶えたいと思う時は、何かを恐れていることがほとんどです。
 
 
あなたがもしも、「常に心の声に従って行動しているのに、それでもだるい」と感じているのでしたら、あなたは心から受け取ったエネルギーの使い方を間違っている可能性があります。
 
願いを叶える為に使うエネルギーを、何かについて心配したり、悩んだりすることに使っていませんか?
 
もしくは、何かに対して怒っていたり、誰かを憎んでいる場合もエネルギーを多く消耗します。
 
私たちは、与えられるエネルギーを無駄なく使いたいところにだけ使えるようになることを目指して生きています。
 
あなたがエネルギーの無駄使いをしていないかどうかを調べる為に、日ごろ何を感じて何を考えて生きているのかに注意を向けてみることが大切です。
 

背中がだるいと感じる時のスピリチュアルな意味

あなたが背中がだるいと感じるならば、「人生を前向きに生きることができないでいる」というスピリチュアルな意味があります。
 
人生を前向きに生きるとは、楽しくワクワクしながら生きるということです。
 
苦労しながら人生を歩んでいるということはありませんか?
 
あなたは、自分や大切な人のため、社会や世界の為に、自分がどうするべきか、何をするべきかなどを考えているようです。
 
その為、試行錯誤しながら、自分なりに一生懸命頑張っているのでしょう。
 
その「頑張り」はとても素晴らしい。
 
大事なことは、その頑張りが辛くならないように、心を一度完全に癒すことです。
 
 
あなたは深層で自分を責めているようです。
 
何がそんなに悲しく、何がそんなに腹立たしいのですか?
 
あなたは今のままでも十分よくやっています。
 
もっと良くなりたいと思うのでしたら、あなた自身を責めることをやめることが必要です。
 
あなたが本当の自分自身を心から愛することができた時、今まで感じていた苦労感は、満足感に代わります。
 
あなたがあなたの本来の姿を認めれば、あなたは今よりももっとあなたらしい能力を発揮できるようになります。
 
そうすれば、苦労をすることなく、自分の人生や周りの人の人生をどんどんいい方向へ導くことができるでしょう。
 
本当の自分自身をどうか思い出してください。
 

腰がだるいと感じる時のスピリチュアルな意味

基本的に、腰がだるいと感じる時は、あなたが「生きづらさを感じている」というスピリチュアルな意味があります。
 
あなたの人生に意味を見出せなかったり、目的や夢を見据えることができなかったりしているのかもしれません。
 
または、あなたが尊い1人の命であることを忘れてしまっているのかもしれません。
 
あなたがもしも、自分自身の存在について、疑問を感じているのだとしたら、あなたは「あなたが本当は誰であるのか」を思い出す必要があります。
 
あなたが今辛い思いをしているのは、あなたが悪いからではありません。
 
あなたが辛い思いをしている理由は、あなたが自分自身を見失っているからです。
 
私たちはそれぞれの個性に自信を持つ必要があります。
 
私たちは、自分が人や周りと異なって当たり前なのです。
 
私たちは本当の自分自身を思い出し、個性を発揮できるようになれば、人とどのように折り合いをつけていくのかも分かるようになります。
 
個性を発揮できるまでは、人との折り合いもつけづらいのは仕方がありません。
 
個性を発揮して生きることができれば、生きづらさは感じなくなります。
 
 
また、腰がだるいと感じる時は、内臓に違和感を感じている可能性が高いです。
 
あなたがもし、違和感があるのは内臓かもしれないと思うようでしたら、
 
腰の上の方がだるい時は「腎臓」の記事を、
 
腰の真ん中がだるい時は「すい臓」についての記事を、
 
腰の下の方がだるいと感じる時は「十二指腸」についての記事を、
 
腰の下の方がだるいと感じ、さらにあなたが女性であるなら「子宮」についての記事も参考にしてみて下さい。 
 

右腕がだるい時のスピリチュアル

右腕がだるいと感じる場合は、「あなたさしさを表現する力が不足している」というスピリチュアルな意味があります。
 
私たちはそれぞれ、自分自身を表現する為に生きています。
 
私たちが自分自身を表現できなくなると、エネルギーはよく流れません。
 
自分を表現するとは、「自分の個性を使って、何か良いことをする」ということです。
 
「何か良いこと」とは、誰かのためかもしれませんし、あなた自身の為かもしれません。
 
大事なことはあなたの心の思いを行動に移すということです。
 
考えるだけで終わりにしてはいけないのです。
 
いい案があるのなら、それを実行する必要があるのです。
 
その実行力が、自分を表現する力です。
 
失敗や周りからの評価を気にする必要はありません。
 
「死ぬ前に私たち人間が最も後悔すること」は、「自分らしく生きられなかったこと」だそうです。
 
行動を起こしてみて満足のいく結果が得られなかったら、満足のいく結果が出るまで、行動を起こし続ければいいだけの話です。
 
あなたがやりたいことや興味があることをする為に今生きているということをどうか思い出して下さい。
 

左腕がだるい時のスピリチュアルな意味

あなたが左腕にだるさを感じているのだとしたら、「あなた自身を低く評価している」というスピリチュアルな意味があります。
 
あなたが何か心が躍るような出来事や物・人に出逢った時、
「自分には無理だ」
「私には似合わない」
「これを手に入れる資格は私にはない」
などのように、何かを手に入れることを無意識に拒んでいませんか?
 
あなたが「欲しい」「必要だ」と思うものは、何だって手に入れていいのですよ。
 
あなたが手に入れられないものや、手に入れてはいけないものはないのですよ。
 
あなたが何かを手に入れることができないとしたら、それは、あなたが、受け入れることを拒んでいるからです。
 
どうして自分自身を低く評価してしまうのかを探ってみてはいかがでしょうか。
 
どうか、自信を取り戻してください。
 
自信は、本当のあなたらしさを取り戻すことで、取り戻すことができます。
 

右足がだるい時のスピリチュアルな意味

右足にだるさがある場合は、「理想の未来を築くことから目を背けている」というスピリチュアルな意味があります。
 
あなたの中に、「こうなりたい」「こうしたい」という思いがあるのに、それらを叶えることができないと少し諦めてはいませんか?
 
確かに、私たちが夢や目標を叶える時、妥協したり、他の案を考えなければならない時があります。
 
ですが、それはあくまでも、望みを叶える方法の修正が必要なだけであって、望みを諦める必要があるということではありません。
 
私たちは未来をクリアに見る能力(予知能力)が弱まっており、理想通りの未来や目標を達成するために、何度も軌道修正をする必要が出てきます。
 
軌道修正が必要になる度に、「またうまくいかない」とがっかりする気持ちや、「またやり直しか」というような挫折感を感じてしまうことが多々ありますね。
 
ですが、軌道修正を何回しても、今までの行いが無駄になる訳ではないのです。
 
軌道修正を繰り返すことによって、理想の未来へどんどん近づいているのです。
 
理想の未来が近付いているように見えないのだとしたら、あなたに今必要なのは、あなたの夢や理想をさらに具体的に見極めることです。
 
例えば、あなたが「運命の人と出会いたい」と願っているのでしたら、「運命の人とは具体的にどんな人なのか?髪型は?性格は?家族構成は?職業は?」など、あなたが理想としていることの詳細を見ていくのです。
 
例えばあなたが「理想的な収入を得たい」と考えているならば、「自分はどのようにお金をかせぎたいのだろう?自分の特技は何だろう?自分の好きなことは何だろう?どういう働き方で理想の収入を得たいのだろう?」と、具体的に想像してみるのです。
 
あなたの願いや目標が具体的であればあるほど、それらは叶いやすくなります。
 
 
あなたがもしも、願いや理想を叶える為に「時間をこれ以上無駄にしたくない」と思うのでしたら、あなたの未来を見る能力を成長させる必要があります。
 
未来を見る能力は、特殊な人だけが使える能力ではありません。
 
私たちの誰もが使える能力です。
 
ただ、その能力を使わなければ、その能力が成長することもありませんし、私たちはその能力を失っていくでしょう。
 
あなたが本当は誰なのかを思い出してください。
 
あなたに不可能なことがあるとしたら、それは、あなたが「不可能だ」と無意識に思っているからです。
 

左足がだるい時のスピリチュアルな意味

左足がだるい時は、「自分の存在に引け目を感じている」という意味があります。
 
「人の前に立つよりも、人の後ろに立っている方が気が楽」とか、「行動的になるよりも、家でゆっくり映画を見ていたい」といったような感覚はありませんか?
 
いずれにしても、「このままではいけないことは分かっているけれど、少し今の場所に留まっていたい」というような感覚を潜在的に感じている可能性があります。
 
そんな時は、好きなだけゆっくりした方がいいでしょう。
 
焦って無理に何かをしようとしても、こういう時は集中力もありませんし、継続力もありません。
 
そんな中で頑張ると、心身を傷つける結果になってしまいます。
 
なので、今は周りを気にせず、時間を気にせず、あなたの意識が向くことを自由にしてみて下さい。
 
休息期間を経て、あなたらしさを取り戻すことができた時、また元気に楽しく前へ進むことができるでしょう。
 

右足のふくらはぎがだるいと感じる時のスピリチュアルな意味

右足のふくらはぎがだるいと感じるのであれば、「今やろうとしていることが本当にやりたいことかどうかを見直してください」というスピリチュアルなメッセージが届いています。
 
あなたには、今何か目指していることがあるのでしょう。
 
その目指していることを実現しようと、とても頑張っているのではないでしょうか?
 
大丈夫です。
 
あなたの願いは叶います。
 
ただ、その願いを叶える方法を見直す必要があります。
 
私たちが願いや目標を達成するには、たくさんの様々な方法があります。
 
例えるならば、現在地から海を目指そうとするならば、歩いて行けるかもしれませんし、車や自転車、バスや電車に乗るという選択肢もあるでしょう。
 
私たちは時に、願いを叶えたいという気持ちばかりが先走ってしまい、願いを叶える方法を吟味することを忘れてしまいます。
 
ですが、願いはもう叶うと安心して、今は願いを叶えるどの方法が自分を喜ばせるかを考えてみましょう。
 
夢は、辛い思いをすればするほど叶いづらくなります。
 
例え辛い思いをして望みが叶ったように見えても、後で「その代償として失ったもの」に気がつくことになります。
 
あとで後悔しない為にも、「願いが叶ったらきっと嬉しいだろう。だけど、願いが叶うまでの今も既に楽しい」と感じられる生き方を心がけましょう。
 
そうすることで、願いが叶うのも早くなります。
 

左足のふくらはぎがだるい時のスピリチュアルな意味

左足のふくらはぎがだるいと感じる時は、「ネガティブな気持ちが強くなっている」というスピリチュアルな意味があります。
 
ネガティブな気持ちとは、何かを後悔する思いや、自分を責める気持ち、何かを嫌がる気持ちなどです。
 
深層で「戻りたい」「やりたくない」「変わりたくない」と思っている為に、人生を歩むことを無意識に拒んでいるようです。
 
左足のふくらはぎがだるいと感じる時は、いっそのこと、「前へ進むこと」を止めてしまいましょう。
 
そして、あなたの心が温かくなることをするのです。
 
心がほっこり和むことをするのです。
 
あなたは、やりたくないことはしなくていいということを知る必要があります。
 
 
あなたがもしも、目標や願いを叶える為に、「時にはやりたくないこともある必要がある」と考えているのでしたら、目標や願いを叶える方法は探せばいくらでもあるということを思い出す必要があります。
 
やりたくないことをやってしまうと、後で自分自身をケアするのに、多くの時間とお金が必要になってしまいます。
 
あなたの心が何をしたいと本当は願っているのかを認めてあげましょう。
 

目が疲れる時のスピリチュアルな意味

目が疲れている時は、「あなたの内側を見る時間が極端に減少している」というスピリチュアルな意味があります。
 
「内側を見る」というのは、あなたの感じている感情に目を向けることであったり、あなたのアイディアや直感に目を向けることであったり、あなたの体が感じていることに目を向けることであったりします。
 
あなたには、「何か見落としてはいけない何か」があるようです。
 
そして、あなたは無意識のうちに、「見落としてはいけない何かがある」ということに気がついているようです。
 
その「見落としてはいけない何か」はあなたの内側にあるのですが、あなたはあなたの外側にあると思ってしまっているようです。
 
その為、肉眼を駆使して、探しているものを見つけようと必死になっているのでしょう。
 
ですが、あなたの外側をいくら探しても、あなたが見つけたいものは見つかりません。
 
外側とは、周りの人、コンピューター、携帯電話、本やテレビ、車や家などの全てです。
 
 
目が疲れているのなら、あなたの外側を見ることを一度止めてみましょう。
 
そして、目を閉じて何が見えるか、または、何を感じているのかに目を向けてみて下さい。
 
答えは必ずあなたの中にあります。
 

関連記事

  1. 老眼、緑内障、白内障のスピリチュアルな意味

  2. 頭皮や顔、目や鼻などの頭部にかゆみがある時のスピリチュアルな意味

  3. 手のひら、手の甲、手首にかゆみがあるスピリチュアルな意味

  4. 鼻炎やアレルギー性鼻炎、鼻づまりになるスピリチュアルな意味

  5. 不眠症、悪夢、夢遊病のスピリチュアルな意味

  6. 朝だるいと感じる時と風邪でだるい時のスピリチュアルな意味

  7. 下痢になるスピリチュアルな意味

  8. 生理(月経)やPMSに関するスピリチュアルな意味と過ごし方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: Content is protected !!