潰瘍性大腸炎になる時のスピリチュアルな意味

潰瘍性大腸炎のスピリチュアルな意味を解説します。
 

潰瘍性大腸炎になる時のスピリチュアルな意味

潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜が損傷する症状が特徴です。
 
潰瘍性大腸炎になる時のスピリチュアルな意味は、「誰かや環境などを憎んでいる」ということです。
 
今までの人生の中で、何か辛い体験をしたようですが、そのことを許すことができていないようです。
 
潰瘍性大腸炎になっているのがあなたであるならば、あなたはその辛い体験の「被害者」であるという意識が強いようです。
 
潰瘍性大腸炎を患うあなたは、「全ての経験はあなたの為に起こる」ということを知る必要があります。
 
つまり、あなたが経験した良いことも悪いことも、全てあなたの為に起こっているのです。
 
辛い経験をしたあなたは、「自分のためになどなっていない」と怒るかもしれませんが、あなたに必要でないことは、あなたとその人生に起こることはないのです。
 
辛い思いをした時のことを思い出してみて下さい。
 
そして、どんな気持ちを抱えていたのかを思い出しましょう。
 
その気持ちから、何か学べることがあるはずです。
 
その学ぶべきことが、あなたが今思い出すべきことなのです。
 
真実を思い出すことができれば、あなたは癒され、恐れるものなど何もなくなるでしょう。
 
そして、自由に幸せに人生を生きることができるようになるでしょう。
 
全ての経験を、あなた自身の為の学びだと思えるようになれば、あなたの人生はみるみるうちに成功していきますよ。
 

関連記事

  1. 肺がん、食道がん、胃がん、大腸がん、肝臓がんのスピリチュアルな意味

  2. 乳がん、子宮体がん、子宮頸がん、卵巣がんのスピリチュアルな意味

  3. 胃潰瘍のスピリチュアルな意味

  4. てんかんのスピリチュアルな意味。てんかん発作が起こる原因とは?

  5. 肝臓が悪い場合と肝炎のスピリチュアルな意味

  6. 腎炎や腎不全など、腎臓の病気を患う時のスピリチュアルな意味

  7. 肝硬変のスピリチュアルな意味

  8. 摂食障害(過食症、拒食症)のスピリチュアルな意味

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

error: Content is protected !!