耳鳴りがするスピリチュアルな意味は?悟りの境地に達したから?

耳鳴りがするスピリチュアルな意味は?悟りの境地に達したから?

 
耳鳴りが「ピー」としたり「キーン」と高音でする時には、不調を訴える信号の役目としての耳鳴りと、悟りの境地に達しているから聴こえる耳鳴りの場合との2つのパターンがあります。
 
それぞれの特徴や、耳鳴りがする時のスピリチュアルな意味を解説します。
スポンサーリンク

不調が原因で耳鳴りがする場合のスピリチュアルな意味

不調を訴える場合の耳鳴りとは、三半規管と深く関係しており、他の誰にも聞こえない音が自分の耳には聞こえているという症状です。
 
この音は、幻聴ではなく、本人には本当に聞こえている音であり、外の世界の刺激とは関係がなく、自分自身の中から聞こえてくる音です。
 
耳鳴りが伝える、スピリチュアルな不調のメッセージとは、「頭の中の雑音がうるさ過ぎて、心の声が届いていません」です。
 
多くのことを悩んだり、不安に思ったり、また人や物に対して怒りの念を抱いている為に、自分自身内でのおしゃべりが過剰になり、心の声を聞き取れていませんよ、という意味です。
 
心の声とは具体的に、自分が本当にしたいと思う欲求や、直感やひらめきなどのアイディア、また物事に対しての気づきなどです。
 
このような心の声に耳を傾けることができないほど、心が雑念で乱れている時に耳鳴りがします。

耳鳴りを改善する方法

耳鳴りを改善するには、心を落ち着かせることが必要となります。あれこれと悩んだり、考えすぎたりしている時、心も乱れており、どれが本当に自分が望んでいることなのかを見極めることができません。
 
私たちが子供の頃は基本的に、心が平穏な状態がベースでした。その為に、心に従うことができ、毎日が充実していたのです。
 
私たちの多くは、大人になると、考えることや悩むことがとても多くなります。そして、それらに翻弄される為、ストレスを抱えることになってしまうのです。
 
耳鳴りを改善するには、自分自身をリラックスさせることが大事です。自分自身をリラックスさせることで癒すのです。
 
そうすれば、あれこれと頭を悩ませることも落ち着き、心の声をまた聴くことができます。
 
心の声が聞こえれば、人生は驚くほど楽になり、悩んでいたことの解決策も思わぬ方向から自然と見つかるでしょう。
 
心が落ち着けば、耳鳴りに悩まされることもなくなります。
スポンサーリンク

悟りの境地に達した為に耳鳴りが聞こえる場合

不調を表す信号の役目としてではなく、私たちが悟りの境地に達した時にも耳鳴りが聞こえることがあります。
 
 
私自身も、悟りの境地に達した時に、何度か耳鳴りを体験しました。
 
不調を訴える耳鳴りとの違いは、聴こえる音の音色がとても心地が良いことです。
 
そして、音の感じはとても柔らかく、集中していないとすぐに聞こえなくなってしまうほど、クリアで繊細です。
 
さらなる決定的な違いは、悟りの境地に達している時に聞く耳鳴りのような音に集中すると、音ではなく音楽に変わるという点です。
 
よくCDやYoutubeで聴くことのできる、癒し系の音楽のような素敵な音楽が流れていることに気が付きます。
 
あまりに鮮明に音楽が聞こえてくるので、初めての時には自分自身を疑い、とても驚いたのを覚えています。
 
耳鳴りのように聞こえた音は、その心地よい素敵な音楽の単なる一部であったのです。
 
この種の耳鳴りがした場合、頭が冴えわたる感覚が同時にします。人によって感じ方は異なると思いますが、私自身は、頭の上半分がなくなったような、すっきり開けた感覚になりました。
 
このように、不調の際に聞く耳鳴りの音と、悟りの境地に達した時に聞く耳鳴りの音には、はっきりとした違いが出ます。
 
この悟りの境地に流れる音楽(耳鳴り)を聴いてみたい方は、ぜひ瞑想をして自分自身をコントロールしてみて下さい。
 
ここでも、自分自身が癒されていることがキーとなります
スポンサーリンク
There are 2 comments for this article
  1. 匿名 at 11:31 AM

    子どもの頃から耳鳴りがありますが、耳障りなんて思ったことがないけれど、音楽のようには聞こえない場合は、子どもの頃から大人になった今も問題が解決されていないということでしょうか。

    • Indigo Author at 9:27 AM

      コメントを頂き、誠にありがとうございます。

      実はこの記事では触れていないのですが、私自身の経験からお話させて頂くと、変成意識状態に入る時も耳鳴りがする場合があり、音楽に聞こえない可能性があります。
      また、人間ではない生命体から接触がある場合なども、耳鳴りがする可能性があります。

      私たち一人一人の能力や特性などによって、感じ方にはどうしても個人差が出てしまうのですが、よく耳鳴りがするということでしたら、次回耳鳴りがした時に、全身全霊の意識を集中して、耳鳴りが起こっている時と、耳鳴りが終わった後に何が起こったかを観察してみてください。

      耳鳴りが心の不調のサインでない場合は、何かを感じたり、目で見るものなどに変化があり、ご自身で「心の不調のサインではない」ことが分かると思います。
      もしも耳鳴りが、心の不調のサインであるならば、耳鳴りが起こっている時も、終わった後も、特に変化はない可能性が高いです。

      また、心の不調のサインとして耳鳴りが現れる場合、子供のころに体験していた耳鳴りと、大人になってからの耳鳴りが同じ原因であるという訳ではありません。
      耳鳴りがする理由は、あくまでも「雑念(心配事や悩み事)が多い」というものなので、思考が忙しく活動しているという共通点はありますが、解決するべき問題が同じであるとは限らないのです。

      さらに詳しくお話したいことがもしありましたら、ぜひ「お問い合わせ」からご連絡下さい。
      コメント欄では長くなる為お話できないことも、細かくお返事させて頂きます。
      それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。