瞑想

瞑想は仰向けでするか?座ってするか?それぞれの姿勢を選ぶ理由

瞑想をする姿勢を、仰向けでやるべきか、座ってやるべきか悩む時がありますよね。

ここでは、瞑想を仰向けでやる理由と、瞑想を座ってやる理由についてお話します。

瞑想は仰向けでやるべきか、座ってやるべきか

あなたがもし、座って瞑想をできるのであれば、あなたは仰向けではなくて、座って瞑想をするべきです。

あなたがもし、座って瞑想をすることが苦痛で仕方がないのであれば、あなたは仰向けで瞑想をするべきです。

私たちは、仰向けで瞑想をできる状態をクリアできると、やがて座って瞑想をできる状態になります。

これはどういうことかと言うと、私たちの状態によって、瞑想との付き合い方が変わるのです。

とても簡単に言うと、

瞑想しない

仰向けで瞑想する

座って瞑想する

動きながら瞑想する

瞑想をしなくても大丈夫になる

という感じで、私たちの状態によって、瞑想のスタイルも変わっていくのです。

例えば、仰向けで瞑想をする理由は、体の都合で仰向けでしか瞑想をできない場合があれば、座って瞑想をする気になれない場合もあるでしょう。

どんな理由であっても、あなたが仰向けで瞑想をすることになるのであれば、あなたの状態は、仰向けで瞑想をする状態であるということです。

そして、あなたが、座って瞑想をできるということは、あなたの状態が、座って瞑想をできる状態です。

この場合、わざわざ仰向けで瞑想をする必要はありません。

座って瞑想ができるのであれば、座って瞑想をするべきです。

「仰向けで瞑想をする状態」と「座って瞑想をする状態」とは?

座って瞑想をできる状態というのは、「何かを目指すことができる状態」です。

逆に、仰向けで瞑想をする状態というのは、「何かを目指すことがまだできない状態」ということです。

「何かを目指すことができる状態」というのは、希望や夢、願いなどを自覚できている状態のことです。

「何かを目指すことがまだできない状態」というのは、希望や夢、願いなどと向かい合うことができていない状態のことです。

極論を言えば、「何かを目指すことができる状態」というのは、「心を開くこと」に対する心の準備ができているということです。

そして、「何かを目指すことがまだできない状態」というのは、「心を開く」ことに対する心の準備がまだできていないということです。

どちらが優れていて、どちらが劣っているというお話ではありません。

単純に、座って瞑想をする人と、仰向けになって瞑想をする人は、異なる状況にあるというだけのお話です。

あなたが、「座って瞑想をできる体を持っているけれど、仰向けで瞑想をしたい」と感じる場合は、今は心を開くことを目指すよりも、心を開くことの心構えを必要としているということです。

あなたが、体の都合で座って瞑想をすることができない場合も、心を開く心構えが今は必要だということです。

心を開く心構えは、簡単なようで難しいことがあります。

心を開くことを躊躇してしまう理由は、今まで隠し持ってきた辛い気持ちと向き合うことになるからです。

辛い気持ちをまた生々しく感じた時に、どうすればいいのかを理解していないと、単に「嫌な気分をして損をした」と感じてしまいがちです。

だから、「心の奥底にある辛い気持ちと向き合う必要はない=心を開く必要はない」となってしまうのです。

「心を開きたくない」または「心を開く必要はない」と思っている時は、座って瞑想をする気にはなれません。

代わりに仰向けに瞑想をすることを無意識に選ぶようになります。

「瞑想をする必要性は感じているけれど、今はまだ心を開く覚悟はできていない」といった感じです。

あなたが瞑想をする姿勢を、座った状態にするか、仰向けにするか悩む時は、あなたの心が感じる方を選びましょう

どちらでもいいのです。

先ほど言ったように、どちらが良くてどちらが悪いということではないので、今のあなたの状態に合った方、つまり、あなたの心が感じる姿勢で瞑想をすることが大切です。

関連記事

  1. 瞑想の驚くべき効果!脳への具体的な影響についての研究結果

  2. 「瞑想をすると睡眠時間が減る」とは限らない3つの理由

  3. 瞑想と睡眠の違い|瞑想は睡眠の代わりとして匹敵するのか?

  4. 瞑想を睡眠の代わりにする方法!睡眠はいらないの?

  5. 瞑想を朝と夜の両方にやった方がいい理由と朝夜瞑想をするといい理由

  6. 瞑想をするのに最適な場所と向かない場所

  7. 瞑想の効果はすごい!科学的効果44個のまとめ|体験談についても

  8. 瞑想で簡単に潜在意識に入るコツ|アクセスできない3つの理由についても