歯茎に膿が溜まる時と歯の詰め物が取れる時のスピリチュアルな意味

歯茎に膿が溜まるスピリチュアルな意味と、歯の詰め物が欠けて取れるスピリチュアルな意味、また、歯の詰め物が欠けないでポロっととれる場合のスピリチュアルな意味について解説します。

歯茎に膿が溜まるスピリチュアルな意味

歯茎に膿が溜まるスピリチュアルな意味は、「気がかりなことがある」ということです。

あなたの歯茎に膿が溜まっているのだとしたら、あなたには今、何か引っかかっていることがあるようです。

気にしないようにしていても、本当はとても気になっているようです。

もしかすると、その気がかりなことについて日常的に考えている可能性もありますし、気がかりだけど解決できないので気にしないようにしている可能性もあります。

いずれにしても、歯茎に膿が溜まっているということは、今の現実を前向きに生きることが上手にできていないようです。

前向きに、行動的に人生で起こるあらゆる出来事を経験しようとしていても、どこか引っかかることがあるので、今現在に集中できないでいるのでしょう。

あなたが今、引っかかっていることは何でしょうか?

何か気がかりなことや、気になっていること、納得できないでいることは何でしょうか?

そのことに気を取られている間は、今現在の人生を思いっきり経験することはなかなかできません。

今の人生を思いっきり体験することができないと、願いや夢を叶えることに時間がかかります。

なので、納得できるように、一度その気がかりなことと向き合ってみてはいかがでしょうか?

その気がかりなことときちんと向き合って、あなたは安全であるということが分かれば、また前向きに人生を生きることができるようになるでしょう。

その引っかかりがあると、どんなに人生を頑張っても、またその引っかかりに結局戻ってくることになりますが、引っかかりを解消しておくと、頑張りが報われるようになりますよ。

歯の詰め物が欠けてとれるスピリチュアルな意味

歯の詰め物が欠けて外れる時のスピリチュアルな意味は、「威勢を張ることに疲れている」ということです。

あなたはもしかすると、本当は大丈夫ではない自分を、大丈夫に見せるように頑張っているのかもしれません。

周りの人を心配させないように、自分がお荷物にならないようにと、大丈夫なように振る舞っているのかもしれません。

もしくは、本当は大丈夫ではないということに、誰にも気づかれたくないのかもしれません。

いずれにしても、歯の詰め物が欠けて取れるということは、自分を偽ることに疲れているということです。

もしかすると、威勢を張ることを頑張りすぎて、あなたが本当のあなたを忘れてしまっているという可能性もあります。

「本当は大丈夫ではない自分」を認識することができない場合は、あなたの心に胸を当てて聞いてみてください。

私は今本当に幸せだろうか?」と。

大丈夫じゃないという状態は、何かを悲しんでいる状態かもしれませんし、焦りを感じている状態かもしれません。

本当は、誰かに分かってもらいたい気持ちがあるのかもしれません。

歯の詰め物が欠けて外れてしまったあなたは、1つだけ知っておくべきことがあります。

それは、「大丈夫な状態ではないあなたでも、大丈夫だ」ということです。

私たちは人間ですから、大丈夫な時もあれば、大丈夫でない時もあるのです。

大丈夫な状態だけで生きることができるのだとしたら、あなたは今人間としてこの世界に生きていないかもしれません。

私たちはみな、大丈夫ではない状態があって当然であり、大丈夫ではない状態を経験できるから、さらに向上していくことができるのです。

大丈夫ではない状態の時は、チャンスです。

何のチャンスかと言うと、幸せになるチャンスです。

なぜなら、大丈夫ではない状態を知ることで、幸せになる要素を理解することができるからです。

これが、「ピンチをチャンスに変える」というやつです。

大丈夫ではない状態を経験したからといって、そのまま大丈夫ではない状態がずっと続いたら嫌ではないですか?

大切なことは、大丈夫ではない自分自身と向き合い、大丈夫ではない自分自身を受け入れることです。

素直に受け入れることができれば、解決策は必ず見つかりますから。

威勢を張らずに、正直に素直になってみましょう。


歯の詰め物が欠けないでポロっととれるスピリチュアルな意味

歯の詰め物が欠けた訳ではないのに、ポロっととれる場合は、「過去の自分から変化している」というスピリチュアルな意味があります。

過去の自分に比べて、成長しているのかもしれませんし、過去の自分に比べて辛くなっているのかもしれません。

いずれにしても、時間が経ったことで、あなたに何らかの変化が起こっているようです。

去年のこと、もしくは、数年前のことを思い出してみて下さい。

今と過去を比べると、あなたは幸せな方向へ向かってきましたか?

それとも、不幸せな方向へ向かってきましたか?

どちらにしても、大事なことは、今あなたがどのような場所で、どのような思いをしているのかという現状を把握することです。

過去の自分に比べて良くなっていればそれでいいですし、良くなっていなければ、今その事実に気がつけばいいだけのお話です。

今この瞬間からどうやっていきていくか、また、どのような人生を歩んで行きたいのかを感じてみることが、今のあなたにとって大切なことです。

今までの人生の軌道を突き進むも良し、軌道修正をするも良しです。

私たちとその人生は常に変化をするものです。

変化をどんどん受け入れて、あなたが好きな人生にしていきましょう。

関連記事

  1. 首、胸、耳たぶにしこりができるスピリチュアルな意味

  2. 耳鳴りがするスピリチュアルな意味

  3. 皮膚湿疹のスピリチュアルな意味

  4. 【症状別】肩こりや肩の痛みのスピリチュアルな意味とは?

  5. 手のひら、手の甲、手首にかゆみがあるスピリチュアルな意味

  6. 息苦しいと感じる時や過呼吸のスピリチュアルな意味

  7. 【場所別】歯の痛み(虫歯)のスピリチュアルな意味

  8. 陰部にかゆみがある時のスピリチュアルな意味

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: Content is protected !!