前世の決意!?不妊症、流産、子宮外妊娠のスピリチュアルな意味

前世の決意!?不妊症、流産、子宮外妊娠のスピリチュアルな意味

妊娠にともなうトラブル、例えば、不妊症や流産、または子宮外妊娠をする場合のスピリチュアルな意味を解説します。
 
妊娠に関してトラブルがあるほとんどのスピリチュアルな意味は、子を持つことや出産に対して深層で恐れているようです。 これは、自分の子供時代や、生まれる時に心に傷を負ったことが原因であることが多いと言えるでしょう。
 
スポンサーリンク

不妊症になる時のスピリチュアルな意味

不妊症になるほとんどの背景には、「不妊症になることを自ら選んでいる」ということがあります。
 
その決断は、現在の人生の過去にした可能性もあれば、生まれてくる前に決断した可能性もあります。
 
基本的に、「女性性」を受け入れられない人が多いようです。
 
例えば、子供を欲しいと願いつつも、理由が「家族やパートナーの期待に応えたいから」や、「女性とは子を産む生き物だ」という思い込みの為である可能性があります。
 
「1つの命をこの世界に迎える母性本能」が理由で子を産みたいと願っているのではないのです。
 
今回(今世)は、子を持たない人生を歩む為に生まれてきたのに、子を産むことを周りに望まれるのが苦痛で、「不妊症」になっている場合があります。ほとんどの場合、心の深層で、自分が子を欲しがっていないことに気が付いていません。
 
また、子供を産むことを非常に恐れている場合もあります。
 
総合的に、不妊症になる女性は、子を産むという経験無しで、女性としての人生を楽しむ必要があると言えます。
 
そして、2つに1つを選ばなくてはいけません。
 
「子を持ちたいという願望」か、「周りの目を恐れずに子を産まずに生きるという願望」かのどちらかです。
 
どちらが正解ということではありません。自分の心に聞いて決断することができれば、どちらも可能です。
 

流産する時のスピリチュアルな意味

自然流産をする時のスピリチュアルな意味は、母親と子の間でやり取りがあり、今回は見送ったということです。
 
子が「この世に生まれよう」と決意し、母親になる女性も「子を受け入れよう」と一度は決心したのですが、その後、子か母親のどちらかが「やっぱりできない。ちょっと待って」と決意が揺らいでしまったようです。
 
ほとんどの場合、生まれてくることや、子を迎えることに自信が持てず、不安な気持ちが大きかったと言えます。
 
この場合、また同じ子が、同じ母親を選んで生まれてくることもありますし、子がもう少し他の経験を向こうの世界で始めることもあります。 
 
スポンサーリンク

子宮外妊娠をする時のスピリチュアルな意味

子宮外妊娠をする時のスピリチュアルな意味は、生まれてくる子が、もしくは母親になろうとしている女性が迷っている状態にあるからです。
 
生まれてこようとしている子が、「本当に今がタイミングなのか?この母親を選んだことで自分は安全だろうか」と生まれてくる気持ちに決心がついていないようです。
 
もしくは、母親になろうとしている女性が、心の底では「子を迎える準備がまだ本当にはできていない」のに、パートナーや家族を喜ばせたいという思いから妊娠したり、年齢を気にして妊娠を急いでしまったのかもしれません。
 
また、子と母親の両方の決意が固まっていないこともあります。
 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です