寝違えるスピリチュアルな意味|体の部位別の意味と痛すぎて動けない理由

寝違えるスピリチュアルな意味、寝違えて痛すぎるスピリチュアルな意味、頭や首を寝違えるスピリチュアルな意味、あばらを寝違えるスピリチュアルな意味、腕や肩を寝違えるスピリチュアルな意味、背中を寝違えるスピリチュアルな意味、足を寝違えるスピリチュアルな意味、寝違えて動けないスピリチュアルな意味についてそれぞれお話します。

寝違えるスピリチュアルな意味

寝違えるスピリチュアルな意味は、基本的にどこの体の部位を寝違えた場合であっても、「自分らしく生きることができていない」ということです。

私たちが睡眠を取っている時間というのは、実は心の世界を体験している時間なのです。

場合によっては、寝ている間ですら心を中心にすることができない場合もありますが、基本的には、私たちは寝ている間に心の世界を体験しています。

心の世界を体験するというのは、つまり、自分の心に正直な状態であるということです。

私たちがもし、日常生活を心のままに正直に生きることができているのだとしたら、寝違えるということは起こらないのですが、寝ている間の心に正直な状態と、現実的な生活の送り方にギャップがあればあるほど、寝違える可能性は高くなります。

例えば、本当は心で「ビーチに寝転がってぐうたらしたいな~。暖かい日の下で波の音聞きながら、マンゴージュースとか飲んでのんびりくつろぎたいなぁ~」と思っているのに、現実の世界では、「あれもこれもやらなきゃいけない!忙しい!休んでなんかいられない!時間が足りない!ご飯食べる時間も取れなかった!」などのように自分に厳しく生きていたりすると、正直な気持ちと実際に起こしている行動に大きなギャップがあります。

例えば、「遠距離恋愛中の好きな彼のことが気になる。電話でもっと話したいな。もっと彼の生活のこと教えて欲しいな。私の寂しい気持ちも分かって欲しい」と思っていたとして、だけど「遠距離恋愛って、クールでしょ!一緒にいられないけど、心が繋がっていれば問題ないし!私、大丈夫だし!」などと強がっていたりすると、心で正直に感じていることと、実際の建前というやつの間に大きなギャップがあります。

このような大きなギャップがある時に、私たちは寝違える可能性が高くなります。

自分自身の心に正直に素直になれない理由は何でしょうか?

「大丈夫なフリ」をすることは、「不利」です。

強がっている理由は何でしょうか?

成長することを急がないで下さい。

成長する過程を楽しむ過程が大切なのです。

なぜなら、私たちは、常に成長をしている生き物であり、成長具合に満足する日など来ないからです。

ならば、一歩一歩の成長段階を楽しめば、今から既に幸せになれるということなのです。

「今の私はここが未熟。っていうことは、ここを成長させることができるってことか!」と現在の自分自身と向き合っているうちに、いつの間にか、「昔はこうなりたいと思っていたけれど、いつの間にかそんな私になっていた!」という日が来るでしょう。

今の自分自身と向き合うことができなければ、成長をすることはできません。

いつまでも今のままの自分になってしまいます。

○○ができない自分や、気に入らない自分も受け入れていきましょう。

そして、ありのままに、心に正直になりましょう。

そして、素直なまま生きる勇気を持ちましょう。

大変なのは、慣れるまでだけの間です。

慣れてしまえば、素直に正直に自分を出すことに苦を感じなくなり、自由を段々と取り戻していくことができますから。

自由に生きることができるようになると、どんな自分にも成長することができるようになりますよ。

寝違えて痛すぎるスピリチュアルな意味


寝違え度が酷くて、激痛を感じたり、痛すぎる場合は、それほどまでにあなたがあなたの心を殺していることを意味します。

寝違えによる痛みの程度の酷さは、心の扱いの程度の酷さに比例します。

痛すぎて辛い場合、あなたは普段無意識に心に正直になることができていないということです。

おそらく、あなたはものすごく頑張り屋さんなのだと思います。

背負っているものが多かったり、信念や目標達成の為に頑張っているのだと思います。

ですが、寝違えたということであれば、頑張り方が間違っているということです。

「苦労をすれば報われる」は今の時代ではほぼ通用しません。

いかに楽しむかが私たちの未来を決めるのです。

心の気持ちを大切にすることを心がけましょう。

あなたにとって、心で感じていることよりも大切なことなど、この世には実際にはないのですから。

頭・首を寝違えるスピリチュアルな意味

頭や首を寝違えるスピリチュアルな意味は、「頑固になっている」ということです。

あなたにふさわしくないことを信じていたり、執着している可能性が高いです。

例えば、あなたが心から願った訳でもないのに「親が公務員が良いというから、公務員になることを目指してみる。しかも本気で。」などと、周りの人の信念をそのまま受け継いでいる可能性もあります。

また、「あの人は評判悪いから悪い人なのだろう。仲良くしないでおこう」などと、その人のことをよく知りもしないで嫌っている場合なんかも、無意識のうちに誰かの信念を受け継いでいます。

私たちは、日常生活の中で、このようにいつの間にか誰かの信念を受け継いでしまうことがよくあるのですが、頭や首を寝違える時と言うのは、このような「誰かの信念」を受け継いでいる時です。

もしくは、過去の経験から「○○は△△だ!」と断固たる考えも持っている場合も同じです。

こういった信念は、私たちに深く根付き、「これは私の考え」と勘違いしやすく、「これが真実で事実」と認識しやすいので、注意が必要です。

何かを判断する時、「本当にそうだろうか?証拠は?」と、考えを疑う癖を持つといいかもしれません。

例えば、食べ物嫌いなんかがそうですよね。

小さい時に何かが理由で「トマトはまずい」とインプットすると、トマトは不味いものだという常識が無意識のうちに頭の中にあるので、改めてトマトを食べてみた時、トマトを美味しく感じることなんかできる訳がないのです。

首や頭を寝違える場合は、このように、なんらかの信念・固定観念といったものが、あなたに損をさせています。

あなたを自由にする為にも、あなたが「当たり前と思っていること」が本当に当たり前で正しい唯一の考えなのかをもう一度考えてみるといいでしょう。

あばらを寝違えるスピリチュアルな意味

あばらを寝違えるスピリチュアルな意味は、「自分を作っている」ということです。

自分を作っているとは、本当のあなたを見ずに「私はこういう人」と理想の自分自身を演じているということです。

理想の自分像を持つことはいいことなのですが、今の現状を認識せずに理想の自分を完成したかのように偽っていると、苦労も絶えませんし、お金もかかります。

自然にナチュラルに、ありのままの自分自身に誇りを持つという「自分愛」が大切です。

本音と建て前は、日本特有の文化ですが、これは一時をごまかすには都合がいいかもしれませんが、自分自身をごまかし続けることはできません。

例え一生ごまかし続けることができたとしても、一生を終えた時にどうなるか、考えたことはありますか?

本当の自分を受け入れて、偽ることを止めれば、私たちはいくらでも成長できます。

威勢を張ったり、強がる必要はありません。

あなたは守られているということを思い出して下さい。

腕や肩を寝違えるスピリチュアルな意味

腕や肩を寝違えるスピリチュアルな意味は、「やりたくないことをやっている」ということです。

「本音を言えばやりたくないけれど、やらなきゃいけないからやっている」と思ってやっていることがあるようです。

正義感や義務感が強いと言えるでしょう。

ですが、寝違えたということであれば、それは正義を貫く為ではなく、自分自身を守る為にしている行動かもしれません。

あなたの人生は限られているのですよ。

一瞬一瞬をやりたいことで充実させなければ、時間はどんどん過ぎていくのですよ。

後悔しても、取り戻せないものは取り戻せません。

誰かの為に自分自身を犠牲にして、共倒れになるようなことは避けて下さい。

「自分が何とかしなければいけない」という考えは、もしかすると、思い込みかもしれません。

その思い込みが、誰かの学びのチャンスを台無しにしてしまっている可能性もあります。

いずれにしても、腕や肩を寝違えたということであれば、あなたは心の思いに反して自分に何かをすることを強制しています。

あなた自身をいたわり、やりたくないことをやらないで済む方法を見つけ出してみてはいかがでしょうか?

可能性を信じる者には、いつも可能性があります。

背中を寝違えるスピリチュアルな意味

背中を寝違えるスピリチュアルな意味は、「自分の人生に納得していない」ということです。

自分の生き方や人生に不満があるようです。

理想がはっきり見えているのでしょう。

理想とはかけ離れた人生を生きることに不満が募っているのかもしれません。

背中を寝違えたあなたには、忍耐力が必要です。

忍耐力とは、理想が現実となるまでの時間を待つ気力です。

忍耐力が不足している理由は、今の一瞬一瞬を楽しむことができていないからです。

未来にばかり意識が向いてしまって、今何を体験しているのかに集中することができていないからです。

未来は、今の積み重ねです。

今を積み重ねず、未来を見つめていては、未来は永遠に来ません。

時間が経つだけです。

理想的な未来の為に今何ができるのか、計画をもう一度練り直してみてはいかがでしょうか?

細かい計画を立てて、それをいつまでに成し遂げるかを設定すれば、理想的な未来がいつ来るのかを具体的に知ることができますので、未来を心配せず、今に集中することができるようになるはずです。

そうして、今に集中することができれば、今を楽しむことができ、今を楽しむことができれば、理想的な未来を待つ忍耐力がつきます。

私たちには「今」しかないのです。

「今を制する者は未来を制す」です。

今の一瞬一瞬を楽しむことから始めましょう。

足を寝違えるスピリチュアルな意味

足を寝違えるスピリチュアルな意味は、「目指す目的を見直す必要がある」ということです。

あなたは今、何かに向かって前進しているようですが、本心は、そちらの方向には行きたくないようです。

ですが、「本当に求めているのはそんなのじゃない!」という心の声に蓋をして、強制的に自分をどこかへ向かわせようとしているようです。

何事も経験なので、もうしばらく経験してみてもいいとは思いますが、今本心が「嫌だ」と思っていることを頑張ってみても、続かないかもしれません。

そして、結局、元の場所に戻ってくることになるかもしれません。

幸せになる為に最短の道を進みたいのであれば、心の声に蓋をせず、心の声に従うことが大切です。

数多くの成功者が成功している理由は、各々の心の声に従っているからです。

人が成功した道だからといって、自分の心に従わずに人に従っていたのでは、あなたには成功できない可能性もあります。

人と同じ道を進むことに心がワクワクしているのであれば、あなたはそれをして成功することができるかもしれませんが、心がワクワクしないことを頑張っても、辛いだけです。

足を寝違えたのであれば、あなたが今目指している目標をもう一度見直してみて下さい。

もしかすると、あなたに合った他の道が見つかるかもしれません。

寝違えて体が痛すぎて動けない理由

寝違え度が酷くて、痛くて動けない場合は、無理を続けることに限界が来ているということです。

私たちは、ある程度まで無理に頑張ることができますが、ある程度頑張ると、その先を頑張ることはできなくなります。

これは自然の原理で、能力の問題ではありません。

こういう時は、「他に可能な道はあるのかな?」と他の可能性を模索することが大切です。

寝違えて動けなくなる時というのは、もうその先を頑張ることができない時です。

潔く今の方向性を諦めて、新たな道を見つけることが大切です。

方向転換をすることは格好悪いことではなく、「経験を積んだ者」にだけ与えられる選択肢です。

あなたの経験値が上がったことを喜び、ステップアップして前向きに進みましょう。

関連記事

  1. 背中、胸、肩、肩甲骨にかゆみがある時のスピリチュアルな意味

  2. 胃痛・胃炎がある時のスピリチュアルな意味|胃が痛い時のメッセージとは

  3. 体臭・口臭のスピリチュアルな意味

  4. 花粉症(花粉アレルギー)のスピリチュアルな意味 

  5.  咳と痰のスピリチュアルな意味|あばらが痛む意味についても

  6. むくみのスピリチュアルな意味|顔・手・ふくらはぎや目がむくむ意味

  7. 【体の部位別】だるいと疲れや倦怠感を感じる時のスピリチュアルな意味

  8. 汗をかくスピリチュアルな意味|手・足の裏の汗や多汗症の意味についても

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

error: Content is protected !!