頻尿や夜尿症のスピリチュアルな意味|膿尿や血尿の意味についても

頻尿(尿が近い)、夜尿症/尿失禁、膿尿、血尿がある時のスピリチュアルな意味をそれぞれ解説します。

頻尿(尿が近い時)のスピリチュアルな意味

頻尿になる時は、「行き急いでいる」というスピリチュアルな意味があります。

今の人生や現状に満足できていないのではないでしょうか?

その為、「早く願いを叶えたい」とか、「早く今の状況から脱出したい」と感じているかもしれません。

あなたが頻尿になっている場合、今のあなたに必要なことは、今目の前で起こっていることや、今周りにいる人をよく見ることです。

今見える人やもの、環境などは、あなたが目を背けたくなるものかもしれません。

ですが、それらをよくよく観察してみると、あなたが幸せになる為に必要な情報が含まれています。

それに気がつくことができないと、あなたはいつまでたっても今いる状況から抜け出すことはできません。

「早く理想を手に入れたい」または、「早く今の状況を好転させたい」と思うのでしたら、焦らず、勇気を出して、「嫌なもの」を見つめてみましょう。

辛いかもしれませんが、これが一番の近道なのです。

あなたの目の前の「嫌なもの」は、あなたを傷つける為に存在しているのではありません。

あなたに、「何が嫌で、何を望むのか」をはっきりさせるために存在しているのです。

なぜなら、明確な目的を持っていない今のあなたは、どこへも進むことができないでいるからです。

あなたには、目的へ向かって走る力があります。

あとは、あなたが心から望んでいることは何なのかを具体的にしていくことだけです。

「具体的にしていく」とは例えば、「幸せになりたい」という想いを、「幸せになりたい→理想の恋愛パートナーが欲しい→心の優しいパートナーが欲しい」などと具体的にしていくということです。

生きる目標を明確にする作業、心がワクワクしますよ。

夜尿症(尿失禁)をする時のスピリチュアルな意味


夜尿症や尿失禁とは、3歳前後の排泄をコントロールできる体になった状態以降に、尿をコントロールできない状態が起こることです。

夜尿症や尿失禁が起こる時は、「この世に存在する力が弱い」というスピリチュアルな意味があります。

子供が適齢期をすぎても尿失禁がある場合、「挫折感や絶望感を抱いている」というスピリチュアルな意味があります。

自分が好きなように生きることができず、誰かにコントロールされていると感じているのかもしれません。

「自分らしく生きることができない」もしくは、「自分や自分の人生をコントロールすることができない」と深層で感じていると、肉体をコントロールする力も弱まってしまいます。

もしあなたのお子様が適齢期を過ぎても夜尿症や尿失禁があるようでしたら、その子が心から笑えるような環境作りを手伝ってあげて下さい。

「人に迷惑をかけてはいけないこと」や「自分を大切にすること」を教える為に、「NO」を伝えることは大切ですが、「NO」を言いすぎると、子供は全てを否定されているような気分になり、何をしていいのかが分からなくなり、最終的に自分自身の存在を否定されていると勘違いしてしまうことがあります。

また、様々な「親の事情」に振り回されてしまっている場合も、自分の存在意義が分からなくなってしまうことがあります。

ですが、子供はそれを親や周りに伝えることができません。

適齢期を過ぎても夜尿症や尿失禁がある場合は、まず、お子様の心のケアを優先し、その子がこの世に生まれてきたことを喜ぶ気持ちや、その子を愛する気持ちをたくさん表現してあげましょう。

その子が「この世に生まれてきて良かったんだ!私は愛されているんだ!」という自信を取り戻すことができれば、この世に存在する力は強まります。

心のケアが十分いきわたり、この世に存在する力が強まれば、心配しなくても、自然と排泄をコントロールすることができるようになるでしょう。

膿尿のスピリチュアルな意味

膿尿とは、細菌が感染したことが原因で出る、混濁した尿のことです。

膿尿が出る場合は、「生きる気力を無駄使いしている」というスピリチュアルな意味があります。

あなたは、深層で誰かを恨んでいたり、環境や社会にとても腹を立てているようです。

もしくは、あなた自身のことをとても怒っている可能性もあります。

いずれにしても、何かに対して怒りや悲しみの気持ちを抱いているので、生きる為の力が不足しています。

これはどういうことかというと、私たちが怒りや悲しみなどの感情を感じる時、私たちはエネルギーを使っているのです。

そして、生きる為、もしくは前進するにも、エネルギーを必要とします。

しかし、私たちが取り入れることができるエネルギーの量は決まっています。

なので、エネルギーを前進するために使うのか、エネルギーを嫌な感情を感じる為に使うのか、私たちは選択しなければなりません。

つまり、私たちは、嫌な感情を感じて、夢を叶えるほどのエネルギーは持ち合わせていないのです。

家計にやりくりが必要なように、エネルギーの使い道もやりくりする必要があるのです。

膿尿が出るということは、あなたは嫌な感情を感じることに、多大なエネルギーを使っています。

このままでは、あなたの願いや望みを叶えるのは簡単ではないでしょう。

私たちが生きていく上で、嫌な感情を感じることは多々あります。

ですが、嫌な気持ちを感じ続けることは、エネルギーの無駄使いでしかありません。

あなたはなぜ嫌な思いをしているのですか?

あなたを嫌な気分にさせるものを解決できるよう努力してみましょう。

努力するべきは、「嫌なことを頑張ってやる」ということではなくて、「嫌な思いをしないで済む方法を見つける」ということです。

その方法が見つかった時、あなたにはまた生きる気力がみなぎることでしょう。

血尿のスピリチュアルな意味

血尿が出る時のスピリチュアルな意味は、「諦めるべきでないことを諦めている」というスピリチュアルな意味があります。

あなたには、人を受け入れる大きな優しさがあるようです。

その為、人と自分との間に意見の違いや、生き方の違いなどが発生した場合、自分自身の意見や考え方を諦めることが多いのではないでしょうか?

血尿がある時、あなたが学ぶべきことは、「人を受け入れることと自分を殺すことは異なる」ということです。

確かに、争いを避ける為には、人と折り合いをつけることはとても大事です。

ですが、この世の中には、筋道立たないことを叶えようとしている人はたくさんいます。

あなたが自分の意見を引き下げるべきかどうかは、慎重に見極めなければいけません。

そして、血尿が出ている時は、あなたの意見を引き下げるべきでないところで引き下げていることがほとんどでしょう。

人との折り合いをつける理由は、全ての人が良い方向へ進むためです。

その為、あなたは、「全ての人にとって本当にいい考え方や生き方」を選択する必要があります。

それでも、それを分からない人がいるならば、「今は時期ではない」と諦めることが必要です。

分かり合えない辛さの為に、あなた自身を諦めないで下さい。

あなたが諦めずに勇気を持って進めば、後で分かり合えなかった人たちを助けることができます。

あなたのアイディアや気持ちの素晴らしさをどうか大切にして下さい。

関連記事

  1. がんのスピリチュアルな意味|腎臓・膵臓・膀胱・皮膚がんの意味

  2. がんのスピリチュアルな意味|肺・食道・胃・大腸・肝臓がんの意味

  3. うつ病のスピリチュアルな意味|フラッシュバックや動けなくてお困りの方へ…

  4. 橋本病(慢性甲状腺炎)のスピリチュアルな意味

  5. 腸炎のスピリチュアルな意味|十二指腸炎の原因とは?

  6. がんのスピリチュアルな意味|脳腫瘍・喉頭がん・甲状腺がんの意味

  7. がんのスピリチュアルな意味|乳がん・子宮体がん・子宮頸がん・卵巣がんの…

  8. 肝臓が悪い・痛い時や疲れている時と肝炎のスピリチュアルな意味

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

error: Content is protected !!